2016年01月25日

宜野湾市、岩国市、八王子市民の良識の勝利!SEALDs、1月24日の市長選に三連敗す

反日ハンター・神功正毅です。
SEALDsが推す候補者が昨日、1月24日の宜野湾市、岩国市、八王子市の三市長選で全敗しました。
朝日新聞/宜野湾市長選大敗「民意失った」 辺野古反対へ知事痛手
http://www.asahi.com/articles/ASJ1T312WJ1TTIPE004.html
<引用開始>
 24日に投開票された沖縄県宜野湾市長選は、米軍普天間飛行場の移設問題で安倍政権と対立する翁長雄志(おながたけし)知事が全面支援した新顔の志村恵一郎氏(63)が、政権が推す現職の佐喜真淳(さきまあつし)氏(51)に大敗した。一夜明け、「選挙に裏付けられた民意」を盾に政権と対峙(たいじ)してきた翁長氏周辺のショックは大きい。

 同市長選では佐喜真氏が2万7668票を得て再選され、志村氏は2万1811票にとどまった。25日朝、県庁に登庁した翁長氏は、記者団から6千票という大差について問われたが、「ここで歩きながら説明できない」と述べ、足を止めなかった。

 6月に県議選、夏に参院選を控える中での大敗に、ある与党県議は「直近の『民意』を失ったのは事実。これまで通りに辺野古反対を訴えるのは難しくなった」と語った。普天間飛行場の移設先とされる名護市の稲嶺進市長は24日夜、「今回の結果で宜野湾市民が辺野古移設を認めていることにはならない」としつつ、「政府が選挙結果を口実に(埋め立て工事を)強硬に進めることは予想される」と語った。

 同市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前では、25日朝も移設に反対する人々が抗議行動を展開した。

 市民団体「沖縄平和運動センター」の山城博治さんは「結果は残念だが、辺野古移設は争点になっていなかった」と指摘した。佐喜真氏が、当選後の24日夜に「普天間を固定化させないという民意が示された」と語ったことにも触れ、「固定化阻止は、とうの昔に県民が総意で示している。政治家として、どうやってそれを実現するのかを示してほしい」と注文をつけた。

 一方、佐喜真氏を支援した自民党沖縄県連の具志孝助幹事長は「県議選に向けてやっと新しい流れができた」と強調。中谷元(げん)防衛相は25日、「(佐喜真氏の)普天間飛行場の固定化を避けるために努力してきた実績が評価されたということではないか。引き続き(辺野古)移設推進のために市長の理解と協力を得ながら努力していきたい」と述べ、辺野古移設作業を進める考えを改めて示した。
<引用終了>


YOMIURI ONLINE/岩国市長選、現職・福田良彦氏が新人破り3選
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20160124-OYT1T50072.html
<引用開始>
 米軍岩国基地がある山口県岩国市の市長選は24日、投開票され、現職・福田良彦氏(45)(無=自民・公明推薦)が新人の前市議・姫野敦子氏(56)(無)を破り、3選を果たした。

 同基地では2017年頃までに、米軍厚木基地(神奈川県)からの空母艦載機の移駐が予定されている。福田氏は移駐受け入れの条件として、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設見通しが立つことや、騒音・治安対策の強化などを挙げている。

<引用終了>



東京新聞/八王子市長選 石森氏、手堅く再選 「中核市のメリット示す」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201601/CK2016012502000155.html?ref=rank
<引用開始>

 二十四日投開票された八王子市長選は、無所属現職の石森孝志(たかゆき)氏(58)=自民、公明推薦=が、無所属新人の五十嵐仁(じん)氏(64)を破り、再選を果たした。石森氏は、推薦を受けた自民、公明の両党に加え、市議会で与党に加わる民主党の市議らの応援も受け、選挙戦を有利に進めた。当日有権者数は四十五万千六百四十一人。投票率は32・60%で、前回を2・35ポイント下回った。 (村松権主麿)


 石森氏は午後十時過ぎ、当選が確実になると、JR八王子駅に近い選挙事務所に姿を現した。支持者たちから拍手を浴びると、「ほっとしている。最終的に大差がつき、私の訴えが市民に届いた。投票率も心配だったが、30%を超えてよかった」と喜びを語った。


 就任後の抱負については「中核市のメリットを市民にしっかり示す時期になる。来年は市制施行百周年を迎え、将来に夢と希望を持てる街づくりをしたい」と強調。JR八王子駅周辺のにぎわい復活のため、同駅南口から二〇一七年度以降に移転する八王子医療刑務所の跡地利用などに尽力する考えを示した。


 石森氏は明星大卒で、一九九五年に父親の後継者として市議に初当選。三期務めて都議に転身し、都議二期目途中の二〇一二年、市長に初当選した。


 五十嵐氏は、安全保障関連法などに反対する市民団体の運動に参加し、政治学者としての実績をかわれ、市長選に擁立された。「開発優先を転換し、福祉や教育を充実する」などと訴え、共産、社民の両党、八王子・生活者ネットワークなどの支援を受けたが、現職の強みを発揮した石森氏に及ばなかった。 

◆市民が誇る中核市に 真価問われる多摩のリーダー役


 多摩地域最多の人口五十六万人を擁する八王子市のかじ取り役に、石森孝志氏が再び選ばれた。四年前の市長選では、一度は見送られた中核市への移行を公約に掲げて初当選し、昨年四月、都内初となる中核市移行を実現した。


 地裁支部など国の機関が市外に移り、百貨店もすべて撤退した八王子市。都市としての勢い、にぎわいが失われる中、石森氏は選挙戦で「多摩のリーディングシティーにふさわしい街を目指す」ことを掲げた。


 中核市は、政令市に次ぐ事務権限を持つ。これを活用し、市民の満足や自信につながり、八王子市民であることに誇りを持てるような施策をどう展開するのか、二期目は具体的な実感が求められる。さらに、中核市に求められる、周辺自治体のリーダー役を果たすことも。


 石森氏は今回の選挙で、対立候補から「開発優先」と批判され、幅広い市民のニーズに目配りした行政運営をしてきたと強調した。ただ、市北西部の物流拠点整備、八王子駅北口の地区開発、同駅南口の八王子医療刑務所跡地の活用など、開発案件は続く。


 少子高齢化、人口減少社会が加速する将来に向け、歴史と文化、自然に恵まれた八王子市が、「住みたい」「訪れたい」と選ばれる街づくりには何が必要なのか。幅広い声を聞き、まとめ上げる手腕とリーダーシップが問われる。 (村松権主麿)


<開票結果>


当 93,641 石森孝志 無 現<2>


  51,811 五十嵐仁 無 新 


  全票終了
<引用終了>


大阪市長・府知事W選挙以外では野党の候補を推していたSEALDsですが、日本の安全保障に大きく関わる米軍基地がある宜野湾市と岩国市、さらに左翼の多い三多摩地区の八王子市でSEALDsの推す候補がことごとく敗北したことは日本の安全保障について真剣に考えて投票した

宜野湾市

岩国市

八王子市民の良識の勝利です!



私がたびたび
我々は多くの祖先の血で築き上げた日本を守り抜くぞ!

現行憲法破棄&自主憲法制定、自衛隊の国軍への改組、スパイ防止法制定等の政策を執行し戦後レジームを一掃するぞ!

勇気を持って不正、不公正、外国からの侵略に立ち向かわせるぞ!

と書けば、

売上ブースター作動?! 「『あの武闘派集団"SEALz"を瞬殺っ』はヘイト」 by しばき隊界隈

当該のコマは"判事"なるコードネームの棟耶(とうや)立会人が自身の仕切る勝負で負けをチャラにしようとした武闘派集団"SEALz"を瞬殺するシーンです。

 
(中略)

普通は「武闘派集団」「SEALz」という言葉から米海軍の特殊部隊・SEALsを連想するものですが、きっと彼らの心の中にやましい気持ちがあって「しーるず」が「判事」にフルボッコにされるシーンを見てファビョったのでしょう。


(中略)

そう、彼らは法廷に立たされ、裁きを受けることを何よりも恐れているのです。

(中略)

国内外の反日勢力どもよ、

(中略)


Terminator 2: Judgment Day - Official Trailer [1991]
https://www.youtube.com/watch?v=eajuMYNYtuY


審判の始まりだ!


法廷と歴史の裁きを恐れよ!



と書けばSEALDsが法廷と歴史の裁きを受ける以前に三市民による選挙の洗礼を受け、人間としての力、「器」が裁かれる
「器」が裁かれる








私の言葉は重すぎる。
私の言葉は重すぎる






だからこそあえて書こう。
国民は国難に立ち向かう気迫を持て!

国民・国益を守る議員を当選させろ!

民主党、共産党、社民党、公明党、その他地域政党に紛れ込んでいるこれらの党の議員を国会を含むあらゆる議会から一掃するぞ!

不正な手段で日本に入国し、戦前からいたと詐称して特別永住者となった在日韓国・朝鮮人から特別永住資格を剥奪するぞ!

入管特例法を廃止に追い込むぞ!

反日国家・反日外国人には強硬な姿勢で臨み、譲歩しないぞ!

反日外国人・犯罪外国人を日本から追放するぞ!

反日教師を教育現場から追放するぞ!

反日マスコミから事業許可を剥奪するぞ!

社会主義=共産主義者を日本国内から一掃するぞ!

在日韓国・朝鮮人ならびに共産党、旧社会党支持者は戦後から今日にいたるまでに日本で行った犯罪を謝罪しろ!

共産党、社民党、民主党支持者は日本国籍ならびに保有する全財産を返上して心の祖国、シナ、北朝鮮に帰れ!

韓国民団と朝鮮総連は在日韓国・朝鮮人からなる「自由北朝鮮軍」を編成し、北朝鮮人民を金一族の圧政から解放するために北朝鮮に攻め込め!

韓国民団と朝鮮総連は「北朝鮮開拓団」を編成し、荒れ果てた北朝鮮の国土再建のために全ての在日韓国・朝鮮人を連れて行け!

我々は多くの祖先の血で築き上げた日本を守り抜くぞ!

日本の栄光ある歴史を語り継ぐぞ!

我々は売国の「二百三高地」、全国の朝鮮学校、朝鮮総連、韓国民団の敷地を奪還するぞ!

現行憲法破棄&自主憲法制定、自衛隊の国軍への改組、スパイ防止法制定等の政策を執行し戦後レジームを一掃するぞ!

国民に希望を持たせるぞ!

誇りを持たせるぞ!

人間と社会の本質、主権者としての心構えを知らせるぞ!

勇気を持って不正、不公正、外国からの侵略に立ち向かわせるぞ!

我々憂国派は人を人とも思わない、法を法とも思わない、国を国とも思わない、人としての良心をかけらも持ち合わせていない野獣のような鬼畜・外道の類、犯罪特亜人とテロリストどもを日本国外へ追放するぞ!


しかも彼らが宜野湾市長選では彼らが「投票率75%目指す。それくらいないと民主的正当性ない。
」といった投票率に前回よりも近づいているため、
沖縄タイムスプラス/宜野湾市長選:最終投票率は68.72% 前回を4.82ポイント上回る
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=151148
<引用は省略します>


最早言い逃れはできません。

そう、昨日の市長選が行われた三市を含む日本全国民の民意は彼らの指し示す方向には向いていないのです。

今回の選挙結果は三市を含む日本全国民もさることながら三多摩地区で生まれ育ち、幕末の京の治安を守るために愛刀「長曽祢虎徹」を引っ提げた近藤勇、愛刀「和泉守兼定」を引っ提げた土方歳三、愛刀「菊一文字則宗」を引っ提げた沖田総司ら新選組もきっと喜んでいることでしょう。
日本刀





国内外の反日勢力どもよ、
ジャッジメントですの













Terminator 2: Judgment Day - Official Trailer [1991]
https://www.youtube.com/watch?v=eajuMYNYtuY


審判の始まりだ!


法廷と歴史の裁き、そして

国民の怒りを恐れよ!





posted by 神功正毅 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする