2016年12月29日

「在日特権を廃止せよ!国民大行進」のお知らせ 第一報

在日特権を廃止せよ!国民大行進【東京支部】

特別永住資格、通名制度、福祉給付金制度など、
現在の日本社会には数多くの在日特権が存在します。
主に在日韓国朝鮮人が享受しているこれら特権が存在するおかげで、
日本人の税金が無駄に使われ、彼らの犯罪行為を助長させてしまっているのです。
不良外国人に物申せば差別だと批判されますが、差別しているのは在日特権を求める
反日勢力と、その圧力に屈する政治家と役人ではないでしょうか?
在特会は犯罪の温床であり民族差別の温床でもある在日特権廃止を訴えデモ行進を行います。

【日時】
1月8日 15時集合 15時30分出発

【場所】
常盤公園
(東京都中央区日本橋本石町4-4-3)
http://bit.ly/2hsMFQR

【主催】
在日特権を許さない市民の会東京支部

【生放送URL】
未定

【現場責任者】
道添隆寛 (在特会副会長)

【注意】
・日章旗、旭日旗、Z旗の持ち込み大歓迎!
・活動の趣は旨に沿ったプラカードの持ち込み歓迎です!
・チマチョゴリなど日本にそぐわない服装はご遠慮ください。
・また危険物の持込は厳禁とします。
posted by 神功正毅 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

日本国民の良識の勝利!非ヘイトのガイドライン 〜「桜井誠はヘイトスピーチをしていない!」 by 法務省

反日ハンター・神功正毅です。

ぱんぱかぱーん!(愛宕/艦隊これくしょん)

愛宕












【MAD】パンパカパーンの系譜
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26440517



愛宕「ぱんぱかぱーん!ぱぱぱぱぱぱんぱかぱぱぱぱぱぱぱぱぱ(ry
https://www.youtube.com/watch?v=h1KuGtf5mF4





この年の瀬にうれしい知らせが飛び込んできました。
民団から申し立てられていた人権侵害の件で法務局から当会前会長・桜井誠に「人権侵害の事実無し」との連絡がありました。
Twitter/桜井誠
https://twitter.com/Doronpa01/status/813654249234010112
<引用開始>
民団から申し立てられていた人権侵害の件で法務局から連絡がありました。「人権侵害の事実無し」とのこと。民団団長呉公太の申し立ては却下されました。この件でヘイトスピーチだ何だと騒いでいた朝日新聞は直ちに桜井に対して謝罪記事を出すべきです。朝日新聞の人権侵害を許さないぞ!くたばれパヨク
<引用終了>



これが何を意味するのか?
桜井誠の言動に「人権侵害の事実無し」と法務省が認めたです。

これは取りも直さず

桜井誠はヘイトスピーチをしていない!

と法務省からお墨付きを与えられたも同然であり、法務省が彼の今までの言動まではOKと非ヘイトのガイドラインを作成したも同然です。

この法務省による民団団長・呉公太の申し立て却下はヘイトスピーチ規制法制定後も言論弾圧を許さず、言論・表現の自由を守るために抗議の声を上げ続けた

日本国民の良識の勝利です!


私が
八木体制への挑戦状11 〜「民団創立70周年の時にヘイトスピーチを根絶しなければならない」 by 民団

このような民団による日本人の言論・表現の自由を弾圧宣言を目の当たりにして
君はどうする? 君はどうするか 君は?


蹂躙されて 黙っているか?


悪魔の前に 跪くのか?


スーパーロボット・マッハバロン OPフル 2008GRAM MIX
https://www.youtube.com/watch?v=JzQ7Uins0WY

冗談ではない!



俺は・・・嫌だね



嫌です このクソ虫がっ

これはゾンビですか? いえ、クソ虫です
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14068145




国民よ、民団の日本人の言論・表現の自由を弾圧宣言に対して

なめたマネしやがって(風間巌/兎〜野性の闘牌/伊藤誠)



ふざけた真似を!



と怒れ!

(画像と動画プレイヤーは省略します。)

と書けば当会前会長・桜井誠に対する民団の訴えが法務省に却下される。
私の言葉は重すぎる。

私の言葉は重すぎる






だからこそあえて書こう。
国民は国難に立ち向かう気迫を持て!

国民・国益を守る議員を当選させろ!

民進党、共産党、社民党、公明党、その他地域政党に紛れ込んでいるこれらの党の議員を国会を含むあらゆる議会から一掃するぞ!

不正な手段で日本に入国し、戦前からいたと詐称して特別永住者となった在日韓国・朝鮮人から特別永住資格を剥奪するぞ!

入管特例法を廃止に追い込むぞ!

反日国家・反日外国人には強硬な姿勢で臨み、譲歩しないぞ!

反日外国人・犯罪外国人を日本から追放するぞ!

反日教師を教育現場から追放するぞ!

反日マスコミから事業許可を剥奪するぞ!

社会主義=共産主義者を日本国内から一掃するぞ!

在日韓国・朝鮮人ならびに共産党、旧社会党支持者は戦後から今日にいたるまでに日本で行った犯罪を謝罪しろ!

共産党、社民党、民主党支持者は日本国籍ならびに保有する全財産を返上して心の祖国、シナ、北朝鮮に帰れ!

韓国民団と朝鮮総連は在日韓国・朝鮮人からなる「自由北朝鮮軍」を編成し、北朝鮮人民を金一族の圧政から解放するために北朝鮮に攻め込め!

韓国民団と朝鮮総連は「北朝鮮開拓団」を編成し、荒れ果てた北朝鮮の国土再建のために全ての在日韓国・朝鮮人を連れて行け!

我々は多くの祖先の血で築き上げた日本を守り抜くぞ!

日本の栄光ある歴史を語り継ぐぞ!

我々は売国の「二百三高地」、全国の朝鮮学校、朝鮮総連、韓国民団の敷地を奪還するぞ!

現行憲法破棄&自主憲法制定、自衛隊の国軍への改組、スパイ防止法制定等の政策を執行し戦後レジームを一掃するぞ!

国民に希望を持たせるぞ!

誇りを持たせるぞ!

人間と社会の本質、主権者としての心構えを知らせるぞ!

勇気を持って不正、不公正、外国からの侵略に立ち向かわせるぞ!

我々憂国派は人を人とも思わない、法を法とも思わない、国を国とも思わない、人としての良心をかけらも持ち合わせていない野獣のような鬼畜・外道の類、犯罪特亜人とテロリストどもを日本国外へ追放するぞ!


国民よ、法務省作成の「非ヘイトのガイドライン」を学べ!
You Tube/桜井誠
https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%A1%9C%E4%BA%95%E8%AA%A0


ニコニコ動画/同
http://www.nicovideo.jp/search/%E6%A1%9C%E4%BA%95%E8%AA%A0



そして、それを順守して左右・国籍に関わらず国民の自由と権利を抑圧する輩どもに対して
レイシストしばき隊の9cmマーク













拳を突き上げ、高らかに怒りの声を上げよ!



posted by 神功正毅 at 19:37| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

クリスマスは祝うべきか否か

 本題に入る前に、12月の活動の報告をします。株式会社ユーキャンが主催する流行語大賞において「日本死ね」というヘイトスピーチが入賞した事を受け、12月15日の午後に東京法務局に行きまして人権侵害救済の申し立てを行ってきました。法務省は、6月3日のヘイトスピーチ対策法施行のわずか2日後に私達の協力団体が主催する川崎でのデモ行進を、省をあげて実力行使により中止に追い込んだ実績があるのだから、当然、同じ事をユーキャンに対してもやってくれるだろうと期待しておりましたが、全く対応する気が見られなかったため、12月20日に法務省前で抗議街宣を行いました。その時、郵送により提出した抗議文をこの記事の最後に記します。


 本題のクリスマスの件ですが、祝うべきでないとか祝うべきとか様々な意見があると思います。私はキリスト教徒ではありませんので、宗教の形式に則った祝い方をしたいとは思いません。ただ、この日に祝うべきかどうかと問われたら、祝うべきだと考えております。その根拠というのが新嘗祭の元々の日がだいたいこの時期になるから、クリスマス同様においしい物を食べて祝った方が良いと考えています。新嘗祭が行われていたのは太陰太陽暦で11月の二回目の卯の日、ちなみに今年は12月11日がそこにあたります。そのルールに基づけば、だいたい冬至の辺りが新嘗祭の日となり、クリスマスと重なる事もあります。クリスマス粉砕なんてやっている勢力というのは、私生活が荒んでいる人が多いので、ああいう人達にはなりたくないものです。私にとって今年のクリスマスはほのぼのとするような事件があり、楽しく過せました。事件ですが、昨日、朝日新聞から勧誘の電話がかかってきました。あまりに熱心に長時間にわたって朝日新聞の購読を薦めるので、「それはテロリズムですか?」と尋ねてあげました。そうしたら急に相手が怒り出して電話を切られてしまいました。真剣に朝日新聞をアピールしていた社員らしき人との会話は、本当に面白かったです。皆さんも言論活動の名を借りたテロ行為にご注意下さい。


 さて、今年もあとわずかになりました。皆様にとっては良い年でしたでしょうか? 我々としては、ヘイトスピーチ対策法がろくに審議もせずに可決されてしまい、その影響でさらにひどいヘイトスピーチを受ける結果にもなりました。ユーキャンの流行語大賞がそれに該当すると思います。一方で、反日左翼にとってみて、もっと悪い年になったのではないかと思います。十三ベース事件が公の知るところとなり、沖縄では自称暴力団傘下の伊藤連合男組のトップが逮捕され、本当に笑わせてもらいました。来る年が愛国者の皆様にとって良い年になり、反日左翼にとってもっと悪い年になりますように心からお祈り申し上げます。



抗議文
法務大臣 金田勝年 殿
 本年12月1日に株式会社ユーキャンが主催する流行語大賞において「日本死ね」という言葉が入賞した。これは明らかに外国人を含む日本国在住者に対するヘイトスピーチであるが、それに対して何も対処をしない法務省に抗議する。
 我々、在日特権を許さない市民の会(以下、「在特会」という)は上記のヘイトスピーチ被害を受け、生存権が脅かされているこの現実を打開するために12月15日に東京法務局へ人権侵害救済の申し立てを行った。それから2日以上経つが、ユーキャンは未だに営業活動を行っている。在特会の協力団体は、貴省から何の根拠もなく差別主義者認定されてしまい、6月3日のヘイトスピーチ対策法が施行されてから僅か2日後に貴省が主導した実力行使で活動を中止させられ、未だに事実上の活動停止状態が続いている。本来、中立かつ公平であるべき法務省であるのに、結果を見れば明らかにフェアな取り扱いをしていない。
 我々は何も完全な中立を求めているのではない。在特会の協力団体に対してヘイトスピーチ対策法施行以前の言動を無理矢理切り貼りして都合好く差別発言に仕立て上げ、ヘイトスピーチ対策法に基づく勧告を実施したが、我々はそのような文明国にあるまじき法の不遡及を無視した違法行為を貴省に求めているのではない。「ヘイトスピーチを許さない」の看板を取り付けたトラックでユーキャンを取り囲むとか、法務省の職員が総出でユーキャンの職員を個別で呼び出し、弁護士の立会いすら許さない個室で永遠と説教するとか、我々の仲間にやった事と同じ手段でせめて半年以上、株式会社ユーキャンの営業活動を自ら停止させるように仕向ける事くらいできるはずである。そういう結果が伴っていないから中立でないと判断するのである。
 いわゆる流行語を引用するならば、我々の要求は「ユーキャンも法務省も死ね」である。そうでなくても、中立性や公平・公正な対処をする意思の無い法務省人権擁護局の職員は日本国憲法第15条に基づいて罷免されるべきである。代わりなら我々がいる。在特会なら今の法務省職員よりはまともな仕事をすることができる。検討願いたい。
在日特権を許さない市民の会
会長 八木康洋
以上


平成28年12月25日
在日特権を許さない市民の会
会長 八木康洋


posted by 神功正毅 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする