2015年10月10日

「完全なるデフレ脱却まで消費税減税を!街宣 in 元町」延期のお知らせ

完全なるデフレ脱却まで消費税減税を!街宣 in 元町
※主催者が急用にて参加が難しくなりましたので、急遽延期とさせて頂きます。参加を検討していた皆様にはお詫びいたします。
次回の活動につきましては追って告知いたします。

【街宣日時】
延期となりました

【街宣場所】
JR元町駅東出口前
http://goo.gl/maps/1xDgN

【注意事項】
悪天候など止む無く中止する場合は事前に報告します。
妨害行為はお断りいたしますので妨害者はお引き取りください。
日章旗・旭日旗・Z旗・プラカード持参歓迎。
市民活動のため、戦闘服などでの参加はお断りいたします。
撮影が入るため、顔を写されたくない方はサングラスなどご持参ください。
現場責任者の指示に必ず従ってください。

【主催】
在日特権を許さない市民の会 兵庫支部

【現場責任者】
和田瑞季(在特会兵庫支部運営)

【説明】
安保法案も無事可決になり、安倍政権は新たにアベノミクス新三本の矢として希望を生み出す強い経済、夢をつむぐ子育て支援、安心につながる社会保障と打ち出してきたわけですが、この三つが具体的か抽象的かはさておき、GDP(国内総生産)を600兆円にすることを目指すなら、前回の矢である金融緩和政策と財政出動をさらに強く打ち出すと共に、成長戦略という名の構造改革、規制緩和を直ちに見直し、デフレ社会の最大の敵である消費税増税を完全にデフレから脱却出来るまで減税へと方向転換すべきなのであります。
消費税をマイナンバーで還付とか面倒くさい事を行うよりも非常にシンプルであり、なによりGDPを増やし税収を上げる事を考えるのならば徹底したデフレ対策だけで十分なのです。

【問い合わせ】
在特会兵庫支部
zaitokuhyogo@gmail.com

※メディアの取材は全て在特会の公式サイトの『各種お問い合わせ』から申込みください。
※当日になって現場でいきなり取材申込みされても許可出来ません。
•在特会公式サイト http://www.zaitokukai.info/
•各種お問い合わせ http://www.zaitokukai.info/modules/inqpico/
posted by 神功正毅 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反日主義者のたどる道13 〜SEALDsのデモに参加した石田純一、TV番組とCMを干される

反日ハンター・神功正毅です。
かつてトレンディ俳優として名をはせた石田純一さんがSEALDsのデモに参加したためかTV番組とCMを干されたそうです。
LITERA/石田純一が安保法制反対で「圧力」を受けていた…テレビ番組、CMの出演キャンセル、厳重注意も
http://archive.is/SOYdT#selection-708.0-708.1
<引用開始>
恐れていたことが現実になってしまった。

 この間、安倍政権によるメチャクチャな安保法制強行に対し、これまで政治的発言を控えてきた芸能人たちが次々と声を上げたことが大きな話題になった。その一人が9月17日の国会前デモで壇上に上がり安保反対を訴えた石田純一だ。しかしその石田に対しデモ参加後、様々な“圧力”がなされていたことが明らかになった。

「テレビ番組を3つキャンセルされました。35年の芸能生活で、こんなのは初めてです。CMもひとつなくなったし、広告代理店を通して、厳重注意も2、3社から受けました。“二度と国会議事堂にデモに行くな”“メディアの前で政治的発言をするな”ってね」

 これは本日発売の「週刊新潮」(新潮社)10月15日号のワイド「『川島なお美』通夜でひんしゅくの『石田純一』が安保反対デモの後遺症」で、石田本人が語ったことだ。

 確かに石田の17日のデモ参加とそのスピーチは強烈なインパクトを与えたものだった。それまでも多くの芸能人が反安保を表明したが、これまで不倫や再婚などの私生活をウリにした“ナンパ男”と思われてきた石田がデモで壇上にあがり“戦争は文化ではない”と声を上げたのだ。

「絶対に、われわれは誇るべき平和を、ずーっと戦後70年、80年、100年、つづけていこうではありませんか!」
 「われわれの子どもたち、孫たちがずっと平和に暮らしていけるように、この国を守るというのは、個別的自衛権でも守れるんです! なんでわざわざ、集団的自衛権が必要なのか? そんなにアメリカの機嫌が取りたいですか? アメリカは、もちろんわれわれの友だちで、同盟国ではあります。でも、やはり、間違っている、違ってる、なにかそういうことは友だちでもちゃんと言えなくちゃ、おかしいと思います!」

 しかも石田はある種の覚悟さえ持ってデモに臨んでいた。それは石田の服装に如実にあらわれている。石田は17日にはコートの上に、そして翌18日にはブルゾンの上にわざわざトレードマークのセーターを肩がけしていた。

 単に一私人としてでなく、芸能人としてパブリックな立場の“石田純一”としてこの場に来たという意思表明でもあり、タレントとしての自分を安保反対という目的のために最大限貢献させようと考えた証左だろう。

 さらに石田は自身がコメンテーターをつとめる『おはよう朝日です』(ABC朝日放送)でも「憲法9条があるから日本は戦争してこなかった」と安保に反対する発言をしている。

 そんな石田に恐れていた“圧力”が実際にかかったことは衝撃だ。しかもテレビ番組をキャンセルされただけでなく、CMの関連で代理店や企業からクレームをつけられる──。

「芸能人は政治的発言をするものではない」「ファンがいなくなる」。こんな言説が長い間日本の芸能界で流布されてきた。実際、今回の安保問題に対し政治的な発言をした芸能人はツイッターやブログが炎上することもしばしばだ。

 しかし、今回多くの芸能人、そして著名人たちが“戦争法案”に対し勇気をもって発言している。このことの意味は重要だし、その勇気に私たち国民も応えなければならない。例えばアメリカでは芸能人たちが自分の支持政党や思想信条を表明することは当たり前のことで、それはセレブにとっての義務でもある。

 だが、現在の日本は芸能人たちに「政治に参加する当然の権利を表明する」ことさえ許さない。しかもメディア企業であるはずのテレビ局や、企業スポンサーまでもがそれを阻害し、ストップさせようとする。

 石田の置かれた状況は今後、他のタレントにも波及する可能性は高い。密かに、そして巧妙に干されるようなことがないよう、これまで安保に関して発言してきた芸能人、坂上忍や笑福亭鶴瓶、SHELLY、高田延彦、土田晃之、制服向上委員会などの今後を注視する必要がある。そしてもし圧力があったり干されたなら今回の石田のように、その圧力自体を公表することも大切だろう。きっと多くのファンが圧力に屈しない姿勢に賛同し、逆に圧力をかけた企業やマスコミを批判するからだ。

 石田は前述の「週刊新潮」にて圧力を公表した上で、しかしこう表明している。

「でも、世の中のためになることをやりたいと思っているので、“それ(デモに行くな、政治的発言をするなとの厳重注意)は受けられない”って回答しました」

 石田の勇気ある姿勢を称えたい。
 
<引用終了>



かつてトレンディ俳優として名をはせた石田純一さんですが、「防衛力強化」「日本の近代史の再評価」「特亜への批判のタブー視の打破」といった「防衛力強化」「日本の近代史の再評価」「特亜への批判のタブー視の打破」といった現在のトレンドを見抜けなかったばかりか「平和」「非武装中立」「多文化共生」「特亜への罪悪感」これら旧態依然とした価値観に迎合して共産党その他反日勢力の集会に参加し、スポンサーやそれらの企業の商品を買う国民に危険視され、仕事を失うことになりました。

彼がTV番組とCMを干されたことは水が高いところから低いところへ流れるのと同じく自然の摂理である
あの国のあの法則

http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/politics/hosoku1.html

<引用開始>

【絶対法則】


第一法則

国家間から企業、個人に至るまで、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と組むと負ける。

<引用終了>


を知らずに「防衛力強化」「日本の近代史の再評価」「特亜への批判のタブー視の打破」といった現在のトレンドを敵視する朝鮮人に与した愚者、悪人のたどる当然の帰結です。


人はこれを


「自業自得だぁ」(アリー・アル・サーシェス/機動戦士ガンダム00)


アリー・アル・サーシェス無双
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23858914?ref=search_key_video



と言います。
心の中で何を思うかは自由ですが、石田純一さんには豊臣家が崩壊する趨勢が見えずに徳川家康と敵対し、関ケ原の合戦で大敗し、処刑された同じ姓の石田三成と同じ轍を踏まないようにネットをこまめにチェックし、現在のトレンドがどうであるかを的確に判断して芸能活動に勤しんでもらいたいものです。





posted by 神功正毅 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアル「負けると分かっていても戦わなければならないときがある」 by サヨク弁護士

反日ハンター・神功正毅です。
日本国民の良識の勝利!最高裁、集団的自衛権無効の却下を確定す
で集団的自衛権の行使を容認した昨年7月の閣議決定は違憲だとして閣議決定の無効確認を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷が上告を棄却する決定をしたことを伝え、昨日も
日本国民の良識の勝利!東京地裁、安全保障関連法の無効確認や廃止を求めた訴訟を却下する
で東京地裁が安全保障関連法の無効確認や廃止を求めた訴訟を却下したことを伝えましたが、まだ懲りないのかサヨク弁護士が「安保関連法は憲法違反だ」として年内にも全国で一斉に裁判を起こす準備を進めていることを明らかにしました。
NHK NEWSWEB/弁護士グループ「安保法は憲法違反」年内にも一斉提訴へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151008/k10010263801000.html
<引用開始>
安全保障関連法に反対する集会が8日夜、東京都内で開かれ、弁護士のグループは「法律は憲法違反だ」として年内にも全国で一斉に裁判を起こす準備を進めていることを明らかにしました。

これは安全保障関連法に反対の立場で活動を続けている内田雅敏弁護士が8日夜、東京・文京区で開かれた集会などで明らかにしました。集会で内田弁護士は、「この法律は私たちが平和に暮らす権利や人格権を侵害しており、立憲主義を否定する」として少なくとも全国の8か所の裁判所で「法律は憲法違反だ」として国に対して損害賠償に加え、法律を施行しないよう求める訴えを起こす方針だと述べました。また、取材に対してすでに弁護士のグループを作り、年内にも一斉に提訴する方針で準備を進めていることを明らかにしました。
安全保障関連法に対しては複数の個人や団体がすでに訴えを起こしたり提訴の準備を進めたりしていて法律の合憲性は各地の裁判所で争われることになります。また、8日の集会では、9月19日に安全保障関連法が成立したことから、今後は毎月19日に法律に反対する行動を続けていく方針も確認しました。
<引用終了>




何度安全保障関連法の違憲、廃止を求める訴訟が敗訴しても日本の安全保障の確立を妨害せずにいられない彼らの心情は
「男には、負けるとわかっていても戦わなければならないときがある」 (キャプテン・ハーロック)
男なら死ぬとわかっていっても戦わなければならない時がある





キャプテン・ハーロック「男には、負けるとわかっていても戦わなければならないときがある」
https://www.youtube.com/watch?v=EjO-xt13KXc



でしょう。

では彼らの目論みどおり、全国で訴訟を乱発すれば「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」とばかりにどこかで違憲判決が出るのでしょうか?
また、彼らの目論みが別にあるならばそれは何か?
2ちゃんねるSC/【社会】弁護士グループ、安保法は憲法違反として年内にも全国で一斉に裁判を起こす準備を進めている
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1444342527/
<抜粋>
13 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 07:25:19.55 ID:+qEab+p+0.net[1/2]
カネと時間の無駄だな。
 具体的損害が出なければ審査もせずに却下。
 法を使うかどうかは政府の判断だから、当面政府が使うわけもなく、具体的損害がでるはずもない。
だから延々却下が繰り返される。
そして、いよいよなんとかこじつけに成功して憲法判断をさせれたとして統治行為論が出てくる。


28 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 07:29:35.23 ID:+qEab+p+0.net[2/2]
>>18
印象操作。俺たちは怒ってるんだぞ、俺達は多数なんだぞ!という。
だけど、実際には却下実績が積み上がるだけでマイナス効果。


31 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 07:30:38.94 ID:vwhcEgts0.net
却下でも弁護士連中としては構わないんだろ
 これは、一部弁護士による政治活動の一貫だから
訴訟起こすときにメディアが騒げば、
それだけで目的は達成されるんだろうね


35 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 07:31:39.01 ID:KJYFDCdB0.net
これ、地裁レベルなら左翼裁判官がヘンな判決を出すこともあろうが、上級審じゃぁ
判断を避けるのは決定的だよ。 誰かの権利が明らかに阻害、毀損している場合じゃぁないと。
 法曹界では、憲法学者=護憲論者っていうのはみんな知ってることだしw


61 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 07:41:04.39 ID:ggoDrrqC0.net
首相の靖国違憲訴訟と同じ構図だろ

法の成立と施行により精神的苦痛で慰謝料請求
 傍論で違憲と言わせることが目的


74 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 07:50:18.49 ID:QlPf+G4H0.net
>>64

訴えの利益(侵害法益)がないんで、
 門前払い判決になる可能性が高いんだよなあ。

 砂川ナイキ事件で憲法前文に依拠した「平和的生存権」というものは
存在しないって最高裁判例が確定してるし。


94 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 08:03:29.17 ID:va0zmXqYO.net
地裁ですら門前払いされるのが確定したからやるんだよ
 だって裁判の費用がかからないから弁護士(笑)とか言う法律の権威が反対してるぞと宣伝するコストがかからねぇもん
 それに弁護士の仕事が無いからね。金の無い新米弁護士が肩書にハクをつける為にやるんだよ
受験の為のボランティア活動みたいなもんですわ(´・ω・`)


100 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 08:08:59.29 ID:sl3erX490.net[2/2]
>>92
勝てはせずとも何らかの実績が発生するまで各地で裁判を起こし続けるつもりなんだろう。

 仮に間抜けな裁判官が傍論で少しでも安保法案を批判するような言及でもあれば
 それを鬼の首をとったように掲げて勝利宣言だ。


104 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 08:11:43.82 ID:J55+BNTy0.net[1/3]
>>100
いくら間抜けな裁判官でも警察予備隊違憲訴訟の判例は知ってると思うんだけど…
良心に従ってどんな判決を出してもいいけど、最高裁の大法廷が開かれることはないだろうに。


124 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 08:24:12.32 ID:OO+cSaUm0.net[2/2]
まぁ、日本の場合は付随的審査制だから事件性の要件がなければ審査しないからなw
 三百代言どもがどう出るか見ものだわなwww


139 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 08:36:39.94 ID:B8bHGLtH0.net
靖国裁判みたいに違憲「判断」「おさせるために迂回戦術うぉ取るんだろうな
 つまり精神的被害に対する賠償を求める訴訟を起こして、
 請求は棄却なんだけど一言「この立法は違憲」という判断を添えてもらうためだろ


174 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 09:22:08.87 ID:sOXEmH1C0.net[1/2]
警察予備隊訴訟の最高裁判決を知った上だから単にニュースにしたいだけ


227 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 10:18:16.45 ID:6baK7gGk0.net
>>221
弁護士の集団という情報の権威付け。それをニュースとして取り上げて視聴者に暴露するのが目的

バンドワゴン効果 


253 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 10:53:53.17 ID:ql6/Vc0G0.net[1/2]
憲法では具体的な事件性がないと裁判できない。一応素人とは違うから誰も名前を聞いたこともない権利が害されたことにして、名目作るんだろうけど。
そんな裁判を乱発する方が、憲法無視しているんだが。どこが護憲なのか。


255 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 10:55:52.18 ID:ql6/Vc0G0.net[2/2]
>>249
暇な弁護士というか、共産党とか左翼活動するために弁護士になったのが結構いるんだよ。

 自由法曹団でググってみな。


268 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 12:17:45.08 ID:0zNdhok90.net
誰が不利益を受けたんだ?具体的な事件がないと訴状の受理をしてもらえないだろ。日本には憲法裁判所はねーぞ。またお得意の精神的苦痛か?


298 :名無しさん@1周年:2015/10/09(金) 13:03:36.90 ID:sOXEmH1C0.net[2/2]
>>285
警察予備隊訴訟で最高裁判決でてるから地裁レベルでもこれに反する判決はでないだろう


(参考)
Wikipedia/砂川事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%82%E5%B7%9D%E4%BA%8B%E4%BB%B6

同/警察予備隊違憲訴訟
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E4%BA%88%E5%82%99%E9%9A%8A%E9%81%95%E6%86%B2%E8%A8%B4%E8%A8%9F

これを見てわかるとおり、違憲判決が出る見込みは皆無で最悪でも判決文の傍証に「この立法は違憲」という文言が載るのみでしょう。


そして、これらの裁判における彼らの目論みは弁護士の集団という法律のプロが怒ってるんだぞ、俺達は多数なんだぞ!という印象操作であり、1ヶ所でも判決文の傍証に「この立法は違憲」という文言を書かせて日本の安全保障の構築、執行の足かせをはめることであり、何より彼らが生きていくためのシノギでしょう。

要するに彼らサヨク弁護士団は彼ら自身が勝つ見込みがないとわかっている裁判で仲間からゼニをむしり取っているのです。


サヨクよ、よーく考えよう お金は大事だよ♪
よーく考えよ〜
https://www.youtube.com/watch?v=xF4eliXQ0pw



サヨク弁護士団よ、砕け散ろうぞ 負け戦よ♪
漢花/角田信朗
https://www.youtube.com/watch?v=Po9epqNKVhI



などと「平和のために日本の防衛の足を引っ張る俺カッコイイ」自分に酔っていないで真に平和を願うならば真理を語る賢人の声に耳を傾けよ!

マキャベリ
自らの安全を自らの力によって守る意思を持たない場合、いかなる国家といえども、独立と平和を期待することはできない。なぜなら、自らを守るという力量によらずに、運によってのみ頼るということになるからである。


すべての国家にとっては、領国を侵略できると思う者が敵であると同時に、それを防衛できると思わない者も敵なのである。どこの国が今までに、防衛を他人に任せたままで、自国の安全が保たれると思ったであろうか。


他国が強大になる原因を作った者は必ずや滅ぶ


自国の軍がなければ国の安全はない。危機が訪れたとき国を守ろうという勇気や忠誠心を誰も持ち合わせていないので頼れるものは運のみである。


国を失ういちばんの近道は兵法をおろそかにすることであり、国を得るいちばんの近道は兵法に通じることである


君主に必要なのは兵法のみである。兵法は先祖から国を受け継いだ君主がその座を維持するためにも役立つばかりか、一介の市民を君主に押し上げることも多い


武力がある者に対して武力がない者にしたがえというのはどだい無理な話だ


毛沢東
政治とは、流血を伴わぬ戦争である。一方、戦争とは、流血を伴う政治である


ヴォルテール
戦争は従属ほど負担が重くない。


吉田松陰
国家というものは自ら存在するものである。どうして外国の機嫌を取る必要があろうか?必要はない。また、どうして外国の指導を受ける必要があろうか?ありはしない。


シャルル・ド・ゴール
軍隊が敗北すれば、いかなる政治の成功も不可能である。また、政治的手腕を欠いた戦略には一文の価値もない


スウェーデン ハンソン首相
将来に向けても厳正中立を貫く決意を有する…中立を維持するためならば、必要な戦いも辞さない


ホッブズ
剣の裏付けがない契約は、単なる言葉に過ぎない。 


ジョージ・ワシントン
戦争に備えることは、平和を守るもっとも有効な手段の一つである


ヴェゲチウス
平和を欲するなら戦争を学べ


スイス軍アンリ・ギザン将軍
我々は自分たちの運命を手放すことなく、掌中にしていられるであろう。敗北主義の流言に惑わされることなく、自らの力を信じて鉄の意志を持てるならば、精強な外敵に対する抵抗も成し遂げられるであろう


江畑謙介

残念ながら国民一般がもつ軍隊や兵器に関する知識は驚くほど少なく、したがって正確な情報を国民に提供すべきメディアの知識もまた貧弱で、多くの間違いや誤解に基づく情報が流されている。……これは民主主義にとって極めて危険な状態である。 

スイス政府発行の冊子、『民間防衛』

国内の敵は、政府と国民を引き離すため、刃向かうものすべてを中傷し、とくに政府や州当局の要人に対して疑惑の目を向けさせることによって、政府の権威を根底から覆そうとする。国民がこれら当局者を信頼しなくなったときこそ、国民を操縦するのに最も容易なときである。


小学校から大学に至るまでの教師たちが、我々の自由の理想と国民的な名誉に対して忠実であるならば、占領軍は絶対にその思想に手をつけられず、屈服させることはできないだろう。精神的な抵抗運動を誰よりもまず最初に引き受けて実行するのは、我が国の教育者たちである。


(ある国の)国民に戦うことを諦めさせ、軍用機や装甲車、訓練された部隊などはすべて役に立たないと納得させることができれば、武器を使うことなく、その抵抗を打ち破ることができる。それは巧妙な宣伝によって可能となる。


現代は、宣伝の技術や手段が発達しているので、あらゆる形で他国に浸透することが可能だ。ある国は、防衛姿勢を示すことなく敗北し占領されてしまった。それは、その国民の魂が、利害関係のある「友人」の演説に心地良く酔わされて、少しずつ眠り込んでしまったためである。


戦争は嵐が草木を打ちのめすように我々を打ちのめすだろう。持ちこたえなければならないのは軍隊だけではない。全国民が軍隊の背後で抵抗しなければならない。軍隊は、その背後に国民の不屈の決意があることを感じたとき、はじめてその任務を完全に遂行できるのだ。


陰険で周到な宣伝は、国民の抵抗意思を挫くことができます。心がくじけたときに、腕力が何の役に立つでしょうか。反対に、決意を固めた指導者のもとに全国民が団結したとき、誰が彼らを屈服させられるでしょう。民間国土防衛は、まず意識に目覚めることから始まります。

posted by 神功正毅 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道民の良識の勝利?北星学園大、植村隆氏の次年度の雇用打ち切りもありうると同氏や関係者に伝える

反日ハンター・神功正毅です。
北星学園大学の非常勤講師を務めていた植村隆氏が大学側から教職員の疲弊と警備費用のかかりすぎを理由に「次年度の雇用打ち切りもありうる」と伝えられたそうです。
YAHOO!ニュース/元朝日記者の植村氏、雇用打ち切りも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151009-00010000-socra-soci&pos=4
<抜粋>
北星学園幹部が警備理由に、本人らに伝える

 元日本軍慰安婦の記事を書いた元朝日新聞記者、植村隆氏(57)が非常勤講師を務める北星学園大(札幌市)幹部が、次年度の雇用打ち切りもありうると、同氏や関係者に伝えていたことが分かった。昨年から「解雇しないと爆破する」などと脅迫が相次いでいた。最近になって、脅迫や抗議は減ったが、教職員の疲弊と、警備費用のかかりすぎが理由だという。
  昨年は「暴力は許さない」と世論の支持を受け、雇用継続しただけに、北星を応援する市民からは「脅す側に植村さんを差し出すようなもの」「1年でサヨナラでは、社会の批判を免れない」など厳しい声が上がる。大学側は、学内外の意見を聞き結論を得る考えで、もし打ち切るなら、説明責任を求められそうだ。
  複数の関係者によると、田村信一学長が7月末と9月中旬に2回、植村氏と会談し、「警備の負担が大きい。教職員の反対も強い」と学内情勢を述べ、このままでは雇用打ち切りの可能性があると伝えた。植村氏は「まず、私が捏造記者ではないことを学生、教職員に説明させてほしい」と述べ、雇用継続を望んだという。
  同氏は1991年、各国の元慰安婦が名乗り出るきっかけになった韓国の元慰安婦、金学順(キム・ハクスン)氏が調査団体に被害証言を始めたことを伝える記事を書き、慰安婦問題否定派から「捏造」記者と批判されている。今年、プリンストン大など全米6大学と、上智大、北海道大の国内2大学に招かれ、捏造批判に反論する講義などをしたが、北星では一度も、公の場で説明できていない。
  複数の大学幹部は9月、北星を支援する市民らとも会談し、雇用打ち切りの可能性に言及した。市民側は「脅した側は1年越しで辞職に追い込んだと喜び、勝利宣言するだろう」「昨年苦労して雇用を守り抜いた北星の評価が台無しになる」などと伝えたという。植村氏は2012年から非常勤講師として、主に留学生を対象に日本の社会文化を教えている。


昨年は雇用打ち切り方針を撤回

 事件を振り返る。発端は、週刊文春が昨年1月末、「『慰安婦捏造』朝日新聞記者がお嬢様女子大教授に」との見出しで、植村氏の神戸松蔭女子学院大の教授就任内定を報じた記事。直後に同大に抗議が殺到し、転職はだめになった。「植村はどこだ」。ネット上で「捜索」が始まった。北星が勤務先として知られると同5月から、爆破予告の脅迫状が複数届き、解雇を求める電話・メールが殺到。朝日が慰安婦報道検証記事を出した8月には、北星への抗議の電話・メールが月700件近くに達した。
  これを受け、田村学長は同10月、雇用打ち切りの方針を発表した。だが、全国1000人以上による「負けるな北星!の会(マケルナ会)」結成や、新聞労連、日本ペンクラブなどの応援声明に続き、下村博文文科相が「暴力に負けないで」と発言。全国380人の弁護士も脅迫犯を被疑者不詳の威力業務妨害容疑で札幌地検に刑事告発した。学内でも少数ながら教職員、大学院生が「大学の自治侵害だ」と声を上げるにいたり、大学は同12月、「言論弾圧は許されない、という社会的合意が広く形成され、一定の抑止力になりつつある」(田村学長)として雇用継続に転じた。
  北星と同様、爆破予告の脅迫状が届いた大阪の帝塚山学院大では、慰安婦報道に関わった別の元朝日記者の教授が、脅迫状が届いたその日に辞めた。雇用を継続した北星は、帝塚山、神戸松蔭と対照的で、国内外から「学問の自由を守った」と称賛された。
  今年4月以降、抗議の電話・メールは月に数える程度に減り、大学幹部は「ほぼ収束した」とみる。だが、警備費は本年度、3200万円と前年の倍に膨らんだ。危機管理コンサルタント会社の指示で警備員を増やし、当初500万円だった防犯カメラの設置費を北海道警の要請で1200万円に増額した。塀で囲まれた東京の大学と違い、北星のキャンパスは自然公園に隣接し、広大。外部からの侵入を完全に防ぐのは難しい。「過剰投資では」と効果を疑問視する声もあるが、大学幹部は「警察から必要と言われたら警備強化せざるをえない」という。
  しかも、教職員からは「1年頑張ったんだから十分」「植村さんがやめれば、平穏を取り戻せる」、「常勤の教授ら正職員と違い、非常勤は契約更新で切られても仕方ない」という声が上がっている。昨年は、リベラル派で知られる教員が「植村さんがいる限り警察が日常的に出入りする。私の研究の自由は守られない」と発言し、学内外を驚かせた。道外から北星を応援するクリスチャンの元大学教授は「被害者の北星が、バッシング集団に植村さんを差し出す加害者になろうとしている」と懸念する。
  むろん、心労は大変なものだった。北星は、米国の女性宣教師が開いたプロテスタント系の女学校が前身で、平和、人権教育に熱心な学風。これほどの攻撃に晒されたことは初めてで、脅迫や抗議が殺到した昨年は、大学事務が混乱し、電話口で罵声を浴びせられ体調を崩す職員もいた。秋の学園祭、春の入学試験など大勢が集まる際は厳戒態勢を強いられた。「開けたら指が飛ぶ」という脅迫状もあり、今年も、差出人不明の小包が教員に届き、警察が出動する騒ぎになった。
  最初に脅迫状が届いた5月末から、報道で明るみになるまで4カ月かかった。大学が混乱を恐れて学生らに伝えなかったためだけではない。端緒をつかんだメディアが慰安婦報道による朝日バッシングの飛び火を恐れ、目をつむり、ペンを折った。北海道警の被害届受理も報道が出た後、10月初めだった。北星のある教員は「報道には失望した。いつどの大学で起きてもおかしくないのに、他の大学は『他人事』と傍観しているようにみえた」。別の教員は「警察は当初、まともに取り合おうとしなかった。文科省も警備の負担軽減など具体的なサポートはなかった」と振り返る。


 大学、家族への攻撃を止めさせるには、「捏造」記者のレッテルをはがすしかない−−。植村氏は今年1月9日、西岡力東京基督教大教授と週刊文春の発行元・文藝春秋を相手取り東京地裁に、2月10日には、ジャーナリスト櫻井よしこ氏と、週刊新潮を発行する新潮社、「WiLL」発行元ワック、週刊ダイヤモンドを発行するダイヤモンド社の計3社を相手取り、札幌地裁に訴えた。西岡氏と文春を訴えた裁判で被告側は、週刊文春で「『慰安婦捏造』」などと書いたのは「事実の摘示ではなく、意見ないし論評である」、つまり、植村氏がウソの記事を書いたという事実を示したのではなく、単に意見を述べただけ、と主張した。
  攻撃はかえって激しさを増した。「国賊の娘○○を必ず殺す。地の果てまで追いかけて殺す」。西岡氏らへの提訴から3週間後の2月2日。北星大に届いた脅迫状は、植村氏の高校生の長女を名指していた。2月7、17両日には、西岡氏らの裁判で植村氏の弁護団事務局長を務める神原元(はじめ)弁護士の神奈川の事務所に計500枚近いファクスが送りつけられた。冒頭は植村氏長女の制服姿の写真。「慰安婦は売春婦」などと書かれた文章とポルノ写真が延々と流れ、神奈川県警が偽計業務妨害の疑いで捜査している。





まだ来年の契約打ち切りが決まったわけではありませんが、北星学園大学が多数の批判を尻目に契約を続行した去年と打って変わって来年度の雇用打ち切りもありうると植村氏に示唆したことは

北海道民の良識の勝利です!

私が
植村隆氏、懲りもせず「慰安婦問題に対し日本政府は謝罪しなければならない」とホザく

北星学園大学のある北海道民には兵庫県民を見習って「捏造・虚報を許さない」「国家・先人の名誉を汚すことを許さない」という意思を高らかに示し、彼を義母の故郷へと帰してあげてもらいたいものです。
と書けば北星学園大学が来年度の雇用打ち切りもありうると植村氏に示唆する。
私の言葉は重すぎる。
私の言葉は重すぎる





だからこそあえて書こう。
国民は国難に立ち向かう気迫を持て!

国民・国益を守る議員を当選させろ!

民主党、共産党、社民党、公明党、その他地域政党に紛れ込んでいるこれらの党の議員を国会を含むあらゆる議会から一掃するぞ!

不正な手段で日本に入国し、戦前からいたと詐称して特別永住者となった在日韓国・朝鮮人から特別永住資格を剥奪するぞ!

入管特例法を廃止に追い込むぞ!

反日国家・反日外国人には強硬な姿勢で臨み、譲歩しないぞ!

反日外国人・犯罪外国人を日本から追放するぞ!

反日教師を教育現場から追放するぞ!

反日マスコミから事業許可を剥奪するぞ!

社会主義=共産主義者を日本国内から一掃するぞ!

在日韓国・朝鮮人ならびに共産党、旧社会党支持者は戦後から今日にいたるまでに日本で行った犯罪を謝罪しろ!

共産党、社民党、民主党支持者は日本国籍ならびに保有する全財産を返上して心の祖国、シナ、北朝鮮に帰れ!

韓国民団と朝鮮総連は在日韓国・朝鮮人からなる「自由北朝鮮軍」を編成し、北朝鮮人民を金一族の圧政から解放するために北朝鮮に攻め込め!

韓国民団と朝鮮総連は「北朝鮮開拓団」を編成し、荒れ果てた北朝鮮の国土再建のために全ての在日韓国・朝鮮人を連れて行け!

我々は多くの祖先の血で築き上げた日本を守り抜くぞ!

日本の栄光ある歴史を語り継ぐぞ!

我々は売国の「二百三高地」、全国の朝鮮学校、朝鮮総連、韓国民団の敷地を奪還するぞ!

現行憲法破棄&自主憲法制定、自衛隊の国軍への改組、スパイ防止法制定等の政策を執行し戦後レジームを一掃するぞ!

国民に希望を持たせるぞ!

誇りを持たせるぞ!

人間と社会の本質、主権者としての心構えを知らせるぞ!

勇気を持って不正、不公正、外国からの侵略に立ち向かわせるぞ!

我々憂国派は人を人とも思わない、法を法とも思わない、国を国とも思わない、人としての良心をかけらも持ち合わせていない野獣のような鬼畜・外道の類、犯罪特亜人とテロリストどもを日本国外へ追放するぞ!


日本国民の良識の勝利!朝日新聞、ついに日本軍による自称従軍慰安婦の強制連行を嘘と認める
で書いたとおり、昨年の8月5日、朝日新聞が日本軍による自称従軍慰安婦の強制連行を嘘と認める記事を発表し、
遅すぎた内部告発 〜「慰安婦狩りが嘘なのは常識だった」 by 元朝日新聞ソウル特派員
で書いたとおり、元朝日新聞ソウル特派員「慰安婦狩りが嘘なのは常識だった」などと証言し、
日本国民の良識、「サクラ大戦」に勝利す 〜韓国政府、慰安婦強制連行の証拠がないことを認める
で書いたとおり、韓国政府すら「慰安婦が強制連行された証拠はない」と認め

植村隆氏、懲りもせず「慰安婦問題に対し日本政府は謝罪しなければならない」とホザく
で書いたとおり、アメリカが慰安婦に関する調査をしても日本政府が慰安婦を強制連行・強制労働させたという証拠を1つも見つけられなかったのだから彼の報道は捏造の誹りを免れず、最大限善意をもってみても証言の裏取りが不十分な虚報であります。



植村隆よ、もう「サクラ大戦」に完全敗北したことを認めて捏造、あるいは証言の裏取りが不十分な虚報を流したことを謝罪せよ!

そして北星学園大学の講師を辞任せよ!

北星学園大学よ、植村隆との契約打ち切りを来年度と言わず本日付でせよ!



最後に北海道民には北星学園大学と植村隆に怒りの拳を突き上げて「捏造・虚報を許さない」「国家・先人の名誉を汚すことを許さない」という意思を高らかに示し、彼を義母の故郷へと帰してあげてもらいたいものです。


これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド ユークリウッド・ヘルサイズ バニーVer. (1/4スケール PVC製塗装済み完成品)

これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド ユークリウッド・ヘルサイズ バニーVer. (1/4スケール PVC製塗装済み完成品) [おもちゃ&ホビー]




posted by 神功正毅 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする