2016年01月05日

自民党への抗議文



抗議文

自由民主党 御中

 貴殿等の土下座外交に対し抗議する。昨年12月28日に日韓外相会談が行われ、マスコミの報道によると韓国のいわゆる従軍慰安婦に対して謝罪し、10億円を寄贈する事が約束されたという。とんでもない話である。そもそも韓国との戦後補償というものは、昭和40年の日韓基本条約にて完全に解決済みであり、蒸し返さない事がその時点での約束事項であった筈だ。にもかかわらず貴党は宮沢談話、河野談話を発表し、村山談話のサポートをし、安倍談話においてもそれらを踏襲するという暴挙を働いた。そして今回の外相会談である。
 多くの良識ある日本国民並びに韓国の一部知識人からも意見が出ている通り、日本からの謝罪は不要である。外相会談も結果を急がず、真実の歴史を知る良識派の国民の意見を聞きながら進めるべきではなかったか。韓国の歴史を見る限り、今後はますます謝罪と賠償額の吊り上げが進むであろう事は容易に予測できる。そればかりか周辺国までありもしない事への謝罪と架空の事件に対する賠償を要求しているではないか。完全に外交の失敗であると言わざるを得ない。
 しかしながら、今回の外相会談の結果を受けて韓国挺身隊問題対策協議会と我々の意見がたまたま一致した処もあったのは成果であると言える。彼等が東京のど真ん中に慰安婦像を建てるぞと言ってきた。よろしいではないか。それならば彼等の要求通り、こちら側から米国大使館前にドラム缶入りの慰安婦像を建ててやれば良い。「第五種補給品」との明記も忘れないよう、申し入れしたい。いわゆる従軍慰安婦の問題を本当に解決するためには米国や越南を参加させるべきであり、それを促す施策が必要である。

 最後に、貴党に対して以下の二点を要求し、早急に実行する事を期待する。
1.今回寄贈する10億円は我等国民の税金から出すべきではない。日本国民に対するヘイトスピーチ団体であり、世界人類共通の敵であるところの朝日新聞から拠出させるよう、法整備を進めよ。
2.貴殿等が謝罪すべき相手は韓国ではなく、台湾人、朝鮮人を含む靖國の英霊である。総裁はじめ貴党所属の国会議員は靖國神社に参拝し、度重なる英霊への非礼を謝罪せよ。

平成28年1月4日
在日特権を許さない市民の会
会長 八木康洋

以上
posted by 神功正毅 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする