2015年10月30日

「和歌山県太地町 シーシェパード破れ祭り!」のお知らせ 最終報

和歌山県太地町 シーシェパード破れ祭り!

和歌山県太地町 シーシェパード破れ祭り!

毎年9月1日のイルカ漁解禁日に合わせて捕鯨の町、和歌山県太地町で嫌がらせの限りを尽くすシーシェパードに日本人として怒りの鉄槌を下します。手前勝手な屁理屈を振りかざし地元漁師たちの生活の糧を奪い、日本の文化の灯を消そうとする欧米白人たちに抗議の声をあげる皆さまのご参加をお待ちしています。

【実施日】
平成27年10月31日(土) 〜 平成27年11月1日(日)

【内容】
10月31日(土)

12:00 〜 13:00
我が国の捕鯨文化と伝統漁法を守る街宣
【集合場所】 太地町大字太地3393番1 小東広場 (漁港前)
※ 地図には出ませんので太地郵便局を目指して来られて下さい

13:00 〜 14:30
休憩

15:00 〜
日本の鯨食文化、捕鯨を守ろう国民大行進 part.2 in 太地町
【集合場所】 太地町くじらの博物館 後ろ側 (大型バス駐車場)

15:25 〜
デモ隊出発

〜 16:00
デモ終了予定

16:00 〜 17:00
太地町内 シーシェパード警戒活動


11月1日(日)

9:00 〜
太地町くじら慰霊碑参拝 飛鳥神社参拝

10:00 〜
くじら祭り シーシェパード警戒活動

〜 13:00
解散


【参加申し込み】
宿泊をともなう参加申し込みは終了しました。

ご自分で宿泊先を確保されている方は
参加人数を正確に把握するため下記問い合わせ先まで申し込みのご協力をお願いします。

【主催】
行動する保守運動

【現場責任者】
桜井誠

【生放送】
ツイキャスにて中継予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/

ニコニコ生放送にて中継予定
http://com.nicovideo.jp/community/co5954

【注意】
当日は生中継・動画撮影が入りますので各自対応をお願いします
日章旗・旭日旗・Z旗・手作りプラカードなど大歓迎
特攻服など現場に相応しくない服装はご遠慮ください
責任者の指示に必ず従い秩序ある行動をお願いします

【問い合わせ】
行動する保守運動メールアドレス
koudousuruhosyu@gmail.com

【取材申し込み】
取材を希望されるメディア、個人の方は以下のメールアドレスまで許可申請を行ってください
koudousuruhosyu@gmail.com

※ 当日申請は如何なる理由があっても許可致しません


街宣開始まであと
36時間



posted by 神功正毅 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

大阪府民の良識の勝利!大阪府教委、朝日新聞の慰安婦誤報を明記した副教材を作成す

反日ハンター・神功正毅です。
東大阪市、四條畷市、河内長野市、大阪市、泉佐野市で公立中学校の歴史、公民の教科書に「育鵬社」が採用されたことは
泉佐野市民の良識の勝利!泉佐野市、公立中学校の歴史、公民の教科書に「育鵬社」を採用す
で書きましたが、大阪府教委が朝日新聞の慰安婦報道の誤報を明記した副教材を作成したそうです。
産経WEST/「慰安婦」朝日誤報を明記 大阪府立高補助教材の全容判明、政府見解や戦後70年談話も
http://www.sankei.com/west/news/151028/wst1510280010-n1.html
<引用開始>
 朝日新聞が慰安婦報道の一部記事を取り消した問題を受け、大阪府教委が作成していた高校日本史の補助教材の全容が27日、明らかになった。慰安婦の強制連行をめぐる誤報を認めた朝日新聞の説明や政府見解など、教科書に記載されていない慰安婦問題の経緯が分かる内容。28日に開かれる教育委員会議で報告し、近く全府立学校に配布する。

 題名は「『慰安婦』に関する補助教材」で、A4判8ページ。慰安婦問題に関する近年の主な動き▽記事の掲載と取り消しについて▽慰安婦問題に対する日本政府の考え−の3章で構成されている。

 第1章は、「お詫びと反省」を表明した河野洋平元官房長官による平成5(1993)年8月の「河野談話」や慰安婦問題についての安倍晋三首相の国会答弁、「戦後70年談話」などを年表にして紹介した。

 第2章は、朝日新聞が昨年、韓国で慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の証言を虚偽と判断、16本の記事を取り消し、第三者委員会からの報告を受けてさらに2本の記事を取り消した−と明記。第3章では、外務省ホームページの政府見解を詳細に掲載している。

 府教委は、慰安婦問題を授業で扱う際、対象の生徒全員に補助教材を配布することや、すべての内容を指導するよう府立学校に通知する方針。さらに、補助教材の活用状況について年1回、府教委へ報告するよう求めている。

 補助教材をめぐっては、昨年10月の府議会教育常任委員会で、西田薫府議(大阪維新の会)が「(慰安婦の強制連行についての)根拠のない記載がある教科書が多くの高校で採択されている。子供たちに正しい情報を伝えるための具体的な行動をどうするのか」と質問。松井一郎知事が「朝日が誤報だと認めたことで強制連行の証拠がないと分かった」として補助教材の配布を明言したのを受け、府教委が戦後70年談話などを踏まえて作成した。
<引用終了>


この大阪府教委による朝日新聞の慰安婦報道の誤報を明記した副教材の作成は教育委員を間接的に選んだ

大阪府民の良識の勝利です!


私が
日本国民の良識の勝利!自民党文部科学部会、教育公務員特例法に罰則規定を追加することを決める

現に7月9日をもって日本を去ることになったアジアの心=キム姉でさえつい最近のエントリー
韓日ハーフの私が、日本史を一刀両断!/学校教育さえ押さえておけば、在日参政権はいずれ認められる。
http://ajia-no-kokoro.seesaa.net/article/418682781.html
<引用開始>
なので、

私たちの政治思想を伝えるべき
メインターゲット層とは

学校で学ぶ子供たちなんですよ。


教育こそが一番大切なんです


(中略)


学校教育さえ押さえておけば

時間はかかっても在日参政権は認められると
先生が言っていました。


当時の私は若かったから

「政治家に分かって貰った方が早いと思う」
と政治運動を主張したんだけど、

長い目で見ると
先生の意見の方が正しかったのかも知れないですね。
<引用終了>


で幼い子供に特亜に逆らえないように彼らへの劣等感を植え付けるような教育を行い、日本国民の人心の腐敗、ひいては日本の乗っ取りを企てるような恐ろしい工作を隠すことなくWEB上に開陳していました。


彼女に言いたい。
お前の言う通りだ


教育こそが一番大切だな!


汚物は消毒すべきだな・・・・














(中略)

国民よ、日教組や全教、在日韓国・朝鮮人ら反日教師を教育現場から


追放せよ!



と書けば教育の大切さに気付いたのか大阪府教委が朝日新聞の慰安婦報道の誤報を明記した副教材を作成する。
私の言葉は重すぎる。

私の言葉は重すぎる





だからこそあえて書こう。
国民は国難に立ち向かう気迫を持て!

国民・国益を守る議員を当選させろ!

民主党、共産党、社民党、公明党、その他地域政党に紛れ込んでいるこれらの党の議員を国会を含むあらゆる議会から一掃するぞ!

不正な手段で日本に入国し、戦前からいたと詐称して特別永住者となった在日韓国・朝鮮人から特別永住資格を剥奪するぞ!

入管特例法を廃止に追い込むぞ!

反日国家・反日外国人には強硬な姿勢で臨み、譲歩しないぞ!

反日外国人・犯罪外国人を日本から追放するぞ!

反日教師を教育現場から追放するぞ!

反日マスコミから事業許可を剥奪するぞ!

社会主義=共産主義者を日本国内から一掃するぞ!

在日韓国・朝鮮人ならびに共産党、旧社会党支持者は戦後から今日にいたるまでに日本で行った犯罪を謝罪しろ!

共産党、社民党、民主党支持者は日本国籍ならびに保有する全財産を返上して心の祖国、シナ、北朝鮮に帰れ!

韓国民団と朝鮮総連は在日韓国・朝鮮人からなる「自由北朝鮮軍」を編成し、北朝鮮人民を金一族の圧政から解放するために北朝鮮に攻め込め!

韓国民団と朝鮮総連は「北朝鮮開拓団」を編成し、荒れ果てた北朝鮮の国土再建のために全ての在日韓国・朝鮮人を連れて行け!

我々は多くの祖先の血で築き上げた日本を守り抜くぞ!

日本の栄光ある歴史を語り継ぐぞ!

我々は売国の「二百三高地」、全国の朝鮮学校、朝鮮総連、韓国民団の敷地を奪還するぞ!

現行憲法破棄&自主憲法制定、自衛隊の国軍への改組、スパイ防止法制定等の政策を執行し戦後レジームを一掃するぞ!

国民に希望を持たせるぞ!

誇りを持たせるぞ!

人間と社会の本質、主権者としての心構えを知らせるぞ!

勇気を持って不正、不公正、外国からの侵略に立ち向かわせるぞ!

我々憂国派は人を人とも思わない、法を法とも思わない、国を国とも思わない、人としての良心をかけらも持ち合わせていない野獣のような鬼畜・外道の類、犯罪特亜人とテロリストどもを日本国外へ追放するぞ!



大阪市長、大阪府知事W選挙まであと1ヶ月を切ったこの時期に副教材の発表をするのはほぼ間違いなくW選挙の票目当てのパフォーマンスでしょうが、松井一郎・大阪府知事は任期の最期に大阪府民に朝日新聞の慰安婦誤報を明記した副教材という置き土産(?)を残してくれました。

来年から松井一郎の置き土産(?)・「朝日新聞の慰安婦誤報を明記した副教材」で教える大阪府立高校の教師には先人の名誉を傷つけ、その先の世代の子どもたちに謝罪を続ける宿命を背負わせないようにその副教材による教育を100年間貫徹させなければなりません。


金剛山に立て籠もって鎌倉幕府の大軍を翻弄し、鎌倉幕府滅亡のきっかけを作った大楠公よ、


御照覧あれ!


大阪府知事選挙の告示まであと1週間

大阪市長、大阪府知事W選挙まであと24日




posted by 神功正毅 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「横田めぐみさん拉致事件発生より38年、全国3都市、一斉同時国民大行進」のお知らせ

【東京、北海道、関西で同時開催決定!】横田めぐみさん拉致事件発生より38年、全国3都市、一斉同時国民大行進

アップロードファイル 533-1.jpgアップロードファイル 533-2.jpgアップロードファイル 533-3.jpg

横田めぐみさん拉致事件発生より38年、日本人拉致は北朝鮮による対日侵略であり有事である!
安倍晋三内閣総理大臣は直ちにストックホルム合意と日朝平壌宣言を破棄し、実力行使による拉致被害者奪還に向けた検討を開始せよ!!


【集合日時】
11月15日(日)、新阿波座公園に17時半集合、18時出発
(地下鉄四ツ橋線本町駅の西の端23番出口を出て左折すぐ、三菱東京UFJ銀行の裏、以前の新町北公園より交通の便がよくなります)

【共催】
誇りある日本の会

【協賛】
維新政党・新風東京都本部
維新政党・新風埼玉県本部
維新政党・新風婦人部
救う会いばらき
救う会宮城
青狼会
金王朝打倒行動隊
そよ風
ブルーリボンで繋がる市民の会

【個人協賛】
鈴木信行(維新政党・新風党代表)
荒木紫帆(維新政党・新風東京都本部代表)
松尾秀雄(救う会いばらき代表幹事)
安藤哲夫(救う会宮城代表)
村田春樹(外国人参政権に反対する会東京代表)
藤井正夫(誇りある日本の会)
富田安紀子(漫画家『日之丸街宣女子』作者)
高岩ヨシヒロ(劇画家)
涼風ゆきこ(そよ風代表)
藤本隆之(展転社社長)
八木康洋(救う会いばらき幹事)
中谷良子(朝鮮総連本部をさら地にする会関西代表)
渡邊喜楽(維新政党・新風北海道本部事務局長)
幸希(ブルーリボンで繋がる市民の会代表)
佐藤悟志(青狼会、金王朝打倒行動隊代表)
堀切笹美(行動する保守)
沢村圭一郎(声よ届け波濤の彼方に)

【主催】
拉致被害者奪還国民大行進実行委員会

【諸注意】
☆一切の挑発、暴言なしでお願いします。

☆飲酒をしての参加、ペットを同伴しての参加を厳禁とさせて頂きます

☆コスプレ等、奇抜な服装、扮装による参加は厳禁とさせて頂きます。

☆当デモ行進は拉致被害者全員奪還と、金王朝人権蹂躙独裁体制、打倒を訴えるデモ行進です。

趣旨から外れる、韓国、一般在日、朝鮮民族全体を敵視、差別する不規則発言やプラカードの持ち込みは厳禁とさせて頂きます。

☆日本人拉致被害者と北朝鮮の民衆を抑圧する『金王朝=金一族』、在日児童に金王朝崇拝を刷り込む児童虐待洗脳施設『朝鮮学校』、金王朝最大の延命装置『朝鮮総連』を非難する不規則発言やコール、プラカードの持ち込みはこれを禁止いたしません(朝鮮学校で学ぶ在日児童への差別的発言は厳禁です)

☆日章旗推奨(z旗、旭日旗の持ち込み可)

☆拉致問題、北朝鮮の人権問題、金王朝打倒を訴えるプラカードの持ち込み歓迎

☆雨天決行

幣会活動には、「拉致被害者全員奪還」と「虐殺金王朝打倒」と言う、二つのイシューを共有出来る方であるなら、右翼から左翼(極左は不可)まで、どなたでも参加歓迎でございます。

但し、「拉致問題を利用した韓国及び他民族差別」と「拉致問題を利用したアンチレイシズムなる日本人差別」この対極に位置する二つの政治的主張の持ち込みは厳禁とさせて頂きます。

幣会の活動はあくまで、拉致被害者を奪還し、北朝鮮の民衆を抑圧する人権蹂躙独裁体制を打倒する事が目的として継続されている事をご理解下さい。


★北朝鮮による日本人拉致問題啓発アニメ「めぐみ」(字幕付き)★

このアニメ「めぐみ」は、昭和52年、当時中学1年生だった横田めぐ-みさんが、学校からの帰宅途中に北朝鮮当局により拉致された事件を題材に、残された家-族の苦悩や、懸命な救出活動の模様を描いたドキュメンタリー・アニメです。

拡散をお願いします。1日も早い拉致被害者救出が叶う事を望みます。


https://www.youtube.com/watch?v=7ZjnwtvKuhA



posted by 神功正毅 at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする