2017年01月21日

「竹島問題プチ解説放送」のお知らせ

竹島問題プチ解説放送【埼玉支部】

韓国に不法占拠された竹島と
その韓国に対して毅然とした態度をとれない日本。
未だに続く竹島問題について簡単な解説放送を行います

【日時】
2月16日(木) 21時〜

【生放送】
http://ja.twitcasting.tv/a1a1sar

【解説】
道添隆寛(在特会埼玉支部長)
posted by 神功正毅 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Anarchy in U.S. 〜黒装束の無政府主義者らがワシントンD.Cの店舗を破壊

反日ハンター・神功正毅です。
トランプ米大統領の就任に反対する一派がワシントンD.Cで暴動を起こし、200人以上が逮捕されたそうです。
日経新聞/反トランプデモ、一部が暴徒化 ワシントンで店舗など破壊 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN20H4I_Q7A120C1000000/
<引用開始>
トランプ米大統領の就任式にあわせ首都ワシントンに集結した反トランプ派の一部が20日、前夜に続き暴徒化した。マクドナルド、スターバックス、バンク・オブ・アメリカなどの店舗や高級車の窓ガラスなどを破壊。閉店に追い込んだ。黒装束の社会主義者を標榜するグループの犯行とみられている。

反トランプデモ、一部が暴徒化

 トランプ米大統領の就任式にあわせ首都ワシントンに集結した反トランプ派の一部が20日、暴徒化した。店舗や高級車の窓ガラスなどを破壊、警官隊と衝突した。

 現場では暴徒化したデモ隊の行く手を警官隊が塞ぎ、一人ずつ逮捕していっている。逮捕者は100人近くに上りそうだ。

 黒装束にマスクをしたグループのメンバーは匿名で取材に応じ、破壊活動について「現状維持をぶちこわすための象徴的な行動だった」と説明した。メリーランド州からデモに参加し、破壊行動を目撃した作家のアンディー・ハインツさん(56)は「暴力に賛成はしないが、トランプ政権が関心を払わない最低限の生活保障の必要性に注意を呼びかける過程で勢い余って起きた事故だ」と擁護した。

 警官隊は暴力行為に限って放水や催涙効果のある液体を出す銃などを使いデモ隊を撃退している。

 現場では、デモ隊が警官隊に「市民ではなくレイシストを守っている」などと激しい挑発をみせている一方、暴徒化したのはごく一部にとどまっている。デモ隊の大多数は平和的に行進しており、横を歩く多くのトランプ支持者に攻撃を仕掛ける場面はほとんどみられなかった。デモ隊はパレードへの検問の入り口に大挙して押し寄せトランプ支持者が入りにくくするなど、非暴力の妨害活動を展開している。

 デモの現場はデモ隊からの要請に応じ派遣されたボランティアの弁護士団が警官隊の行動を監視している。蛍光の緑の帽子をかぶり、逮捕者を弁護するときの証拠を集めている。また、警官隊はスマートフォンを持ったデモ参加者や現地にいるメディアから常時撮影されている状態にある。慎重に拘束・逮捕の手続きを進めており、対処に時間がかかっている。
<引用終了>





MBS/全米各地で新大統領への抗議デモ、200人以上逮捕
http://www.mbs.jp/news/national/20170121/00000018.shtml
<引用開始>
 トランプ大統領に抗議するデモが首都ワシントンをはじめ全米各地で相次ぎ、200人以上の逮捕者が出る深刻な事態となっています。 就任演説後、ホワイトハウスへ向かうパレードの中で、車から降り集まった観客に手を降って答えたトランプ大統領。しかし、道路の一方からは大きな抗議の声が聞かれました。

 「(トランプ氏の)大統領就任をアメリカ人として不名誉に恥ずかしく思う」(デモ参加者)
 「敗北感を感じています。アメリカ人として支持してきた価値を剥ぎ取られた思いです」(デモ参加者)

 こうした中、黒装束のグループがワシントンの中心部で店舗の窓ガラスを壊すなど、過激な行動を繰り返しました。

 ワシントンではこうした暴動で217人が逮捕され、警察官6人が軽いけがをしました。また、ニューヨークやサンフランシスコでもデモが相次ぎ、トランプ大統領が誕生しても抗議の動きが全米に広がっています。
<引用終了>



暴動を起こした全身黒づくめの連中は「ブラック・ブロック」と呼ばれ、
Wikipedia/ブラック・ブロック
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF
<抜粋>
ブラック・ブロック(英語: black bloc、黒い塊)は、街頭での抗議行動などにおけるデモンストレーションの戦術の1つで、各参加者が黒色の衣服、帽子、ヘルメット、サングラス、マスクなどを着用して行う。戦闘的無政府主義者の一団。固定的な団体の名称ではなく、デモに黒衣・黒マスクで現れるアナキストや反資本主義運動家などの集団で、暴力的行動を行うことで知られる。


ブラック・ブロック活動を行った団体の例編集

◾Residents Against David Irving(アメリカ)
◾ATTAC(ドイツ)
◾BloccoNero(ブラック・ブロックの意味)(イタリア)
◾無政府主義労働組合(スペイン)
◾レイシストをしばき隊(日本) ‐ 対レイシスト行動集団の前身)
◾Black against Black(日本) ‐ 2010年代に活動している団体。就活ぶっこわせデモの後継団体。
◾2014年4月 ブラジルでのFIFAワールドカップへの抗議行動




国家の秩序を混乱・崩壊に追い込もうとするアナーキストの一団です。
トランプ米大統領の就任に反対する彼らの行動は正しく40年前に流行った"Anarchy In The U.K."
Sex Pistols - Anarchy In The U.K.
https://www.youtube.com/watch?v=xCo3xK8-PWw



ならぬ"Anarchy in U.S."と言うべきでしょう。
そういえば上記Wikiにもセックス・ピストルズ気取りのバカが始めた運動が載っているな。
花電車 ライブ 1988
https://www.youtube.com/watch?v=LLlw-cQy9co




このような国家の秩序を混乱・崩壊に追い込もうとするアナーキストの一団の存在を許し、彼らへの法の執行を緩めればワシントンD.Cで起きた暴動が日本でも再現されることでしょう。
これは「割れ窓理論」からも明らかです。
同/割れ窓理論
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B2%E3%82%8C%E7%AA%93%E7%90%86%E8%AB%96
<引用は省略します>


だから捜査機関よ、ブラック・ブロック活動を行うアナーキスト集団に名を連ねるレイシストをしばき隊、Black against Black、そして彼らと政治信条が近い社会主義者、共産主義者を断固取り締まれ!


posted by 神功正毅 at 18:26| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京新聞の左傾斜復旧?「亡国」への道を歩き始めた韓国から学ぶべき教訓 by 長谷川幸洋

反日ハンター・神功正毅です。
遅まきながらではありますが、嫌韓ムーブメントという名の国民世論の盛り上がりに抗しきれなくなったのか東京新聞・中日新聞も大きく左に傾斜した社風を復旧しようとしているようです。
東京新聞・中日新聞論説副主幹である長谷川幸洋氏が現在の韓国を「「亡国」への道を歩き始めた」などと現場の某記者が見たら絶望のあまり辞表を提出したくなるような記事を書きました。
現代ビジネス/「亡国」への道を歩き始めた韓国から学ぶべき教訓 プライドだけでは国家は生きていけない
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50760
<引用開始>
韓国の迷走が止まらない。朴槿恵大統領が職務停止中であるのに加えて、次期大統領選候補者たちは日本との慰安婦合意見直しを求めている。一方で、中国との関係も悪化し、孤立は深まるばかりだ。そんな韓国に日本は何を学ぶべきか。

日本や中国、ロシアといった大国に囲まれた半島国家の朝鮮は歴史的に、勢いのある隣国に寄り添って生きてきた。中国が権勢を奮っていた時代には中国の冊封国(朝貢国)として生き、日清、日露戦争で日本が清とロシアを破ると日本の統治下に入った。

日本は太平洋戦争に負けて1945年8月、ポツダム宣言を受諾する。すると、米国が北緯38度線以南の南朝鮮を占領したが、3年後の48年8月、米国が主導する国連監視の下で選挙を実施し、現在の韓国(大韓民国)が誕生した。

ソ連が占領していた38度線以北の北朝鮮は韓国が独立した翌月の45年9月、朝鮮人民主主義人民共和国(北朝鮮)として独立した。以降の朝鮮半島はご承知のとおり、南の韓国と北朝鮮に分断され、現在に至っている。

南も北もそれぞれ独立国家だが、北朝鮮はロシアと中国の影響下にある一方、韓国も中国や米国、あるいは日本の影響も受けている。こう書くと、反日団体は「日本の影響を受けているとは何事だ!」と憤るかもしれない。


だが、たとえば一昨年の慰安婦問題をめぐる日韓合意に至る経緯を振り返ってみても、それがうかがえる。合意には日韓双方から「結ぶべきではなかった」という批判が出た。とはいえ、政府レベルでは「それが日韓両国にプラス」という判断があったからこそ実現した。

当時の情勢を大局的に眺めれば、私は日韓合意を求めたのは韓国側であり、日本はどちらかといえば、韓国の希望を受け入れた側とみている。なぜ、そう言えるのか。

それまで朴政権は親中国の立場に立っていた。当時の朴大統領と習近平国家主席の蜜月ぶりは、いまさら指摘するまでもない。韓国にとって中国は最大の貿易相手国である。中国にとっても、いつか朝鮮半島が統一されたときを考えれば、北朝鮮よりも韓国こそが半島全体の利権を獲得するための大事なパートナーだった。

ところが2014年夏、中国で不動産バブルが弾け、次いで15年6月には上海の株式市場が大暴落してしまう。一方、北朝鮮の核開発は急ピッチで進んだ。そんな情勢下、韓国は経済的にも安全保障上の理由からも、親中路線を見直さざるを得なくなった。

そんな経緯を経て、日本との間で結ばれたのが同年12月の慰安婦合意だったのだ。折しも、北朝鮮は翌16年1月に4回目の核実験を実施した。韓国とすれば、ギリギリのタイミングで日韓合意が間に合った感じである。

つまり、韓国は経済的に依存していた中国がバブル崩壊し、先行き不安になった。加えて、北朝鮮も核による威嚇を本格化した。このまま中国に頼っていたら共倒れになるか、体よく使い捨てられかねない。そんな状況に陥ってしまった。

そこで親中路線を修正して、日本との和解・協力路線に舵を切った。それによって、日韓和解を求めていた米国とも関係強化を図る。日韓合意へのインセンティブは、現状に危機感を抱き、日米との関係改善に活路を見出そうとした韓国側のほうが強かったのだ。

日本はべつに韓国と和解しなければ、国が危うくなるわけではない。そうは言っても、中国や北朝鮮が日本にとって脅威であるのも間違いないから、韓国が日米の側に近づいてくるなら拒否する理由はない。そういう展開である。

問題は韓国という国の、そんな「立ち居振る舞い」をどう評価するか、だ。
韓国の行動をみて「1人では生きていけない悲しい国」とか「情けない国」と揶揄する声もある。私はそういう声に与しない。ヨソから「情けない」と言われようが「悲しい」と言われようが、それが小国の宿命であるなら、受け入れる以外にない。

私はむしろ、韓国がそれまでの中国依存をばっさり改めて、ドライに日米重視に切り替えた点を高く評価している。「半島の小国として生き残るため、常に周囲を見渡して現実主義(リアリズム)に徹しているのは大したもの」とさえ思う。

プライドばかりを叫んで結果的に自滅するより、はるかに立派ではないか。韓国のしたたかな現実主義に日本はむしろ学ぶべきなのだ。

ところが、である。最近の韓国はリアリズムをすっかり忘れて、いまや亡国への道を歩み始めたように見える。その象徴が慰安婦合意の見直し論だ。

唖然とさせられたのは、国連事務総長まで務めながら大統領候補になったとたんに「日本が(韓国の和解・癒やし財団に)供与した10億円は日本に返すべきだ」と唱えた潘基文氏である。潘氏は合意が結ばれた時点では合意を評価していた。ところが大統領候補になったとたん、票欲しさからだろう、態度を一変させた。

韓国が日本に10億円を突き返すとなったら事実上、合意を破棄したも同然である。そうなったら、日米韓による対中・対北朝鮮政策の連携にも暗雲が垂れ込める。こんな人物が有力与党候補の1人なのだから、あきれてしまう。


中国はどうかといえば、韓国に厳しい目を向けている。対韓制裁ともいえる動きを強めているのだ。

もともと中国は韓国の超高高度防衛ミサイル(THHAD)の配備に反発し、韓国芸能人の広告出演を禁止したり、韓流ドラマの放送を禁止していた。それでも韓国の態度が変わらないとみるや、業を煮やして韓国人観光客向け臨時航空便の運行を認めなかったり、韓国企業に対する嫌がらせともとれる措置を乱発し始めた。

つまり韓国は反日に逆戻りして日本と険悪になったかと思えば、中国とも緊張状態を増している。一言で言えば、東アジアですっかり孤立化しつつあるのだ。これこそが、実は韓国がもっとも避けねばならなかった事態ではないか。

どうやったところで韓国は1人で生きてはいけない。日本もそうだし、実は米国だってそうだ。いわんや韓国においてをや、である。

たとえ「情けない国」と言われようと、周辺の大国との関係を上手にコントロールして生き延びる。それが韓国である。プライドだけでは生きていけない。

だが、いまの韓国は反日を叫ぶあまり、すっかり日本に正体を見破られ、駐韓国大使も一時帰国されてしまった。世界の国もあきれている。日本は大使を急いで戻す必要はない。韓国が正気を取り戻して、事態打開に動くまで日本に留め置くべきだ。

日本が韓国に学ぶべきなのは、ついこの間まで「したたかなリアリズム」だった。残念ながら、いまの韓国から得る教訓は「リアリズムを忘れて感情に走ると何が起きるか」だ。「孤立化」である。韓国を反面教師にしなければならない。

そう指摘したうえで「韓国にリアリズムを忘れさせた勢力はだれか」という点も付け加えよう。中心にいるのは親北左翼である。中国や北朝鮮が日本の平和と繁栄を脅かす現実に目を向けず、空理空論を唱える勢力は日本にもいる。

現実主義を失えば、国を滅ぼしかねない。それが日本にとって、もっとも大事な教訓である。
<引用終了>



同業他社から見て彼のこの記事は

::::::::        ┌─────────────── ┐
::::::::        | 東京新聞がやられたようだな…   │
:::::   ┌───└───────────v───┬┘
:::::   |フフフ…奴は四天王の中でも最弱 …     │
┌──└────────v─┬────────┘
| 世論ごときに負けるとは   │
| 売国地方紙の面汚しよ    │
└────v────────┘
  |ミ,  /  `ヽ /!    ,.──、
  |彡/二Oニニ|ノ    /三三三!,       |!
  `,' \、、_,|/-ャ    ト `=j r=レ     /ミ !彡
T 爪| / / ̄|/´__,ャ  |`三三‐/     |`=、|,='|
/人 ヽ ミ='/|`:::::::/イ__ ト`ー く__,-,  、 _!_ /
/  `ー─'" |_,.イ、 | |/、   Y  /| | | j / ミ`┴'彡\
 沖縄タイムス     琉球新報   神奈川新聞



ですが、今頃しばき隊を称揚する記事を書いていた社内の平均よりさらに大きく左に傾斜した主観を持つ○藤○記者の背筋に悪寒が走ったことでしょう。

ねぇねぇ、論説副主幹が韓国をdisっちゃってるけど
今どんな気持ち?

         ∩___∩                     ∩___∩
    ♪   | ノ ⌒  ⌒ヽハッ    __ _,, -ー ,,    ハッ   / ⌒  ⌒ 丶|
        /  (●)  (●)  ハッ   (/   "つ`..,:  ハッ (●)  (●) 丶     今、どんな気持ち?
        |     ( _●_) ミ    :/ >>000  :::::i:.   ミ (_●_ )    |        ねぇ、どんな気持ち?
  ___ 彡     |∪| ミ    :i        ─::!,,    ミ、 |∪|    、彡____
 ヽ___       ヽノ、`\     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●   / ヽノ     ___/
       /       /ヽ <   r "     .r ミノ~.    〉 /\    丶
       /      /    ̄   :|::|    ::::| :::i ゚。     ̄♪   \    丶
      /     /    ♪    :|::|    ::::| :::|:            \   丶
      (_ ⌒丶...        :` |    ::::| :::|_:           /⌒_)
       | /ヽ }.          :.,'    ::(  :::}            } ヘ /
        し  )).         ::i      `.-‐"             J´((
           ソ  トントン                             ソ  トントン




長谷川幸洋東京新聞・中日新聞論説副主幹が自ら陣頭に立って世論への迎合・・・もとい東京都ならびに東海三県の住民に新聞を買っていただくよう企業努力をしている最中に反国家・反民族・反社会的集団に共感し、彼らを称揚し、会社の看板に泥を塗る記事を書くような輩は出世コースから外れ、最悪の場合、彼の仲間と同様人事部または総務部付という名のリストラ部屋に配置転換され、辞表を書くまで追い詰められることでしょう。


これを機会に東京新聞・中日新聞ならびにその社員らには全社一丸となって
戦艦大和 左に傾斜






社風の左傾斜を復旧し、業績を回復してもらいたいものです。

posted by 神功正毅 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【米新大統領】トランプ大統領就任演説 日本語訳全文

1 :コピペ連投はネットの癌細胞です ★:2017/01/21(土) 06:49:49.63 ID:CAP_USER9.net[1/3]
NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170121/k10010847631000.html
アメリカの第45代大統領にドナルド・トランプ氏が就任しました。以下はトランプ新大統領の就任演説の日本語訳全文です。

ロバーツ最高裁判所長官、カーター元大統領、クリントン元大統領、ブッシュ元大統領、オバマ大統領、そしてアメリカ国民の皆さん、世界の皆さん、ありがとう。私たちアメリカ国民はきょう、アメリカを再建し、国民のための約束を守るための、国家的な努力に加わりました。私たちはともに、アメリカと世界が今後数年間進む道を決めます。
 私たちは課題や困難に直面するでしょう。しかし、私たちはやり遂げます。私たちは4年ごとに、秩序だち、平和的な政権移行のために集結します。私たちは政権移行中の、オバマ大統領、そしてファーストレディーのミシェル夫人からの寛大な支援に感謝します。彼らは本当にすばらしかったです。

しかし、きょうの就任式はとても特別な意味を持ちます。なぜなら、きょう、私たちは単に、1つの政権から次の政権に、あるいは、1つの政党から別の政党に移行するだけでなく、権限を首都ワシントンの政治からアメリカ国民に返すからです。

あまりにも長い間、ワシントンの小さなグループが政府の恩恵にあずかる一方で、アメリカ国民が代償を払ってきました。ワシントンは栄えてきましたが、人々はその富を共有していません。政治家は繁栄してきましたが、仕事はなくなり、工場は閉鎖されてきました。既存の勢力は自分たちを守ってきましたが、国民のことは守ってきませんでした。彼らの勝利は皆さんの勝利ではありませんでした。
 彼らが首都で祝っている一方で、闘っている国中の家族たちを祝うことはほとんどありませんでした。すべてが変わります。いま、ここから始まります。なぜなら、この瞬間は皆さんの瞬間だからです。皆さんのものだからです。ここに集まっている皆さんの、そして、アメリカ国内で演説を見ている皆さんのものだからです。
きょうという日は、皆さんの日です。皆さんへのお祝いです。そして、このアメリカ合衆国は、皆さんの国なのです。本当に大切なことは、どちらの政党が政権を握るかではなく、私たちの政府が国民によって統治されているかどうかということなのです。

 2017年1月20日は、国民が再び国の統治者になった日として記憶されるでしょう。忘れられていた国民は、もう忘れられることはありません。皆があなたたちの声を聞いています。世界がこれまで見たことのない歴史的な運動の一部を担う、数百万もの瞬間に出会うでしょう。
この運動の中心には、重要な信念があります。それは、国は国民のために奉仕するというものです。アメリカ国民は、子どもたちのためにすばらしい学校を、家族のために安全な地域を、そして自分たちのためによい仕事を望んでいます。
これらは、高潔な皆さんが持つ、当然の要求です。しかし、あまりにも多くの国民が、違う現実に直面しています。母親と子どもたちは貧困にあえぎ、国中に、さびついた工場が墓石のように散らばっています。教育は金がかかり、若く輝かしい生徒たちは知識を得られていません。
そして犯罪やギャング、薬物があまりに多くの命を奪い、可能性を奪っています。このアメリカの殺りくは、いま、ここで、終わります。私たちは1つの国であり、彼らの苦痛は私たちの苦痛です。彼らの夢は私たちの夢です。そして、彼らの成功は私たちの成功です。私たちは、1つの心、1つの故郷、そしてひとつの輝かしい運命を共有しています。

きょうの私の宣誓は、すべてのアメリカ国民に対する忠誠の宣誓です。何十年もの間、私たちは、アメリカの産業を犠牲にして、外国の産業を豊かにしてきました。ほかの国の軍隊を支援する一方で、非常に悲しいことに、われわれの軍を犠牲にしました。ほかの国の国境を守る一方で、自分たちの国境を守ることを拒んできました。
そして、何兆ドルも海外で使う一方で、アメリカの産業は荒廃し衰退してきました。私たちが他の国を豊かにする一方で、われわれの国の富と強さ、そして自信は地平線のかなたに消えていきました。取り残される何百万人ものアメリカの労働者のことを考えもせず、1つまた1つと、工場は閉鎖し、この国をあとにしていきました。中間層の富は、彼らの家庭から奪われ、世界中で再分配されてきました。しかし、それは過去のことです。
いま、私たちは未来だけに目を向けています。きょうここに集まった私たちは、新たな命令を発します。すべての都市、すべての外国の首都、そして権力が集まるすべての場所で、知られることになるでしょう。この日以降、新たなビジョンがわれわれの国を統治するでしょう。


 続く


2 :コピペ連投はネットの癌細胞です ★:2017/01/21(土) 06:50:12.67 ID:CAP_USER9.net[2/3]
>>1
この瞬間から、アメリカ第一となります。貿易、税、移民、外交問題に関するすべての決断は、アメリカの労働者とアメリカの家族を利するために下されます。ほかの国々が、われわれの製品を作り、われわれの企業を奪い取り、われわれの雇用を破壊するという略奪から、われわれの国を守らなければなりません。わたしは全力で皆さんのために戦います。何があっても皆さんを失望させません。
アメリカは再び勝ち始めるでしょう、かつて無いほど勝つでしょう。私たちは雇用を取り戻します。私たちは国境を取り戻します。私たちは富を取り戻します。そして、私たちの夢を取り戻します。

 私たちは、新しい道、高速道路、橋、空港、トンネル、そして鉄道を、このすばらしい国の至る所につくるでしょう。私たちは、人々を生活保護から切り離し、再び仕事につかせるでしょう。アメリカ人の手によって、アメリカの労働者によって、われわれの国を再建します。私たちは2つの簡単なルールを守ります。アメリカのものを買い、アメリカ人を雇用します。私たちは、世界の国々に、友情と親善を求めるでしょう。
しかし、そうしながらも、すべての国々に、自分たちの利益を最優先にする権利があることを理解しています。私たちは、自分の生き方を他の人たちに押しつけるのではなく、自分たちの生き方が輝くことによって、他の人たちの手本となるようにします。

 私たちは古い同盟関係を強化し、新たな同盟を作ります。そして、文明社会を結束させ、イスラム過激主義を地球から完全に根絶します。私たちの政治の根本にあるのは、アメリカに対する完全な忠誠心です。そして、国への忠誠心を通して、私たちはお互いに対する誠実さを再発見することになります。もし愛国心に心を開けば、偏見が生まれる余地はありません。
 聖書は「神の民が団結して生きていることができたら、どれほどすばらしいことでしょうか」と私たちに伝えています。私たちは心を開いて語り合い、意見が合わないことについては率直に議論をし、しかし、常に団結することを追い求めなければなりません。アメリカが団結すれば、誰も、アメリカが前に進むことを止めることはできないでしょう。そこにおそれがあってはなりません。
 私たちは守られ、そして守られ続けます。私たちは、すばらしい軍隊、そして、法の執行機関で働くすばらしい男性、女性に、守られています。そして最も大切なことですが、私たちは神によって守られています。

 最後に、私たちは大きく考え、大きな夢を見るべきです。アメリカの人々は、努力をしているからこそ、国が存在し続けていけるということを理解しています。私たちは、話すだけで常に不満を述べ、行動を起こさず、問題に対応しようとしない政治家を受け入れる余地はありません。空虚な話をする時間は終わりました。行動を起こすときが来たのです。できないことを話すのはもうやめましょう。
アメリカの心、闘争心、魂を打ち負かすような課題は、存在しません。私たちが失敗することはありません。私たちは再び栄え、繁栄するでしょう。私たちはこの新世紀のはじめに、宇宙の謎を解き明かし、地球を病から解放し、明日のエネルギーや産業、そして技術を、利用しようとしています。新しい国の誇りは私たちの魂を呼び覚まし、新しい視野を与え、分断を癒やすことになるでしょう。私たちの兵士が決して忘れなかった、古くからの知恵を思い起こすときです。
それは私たちが黒い肌であろうと、褐色の肌であろうと、白い肌であろうと、私たちは同じ愛国者の赤い血を流し、偉大な自由を享受し、そして、偉大なアメリカ国旗をたたえるということです。そしてデトロイトの郊外で生まれた子どもたちも、風に吹きさらされたネブラスカで生まれた子どもたちも、同じ夜空を見て、同じ夢で心を満たし、同じ全知全能の創造者によって命を与えられています。
だからこそアメリカ人の皆さん、近い街にいる人も、遠い街にいる人も、小さな村にいる人も、大きな村にいる人も、山から山へ、海から海へと、この言葉を伝えます。あなたたちは二度と無視されることはありません。あなたの声、希望、夢はアメリカの運命を決定づけます。
そしてあなたの勇気、善良さ、愛は私たちの歩む道を導きます。ともに、私たちはアメリカを再び強くします。私たちはアメリカを再び豊かにします。私たちはアメリカを再び誇り高い国にします。私たちはアメリカを再び安全な国にします。そして、ともに、私たちはアメリカを再び偉大にします。ありがとうございます。神の祝福が皆様にありますように。神がアメリカを祝福しますように。

 以上



10 :名無しさん@1周年:2017/01/21(土) 06:54:53.44 ID:GBkJDjME0.net
あとは新自由主義の左翼安倍が消えてくれれば日本も自国第一政策とれるな。




11 :名無しさん@1周年:2017/01/21(土) 06:55:25.16 ID:OLgtIt1g0.net[1/4]
取り残される何百万人ものアメリカの労働者のことを考えもせず、1つまた1つと、工場は閉鎖し、この国をあとにしていきました。中間層の富は、彼らの家庭から奪われ、世界中で再分配されてきました。


まんま日本のことw



21 :名無しさん@1周年:2017/01/21(土) 06:58:43.65 ID:lkc5vpuo0.net
素晴らしいです。
 日本も日本第一主義を掲げる強い指揮者が必要です。
トランプ大統領の言葉はそのまま今の悲惨な日本に当てはまりました。



35 :名無しさん@1周年:2017/01/21(土) 07:01:04.24 ID:0t5qKsIR0.net
>>私たちは古い同盟関係を強化し、新たな同盟を作ります。
これ米韓同盟どうする気なんだろ
今の政権はともかく次の政権候補はサード撤回するつもりらしいけど



43 :名無しさん@1周年:2017/01/21(土) 07:02:49.84 ID:OLgtIt1g0.net[2/4]
米国益にならないことは今後一切しない。
 米国と米国民が再び勝利する。
 米国に神のご加護を。

戦後日本にこれ掲げた首相は今までただの一人もいないし今後も現れまいw




44 :名無しさん@1周年:2017/01/21(土) 07:02:56.37 ID:p0v7RK4B0.net[1/18]
原文
https://www.whitehouse.gov/inaugural-address



52 :名無しさん@1周年:2017/01/21(土) 07:04:15.70 ID:/ajerSXW0.net[2/5]
>>35
韓国はパージされる。つうか中国に乗っ取られた。
 韓国はレッドチーム扱いで間違いなし。
たぶん米国に徹底的に無視される流れになる。



69 :名無しさん@1周年:2017/01/21(土) 07:06:39.20 ID:cO1LKRwq0.net[2/7]
>それは私たちが黒い肌であろうと、褐色の肌であろうと、白い肌であろうと、私たちは同じ愛国者の赤い血を流し、偉大な自由を享受し、そして、偉大なアメリカ国旗をたたえるということです。<

今まで人種差別主義者と偏向報道してきたパヨク系マスコミはここを無視するんだろうな。トランプは国籍主義者であって人種差別主義者では無いってことを。



103 :名無しさん@1周年:2017/01/21(土) 07:10:53.80 ID:sUpIcWRv0.net[4/5]
発展途上国が豊かになってきたお陰で色んな高価なものを
買ってくれるようになったし、日本やアメリカに観光に
来るようになったし正常な発展だと思うけどなあ。
でもまあ中国人に金渡したのは失敗だったかもね、連中は例外に近いわ




104 :名無しさん@1周年:2017/01/21(土) 07:11:13.24 ID:CKzcVC3C0.net
>アメリカの心、闘争心、魂を打ち負かすような課題は、存在しません。

ここだな。
ドナルドトランプにすればこの政権運営は
 いともたやすい。
4年前の安倍ちゃんよりもはるかにね。



123 :名無しさん@1周年:2017/01/21(土) 07:14:50.48 ID:qGgXZDif0.net[1/7]
>そして、何兆ドルも海外で使う一方で、アメリカの産業は荒廃し衰退してきました。

→ 安倍、聞いとるか?



126 :名無しさん@1周年:2017/01/21(土) 07:15:06.64 ID:rtdlRTaJ0.net
ある国の指導者がその国の国益のために働くのは当然だから。

まあ、アジアの某国には国民に犠牲を強いて外国の国益のために働いているとんでもない指導者がいるらしいが。



168 :名無しさん@1周年:2017/01/21(土) 07:21:09.31 ID:+p0wRfow0.net[5/20]
イギリスもアメリカも自国民第一主義になろうというのに
他国に1兆円バラ撒く剛毅な国もあるらしい



182 :名無しさん@1周年:2017/01/21(土) 07:23:08.66 ID:ZmWgjWGs0.net
トランプの爪の垢を煎じて飲め

安倍晋三




引用元:米新大統領】トランプ大統領就任演説 日本語訳全文
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484948989/


posted by 神功正毅 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「街宣in横浜 横浜に博打場はいらない!」のお知らせ

街宣in横浜 横浜に博打場はいらない!【神奈川支部】

【横浜に博打場はいらない!】

横浜市は港町としての歴史が古いだけではなく全国2位の人口をほこる住宅地です。
博打場カジノの予定地周辺は観光地としても人気があり、歴史がある学校や施設もあります。
待機児童ゼロを達成した年度もあり、横浜で子育てをしたいと転入してきたカップルも多い街です。
カジノ予定地周辺をふくめ緑化運動の取り組みとして2009年より、みどり税を住民は負担しています。

このような住宅地や緑化運動への取り組みをふみにじる博打場カジノ誘致は、住環境および自然破壊の推進ほかなりません。

林文子横浜市長および黒岩県知事に博打場誘致の撤回を要求します。


【日時】
1月25日 12時45分集合 13時開始

【場所】
神奈川県 横浜市役所

【生放送】
http://live.nicovideo.jp/gate/lv288082697

【主催】
在日特権を許さない市民の会 神奈川支部

【共催】
在日特権を許さない市民の会 東京支部
さざれ石の会

【現場責任者】
川井誠二郎 (在特会神奈川支部長)


【注意】
・日章旗、旭日旗、Z旗の持ち込み大歓迎!
・活動の趣は旨に沿ったプラカードの持ち込み歓迎です!
・チマチョゴリなど日本にそぐわない服装はご遠慮ください。
・また危険物の持込は厳禁とします。
posted by 神功正毅 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする