2016年12月01日

しばき隊リンチ事件、ネットに疎遠そうな人々にも浸透す

反日ハンター・神功正毅です。
真偽のほどは定かではありませんが、喫茶店にいたおじさんとかおばさんたちがしばき隊のリンチ事件の話をしていたそうです。
Twitter/ぼんくら地蔵
https://twitter.com/aho_de_show/status/800196776259031040
<引用開始>
しばき隊のリンチ事件の話を喫茶店にいたおっさんとかおばはんらが話しとった。とりあえずしばき隊は左翼が雇った暴力団、黒幕は有田芳生氏と捉えてたけれど、ツイッターの噂話がネットに疎遠そうな人らに届いてるのは驚いた。
<引用終了>


しかも、しばき隊の連中はヤカラ・ゴロ巻き・イヤキチをして市民に嫌われ、孤立していったのではなく元から孤立していたようです。
同/同
https://twitter.com/aho_de_show/status/800197752340631552
<引用開始>
そもそもやけど、しばき隊界隈とか方面とか、そこらへんの人らのやってる事は好意的に思われとらんみたい。一人のおばはんはR氏の事を知ってるみたいでなかなかおもろかった。大阪のあのグループは孤立してってるんじゃなく元々孤立してたみたい。要は独りよがりと飯の種みたいな。
<引用終了>



もちろん皆さんには彼らが現れた直後から連中より在特会を支持する声が圧倒的であることは知っておられたでしょうが、

在特会としばき隊、どちらを支持しますか?


しばき隊が孤立してってるんじゃなく元々孤立してたこと、我々一般市民の想像を絶するおぞましき彼らの内面がマスコミや週刊誌を情報源とし、ネットに疎遠そうな人らにすら届いて喫茶店で堂々と話せる。

いい時代になったものだ!

いい時代になったものだ










アメリカでトランプ氏が大統領選で勝利し、極右候補がオーストリア大統領選で有力との情勢が報じられるなど世界中で極右勢力が支持を集めるご時世に元々から孤立して全く支持を得られないしばき隊という反日極左愚連隊が保守派に対してヤカラ・ゴロ巻き・イヤキチをかまし、仲間にすら60発に及ぶ殴打を浴びせるリンチ事件を起こすようでは市井の者はもとより仲間からすら見放されてかつての連合赤軍のように主要メンバーが逮捕・収監されて消滅し、構成員は勤め先から解雇され、あるいは事業が破産することでしょう。
野間の理想など
同/野間易通
https://twitter.com/kdxn/status/803613230895505410
<引用開始>
ネトウヨは会社にバレたらクビになり、カウンターは上司に褒められるというのが当たり前の状態なわけで、少しずつそちらに近づけていきましょう。
<引用終了>


「浪速のことは夢のまた夢」(豊臣秀吉)に過ぎません。


しばき隊の構成員どもよ、お前らへの批判はデジタルディバイドを超えた国民全体が共有している。
今からでも遅くありません。
C.R.A.C=しばき隊の構成員らには在特会に逆らうふとどきな愚挙を思い知り、
このオレに逆らうふとどきな愚挙を思い知れ!!




















豊臣家に殉じた真田幸村気取りの特亜の工作機関への忠誠心を捨てて久保田”ぱよぱよちーん”直己やbcxxx、坂本秀樹、元鹿砦社社員F(実名は「反差別と暴力の正体」に載っています)がたどった末路を教訓として反日活動を止めてもらいたいものです。


あと、「しばき隊リンチ事件」に関する民事訴訟(vs李信恵ら5名)は被告らの自分たちの醜い正体を知られたくないという思い(?)が認められて弁論準備という非公開の場で審理が進められるようだが、
2ちゃんねるSC/【現C.R.A.C】しばき隊リンチ事件【山岳ベース】347レス目以降
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/sisou/1463792458/347-
<引用開始>
347 :右や左の名無し様:2016/11/28(月) 15:21:18.00 ID:cGsfQ5iOm[2/5]
>>346
ヲ茶会 –  ‏@wochakai
大阪地裁810号法廷
事件番号 平成28年(ワ)第6564号
事件名  損害賠償請求
担当 第3民事部合議1係
裁判長 長谷部幸弥
裁判官 玉野勝則
裁判官 牧野 賢
書記官 中村晋也
17:06 - 2016年11月27日
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803042334296289280
開廷約10分前。既に被告席には被告側代理人の3名が集まりそのうちの誰かが「初めまして」と挨拶を交わす。
おそらく被告側の弁護士たちは事前に電話などで協議をしていたはずであるが現実で顔を合わせるのは初めての模様。
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803082198274318336
被告本人は伊藤大介氏のみが出廷。
伊藤氏はベージュのツィードのジャケットをバリッと着て格好良く登場!
(この記述は伊藤氏本人からのリクエストにつきそのように記述(笑))
その隣には伊藤氏と李信恵氏の代理人である神原元弁護士が。
そして最後にそこへヨン様の代理人である原田學植が加わる。
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803084282172305408
原告側席には原告の主水氏本人と大川・橋本の両弁護士がいつものように全員ダークスーツをまとい着席。
そして裁判の模様をメモするオレの真後ろの傍聴席には公安さんらしきが1名陣取る(涙目w)
因みに今回の傍聴者は最終的にオレを含め17名。またカウンターからはオレの知っている顔が2名ほど。
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803086294964277252
法廷内には制服を着た男性裁判所職員が複数名配置された所謂、警備法廷。
開廷時刻の11時になっても裁判長らが入廷せず書記官が呼びに行ったとほぼ同時くらいに裁判長らが入廷。
法廷の全員が起立、一礼、そして着席。予定より少し遅れて裁判が始まる。
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803088150083948544

348 :右や左の名無し様:2016/11/28(月) 15:21:58.41 ID:cGsfQ5iOm[3/5]
>>547
書記官が事件番号を読み上げる。裁判長「始めます。原告は請求の趣旨、陳述云々。」
続けて裁判長が被告側代理人に書証の符号について確認。
準備書面二号証、2ページ目の11行について云々。次に原告側代理人が書証、証拠説明書の引用について云々。
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803090633875259392
裁判長が書証の誤記について指摘・確認し被告側代理人の一人が返答。
裁判長がエルネスト金氏の準備書面の4ページ4行目の被告と原告の主体が入れ替わって誤記になっている部分について確認。
更に裁判長が「ヨン様は反訴状云々。」続けて裁判長が書証について確認をした際に書記官が裁判長に何か指摘。
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803092970882801664
裁判長が原告側代理人に甲1までの書証を確認。
更に裁判長が甲号証1〜10まで、診断書などについて云々。丁号証1〜36について云々。
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803094399739523073
裁判長「形式的なところで書証の符号は確認済み。」
どうやら被告の李信恵氏、伊藤大介氏、エルネスト金氏、凡氏、ヨン様氏の符号についての確認の模様。
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803095109147295744
裁判長「11322号反訴は第一反訴、11469号反訴は第二反訴。」
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803095729581346816
神原弁護士「威圧と幇助は別云々。」
「証拠の事件当日の音声についてはオリジナルを提出するのか?コピーとの違いは?」
「丁の3、2014年12月23日の原告へのコリアNGOの聞き取りについての記載については間違いないか云々。」
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803099277706727428
神原弁護士「聞き取りでの原告の発言内容は間違いないか?」
原告側代理人の大川弁護士「事件当日の音声データは書証に云々。」
裁判長「違いがあればそこを分かるように記載にして下さい。」
原告主水氏「丁4の私の発言は間違いない。」
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803107940005605377

349 :右や左の名無し様:2016/11/28(月) 15:23:46.95 ID:cGsfQ5iOm[4/5]
>>347,348
大川弁護士「反訳の文書が云々。」
裁判長「大きな間違いがないのであれば云々。」
神原弁護士「文書で出す。直ぐに出す。書証はいらない。」と、裁判長とやり取り。
裁判長が大川弁護士に原告側の主張を確認。
大川弁護士「被告側のはんに対する書証、陳述扱いについて云々。」
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803109729929084929
さて、ここからの原告側代理人の大川弁護士と被告側代理人の神原弁護士との応酬が本日のハイライトになります。
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803110469854605312
裁判長「被告は非公開での電話会議を希望していますが?」
大川弁護士「原告はあくまで公開での口頭弁論を希望する。裁判所にはそうお願いしたい。これは原告の権利。」
神原弁護士「権利ということであればこちらにもある。」
それに対して大川弁護士が更に公開での口頭弁論を主張する。
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803111738849624064
裁判長「電話会議で進め必要に応じて口頭弁論ではどうか?」
神原弁護士「先ほどのこちらの質問に対して直ちに口頭で答えられないのであれば口頭弁論でやる必要はない。」と、激しく主張。それに対して大川弁護士が公開での口頭弁論を希望することを重ねて主張。双方の激しい応酬が続く。
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803113234181935108
大川弁護士「この裁判の傍聴にはこれだけの方々来て応援してくれているので口頭弁論でお願いしたい。」
裁判長「応援は裁判の本旨ではない。」
神原弁護士「伊藤、ヨン様の両被告は関東から来ることもあり期日にも遅れが生じる。」
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803115055747244032
凡氏の弁護士(?)「原告の主張は弱いので本来ならこちらがそれに応じる必要もない。」
裁判長が原告側代理人に被告側代理人の主張を確認し次回は弁論準備で行うことが決まる。
エルネスト金氏の弁護士「エルネスト金被告は共同正犯は成立しない。弁論準備にして欲しいと希望している。」
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803116389561049088

350 :右や左の名無し様:2016/11/28(月) 15:25:11.27 ID:cGsfQ5iOm[5/5]
>>349

これらのやり取りがなされ約30分程で今回の主水裁判が終わる。
という訳で此度の傍聴報告は以上です。
あとご確認やご質問などあればまた手の空いたときに可能な範囲でお答えします。
それではそろそろ恒例の徘徊をしたいので暫し解脱させて下さい。
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803117532856991744

次回は2017年1月23日午前11時
弁論準備で行われるとのこと。
つまり非公開なので傍聴はありません。
取り急ぎご報告まで。
https://mobile.twitter.com/wochakai/status/803066022190120960
<引用終了>

裁判は原則公開が基本で記録は自由に閲覧でき、先にも書いたとおり、彼らへの批判はデジタルディバイドを超えた国民全体が共有している。

李信恵ら5名の被告どもよ、彼我の主張を堂々と開陳して世間に信を問い、悪あがきはやめてリンチ事件を真摯に反省し、判決を重く受け止めよ!

(「しばき隊リンチ事件」に関する民事訴訟(vs李信恵ら5名)については公開の口頭弁論の日程が決まり次第カウントダウンを行います)


posted by 神功正毅 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする