2017年01月10日

女房を殺すのは道具でも技術でもない♪ 〜講談社編集部次長・朴鐘顕、妻の殺害容疑で逮捕さる

反日ハンター・神功正毅です。
講談社「モーニング」編集部編集次長、朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者が妻の殺害容疑で逮捕されたそうです。
産経ニュース/講談社「モーニング」の敏腕編集者 妻の殺害容疑で逮捕
http://www.sankei.com/affairs/news/170110/afr1701100010-n1.html
<引用開始>
 東京都文京区の自宅で昨年8月、首を絞め妻を殺害したとして、警視庁捜査1課は10日、殺人容疑で、講談社「モーニング」編集部編集次長、朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)=韓国籍=を逮捕した。関係者によると、朴容疑者はかつて、漫画「進撃の巨人」などのヒット作を生み出した「別冊少年マガジン」の創刊にたずさわったという。

 捜査関係者によると、昨年8月9日未明、同区千駄木の自宅内で、妻=当時(38)=の首を圧迫して殺した疑いが持たれている。

 事件当時、自宅にいた朴容疑者が「妻が倒れた」と119番通報した。警視庁駒込署員が駆けつけたとき、妻は階段下にあおむけで倒れており、病院に運ばれたがまもなく死亡した。おでこには軽い切り傷があるだけで、致命傷となるような目立った外傷はなかったが、司法解剖の結果、頸部圧迫による窒息死と判明した。

朴容疑者は妻と子供4人の6人暮らし。当初は、妻の死について「階段から落ちた」と話していたが、その後「階段の手すりで首をつって自殺した」と説明が一変。周囲に転落を示す形跡がないこと、自殺には無理のある状況だったことから、警視庁が捜査を進めていた。

 朴容疑者は平成11年に講談社入社後、21年に「別冊少年マガジン」の創刊にたずさわった。昨年6月からモーニング編集部に異動していた。
<引用終了>


朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者が妻を殺害するのに得物を使わず素手で絞殺したため、「九条××」とタイトルに付けませんでしたが、愛し合って結ばれたはずの妻を殺害するなど人種・国籍に関わらず絶対に許されないことです。

ですが、海外では韓国人男性との結婚を禁止する国が数か国あります。
NEWSポストセブン/韓国人男性との結婚 ベトナムやキルギスで禁止の方針が浮上
http://www.news-postseven.com/archives/20140726_265595.html
<引用は省略します>


日本もこれらの国を見習って彼らに対処する方法を学ばなければなりません。

[韓国人必見!! 日本人に反省を迫る中国人!! ]
 中国人から日本人に忠告します。
「韓国人は犬だと思って付き合いなさい」。それが韓国人のためでもあります。 
謝ってはいけません。
筋の通らない理屈を言ったら、100倍制裁をしなさい。
感謝の気持ちは、王が家来に褒美を与える様に接しなさい。
正論や理屈は意味がありません。強制と命令で動かしなさい。
裏切りにたいして、温情は絶対にいけません。
実行できない無理な命令を出して、出来ない事を責め続けなさい。


[米軍による韓国兵の扱いマニュアル]
1.韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。
2.命令を聞かない場合は身体で解らせろ。
3.同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ。
4.理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。
5.身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。
  但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。
6.相手を3才児と思い、信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな。


[併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達]
一、朝鮮人には対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心掛けること。
一、朝鮮人には絶対に謝罪してはならない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。
一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い、決して情を移さぬこと。
一、裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖あり。
一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること実に多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える傾向あり、重々注意せよ。
一、朝鮮人は虚言を弄する習癖を持っているので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。
一、朝鮮人と商取引を行う際には、正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。
一、盗癖があるので、金品貴重品は決して管理させてはならない。
一、職務怠慢、手抜きは日常茶飯事であるので、重要な職務は決して任せてはいけない。食品調理、精密機械の製作等は決してやらせぬこと。
一、遵法精神がなく規則軽視、法規無視は日常の事である。些細な法規違反でも見逃さず取り締まること。
一、朝鮮人には日常的に叱責の態度で接すること。勝利感を持つと傲岸不遜となるので決して賞賛せぬこと。
一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。
一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みを抱き後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。危険を感じたる場合、即座に通報すること。
一、朝鮮人と会見する場合、相手方より大人数で臨むこと。武術等の心得ある者を最低二名から数名は随伴すべし。婦女子が単身及び少人数で会見することは、強姦及び秘密の暴露を言い立てての脅迫を受け、隷属化を招く危険があるので絶対に避けること。武術心得あるか、大柄強面にして強気なる男子を必ず複数名随伴同席せしむること。
一、争議に際して、弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。権威称号を称する同道者については、関係各所への身元照会を行うこと。
一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。子女の独り歩きは厳に戒めて禁ずべし。交渉に先立ち人質を取る習癖あり。仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出には決して応じてはならない。
一、不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので、関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。
一、不当争議に屈せぬ場合、近隣や職場等周辺に誹謗中傷する例多々あり。 隣人と職場に不審者との係争を周知し、流言蜚語により孤立せらるることなきようにせよ。
一、差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。
一、無理の通らぬ場合には器物を破損し暴れ出す習癖があるから、日本人十名で一名の朝鮮人を包囲し制圧せよ。 
 


これらの韓国人・朝鮮人使役術を熟知することです。



ただし、注意していただきたいのは朴容疑者は「別冊少年マガジン」の創刊にたずさわったというだけで「進撃の巨人」の担当編集ではないということです。
Twitter/荻野純
https://twitter.com/ogino_jun/status/818694800593408001
<引用開始>
「進撃の巨人を手掛けた」とか書いてる記事がある・・・。
立ち上げから進撃を手掛けた担当編集は川窪慎太郎さん!
逮捕されたのは雑誌の元編集長。
手掛けてない。
進撃は関係無い!
今のご時世、「誤解」が一番恐いんだから慎重に報道して!
<引用終了>


「進撃の巨人」の作家・諫山創氏や容疑者以外の講談社の関係者に風評被害が及ばないよう情報は正確に伝えなければなりません。


マスゴミどもよ、
ハートマン軍曹
https://www.youtube.com/watch?v=dxLUtipeke4



Do you maggots understand that?


posted by 神功正毅 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有田芳生ヘイト裁判の第三回口頭弁論まであと1日

反日ハンター・神功正毅です。
有田芳生・参議院議員が桜井誠・日本第一党党首にヘイトスピーチを行った件で桜井誠が彼に損害賠償を提起した裁判の第三回口頭弁論まであと1日となりました。
1月11日(水)15:00から東京地裁429号法廷で開かれるそうです。
Twitcasting/ライブ履歴 (385) ≫ Japanきまぐれ オレンジ☆ラジオ 〜 重なるときは幾重にも重なる物事 〜
http://twitcasting.tv/doronpa01/movie/319279219




桜井誠と有田芳生の法廷闘争、有田への「法律ヤキ入れ」を見たい方は東京地裁へLet's Go!


Bing Map/東京地裁
http://www.bing.com/mapspreview?q=%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%9c%b0%e8%a3%81&mkt=ja&FORM=HDRSC4




国内外の反日勢力どもよ、

ジャッジメントですの













TERMINATOR 2 - New Trailer - Official (2015)
https://www.youtube.com/watch?v=lwSysg9o7wE



審判の時だ!





有田芳生ヘイト裁判の第三回口頭弁論開始まであと


24時間










posted by 神功正毅 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする