2018年01月06日

「皇紀2678年 新年一発目 共産党をぶっ潰せ! デモ in 新宿」のお知らせ

皇紀2678年 新年一発目
共産党をぶっ潰せ! デモ in 新宿


【日時】
平成30年 1月7日 日曜日
15時集合
15時30分出発

【集合場所】
柏木公園(最寄駅:JR新宿駅)

【主催】
共産党撲滅共闘委員会

【代表世話人】
安部健一

【現場責任者】
在特会東京支部長 新妻舞美
ラベル:共産党
posted by 神功正毅 at 17:46| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筑摩書房大破?「なぜ中国・韓国はああなのか?」と面舵を切るも炎上す

反日ハンター・神功正毅です。
筑摩書房が「朱子学と陽明学」という書籍の帯に「なぜ中国・韓国はああなのか?」という文言を書いたところ、パヨクどもの非難を浴びて謝罪を余儀なくされたそうです。
5ちゃんねる/ニュー速公認文庫のちくま学芸文庫が中韓を叩くヘイト帯で炎上→全力で陳謝
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1515166059/
<引用開始>
2名無しさん@涙目です。(千葉県) [EU]2018/01/06(土) 00:28:00.82ID:cfKaVnLC0?2BP(1500)>>43
 
友田健太郎/Kentaro Tomoda@Buffalo1999
ちくま学芸文庫ですら、こんな妙な帯をつけて売上を狙う時代か。
https://pbs.twimg.com/media/DSrALbMV4AAK86Y.jpg
https://twitter.com/buffalo1999/status/948782011489042432
なぜ中国・韓国はああなのか?











1,394件のリツイート
1,176件のいいね
ちくま学芸文庫@ChikumaGakugei
みなさま、このたびは小島毅著『朱子学と陽明学』の帯の掲載文言について、数多くのご批判をたまわり、ありがとうございました。弁解して取り返しのつくことではありませんが、ご批判を深く受け止め、反省しております。
https://twitter.com/chikumagakugei/status/949263527578972162
同書は、東アジアの思想文化にひろく決定的影響を及ぼした「朱子学と陽明学」の歴史的展開を平明に描いた概説書です。その帯に掲げた文言も、たとえば「昨今の排外主義的な傾向を煽ろう」とすることを意図したものでは全くありませんでした。
https://twitter.com/chikumagakugei/status/949263623284641797
むしろ、「偏見」や「思い込み」を相対化する力をもつであろう本書にできるだけ幅広い層の方々に関心をもっていただくことで、少しでも逆の結果に結びつくことを、編集部および著者ともども望んだものでした。
https://twitter.com/chikumagakugei/status/949264079985627136
むろん、表現の拙さそれ自体は、多くの方々が的確にご指摘くださっているとおりで弁解の余地はなく、当初の意図を適切に表せなかった点は重く受け止めております。
https://twitter.com/chikumagakugei/status/949264156913315840
なお、本書はちくま学芸文庫より2013年9月に出版されました。刊行後まもなく、帯の宣伝文に関して反省的にとらえ直す機会があり、数年前から、新たに出庫する分について当該帯が巻かれることはなくなっています。
https://twitter.com/chikumagakugei/status/949264383951060997
この事実も私どもの不明ぶりを軽減するものとは決して考えておりませんが、ご報告いたします。
https://twitter.com/chikumagakugei/status/949264458248892416
<引用終了>





扶桑社ですらしばき隊の一員で強制わいせつの加害者に執筆させ、ブランドイメージを傷つけたのですから
扶桑 大破






筑摩書房が思いきった右傾化をできないのは仕方ない一面がありますが、世相を気にした中途半端な面舵=右旋回を行うも旧来の読者層の反発を招いた筑摩書房のこの様はまるでサマール島沖海戦で左右に舵をきって敵弾をかわそうと試みるも結局沈没し、生存者1名しか残らなかった重巡「筑摩」のようです。
Wikipedia/筑摩 (重巡洋艦)
https://ja.wikipedia.org/wiki/筑摩_(重巡洋艦)
<引用開始>
だが追撃戦中の8時53分頃、筑摩はアメリカ艦載機により魚雷1本を艦尾に受けて火災が発生した[197][198]。 護衛空母ナトマ・ベイから発進したTBF アヴェンジャーによる雷撃である[199] 本艦は舵故障と速力低下のため、栗田艦隊より取り残されて落伍[200]、応急修理を実施した(利根は羽黒に続行)[201]。10時20分頃から再びアメリカ軍機の空襲を受ける[202]。 生存者の証言によれば、弾薬が尽きて演習弾で応戦するものの、午後4時頃に艦中央部に複数の命中弾を受ける[203]。左舷に傾斜し、総員退艦が発令された。筑摩はその後、警戒艦に指定された駆逐艦野分(第4駆逐隊)[204]により雷撃処分された[205][195]。海面を漂っていた筑摩生存者は120名余が野分に救助されたが、野分もその晩にアメリカ艦隊に捕捉され撃沈された[206][207]。野分に救助されなかった短期現役士官のみ、3日間の漂流ののちにアメリカ海軍に救助され、戦後日本に帰還した[208]。筑摩・野分の生存者は、筑摩航空機搭乗員を除けば1名のみであった。
<引用終了>

艦これ 筑摩 大破











世相の右傾化にのると決断したら「うろうろ逃げるより当たらんものだ。私が保証する。」(シャア・アズナブル/機動戦士ガンダム)の言葉通り旧来の読者の雑言を聞き入れず断固として右曲がりを続けてるべきです。



せっかく面舵=右旋回を行うきっかけをつかめたのですから筑摩書房にはあの国のあの法則を学んで
ネットで話題の日本を滅ぼす「あの国のあの法則」とは?
https://matome.naver.jp/odai/2139499921481949701
<引用は省略します>


生存者1名しか残らなかった重巡「筑摩」と同じ末路を辿ることのないよう、社員とその家族を路頭に迷わせないようにしていただきたいものです。
posted by 神功正毅 at 16:13| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大麻de徴兵BIGBANG! 〜T.O.P、社会服務要員となる

反日ハンター・神功正毅です。
大麻吸引の過去が明らかとなり、不名誉除隊処分となった韓国のアイドルグループBIGBANGのT.O.Pが、今月中にソウル・竜山区庁に社会服務要員として配属されるそうです。
Record China/大麻吸引のBIGBANGのT.O.P、新たな兵役配属先にネットから「特別扱い」と不満の声
http://www.recordchina.co.jp/b355370-s0-c30.html
<引用開始>
2018年1月4日、韓国・YTNなどによると、兵役のため義務警察として服務中に大麻吸引の過去が明らかとなり、不名誉除隊処分となった韓国の人気アイドルグループBIGBANGのT.O.Pが、今月中にソウル・竜山区庁に社会服務要員として配属されることが分かった。韓国ではこれに対し「特別扱い」を指摘する声が上がっているという。
T.O.Pは昨年、入隊前に大麻を吸引した疑いで在宅起訴され、1審で懲役10カ月、執行猶予2年、追徴金1万2000ウォン(約1270円)の支払いを命じる判決を受けた。義務警察の再服務審査では「不適合」の判定を受けていたが、その後の審査の結果、ソウル・竜山区庁で社会服務することが決まったという。
しかし、自宅から出勤できる竜山区庁の社会服務要員が部隊に入所して生活する義務警察より服務条件が良いことから、ネット上を中心に「特別扱いを受けた」「罪を犯した人により楽な思いをさせるつもりか」などと指摘する声が出ているという。
一方、兵務庁はこれに関し「問題ない」との立場を示している。兵役処分基準によると、1年6カ月以上の実刑判決を受けた場合は強制除隊、6カ月以上1年6カ月未満の懲役または禁錮の実刑判決を受けた場合は補充役(社会服務要員)の対象になるという。
この報道を見た韓国のネットユーザーからも「これで公平な国と言える?」「これが現実。政権が交代しても公務員の組織社会が変わらなければ意味がない」「子供たちが麻薬を良いものと勘違いしてしまう」「一般人だったら違う結果が出ていた」「最も危険できつい部隊に入るべきでは?」など不満を示すコメントや、「韓国はとても暮らしやすい国!金と権力がある人にとってはね」「兵役中のみんな、休暇中に大麻を吸って社会服務要員になろう」と皮肉交じりのコメントが相次いでいる。(翻訳・編集/堂本)
<引用終了>





「機動戦士ガンダム」でガルマ大佐を死なせてしまった(実際は謀殺した)シャア少佐が大佐に昇進のうえキシリア・ザビの配下に転属されたような緩い処分です。
ギレンの演説
http://nicogame.info/watch/sm29958




皆さんはこの処分についてどう思われたでしょうか?
私ははっきり言って兵務庁に対して
「生温い!何をやっておるのだ!」(シン/北斗の拳)
Hokuto no Ken - 16(20:35ごろ)
http://www.anitube.se/video/6655/Hokuto-no-Ken--16

という気持ちでいっぱいです。





5年前に「芸能兵士」制度が廃止されたというのにこのような犯罪のやり得を許すようでは徴兵を免れられない庶民の不満が高まるばかりです。




だから韓国軍よ、懲罰部隊
Wikipedia/懲罰部隊
https://ja.wikipedia.org/wiki/懲罰部隊
<引用開始>
懲罰部隊(ちょうばつぶたい)とは、軍隊の中で、脱走兵などの軍規違反者を集めて編成した特別な部隊のことである。広い意味では軍規違反者に限らず、一般の刑法犯罪者を動員した囚人部隊も含まれる。埋葬のような不快な任務や地雷処理などの危険な任務を与えられることが多い。第二次世界大戦期のドイツやソビエト連邦に存在した。国や制度の違いから、懲罰大隊、執行猶予部隊などとも呼ばれる。

(中略)

『カンプグルッペZbv』 - WW2の東部戦線を舞台とした戦争漫画で、戦車を装備した懲罰大隊が登場する。
『RAISE』 - WW2のアメリカ陸軍航空軍を舞台とした戦争漫画で、主役たちはドイツへの戦略爆撃任務を戦死か終戦まで続けることを強いられている。
『戦場のヴァルキュリア3』 - 架空のヨーロッパの小国ガリアにある、正規軍の懲罰部隊を主役としたテレビゲーム
『機甲猟兵メロウリンク』 - 『装甲騎兵ボトムズ』と世界観を共有するアニメ作品。主人公メロウリンクの所属していた装甲騎兵小隊は、隊長が無謀な作戦の遂行に抗議した結果、全員が生身での戦闘を強いられる機甲猟兵へと格下げされてしまう(事実上の懲罰部隊化)。
『ゾイド』 - 『第二次大陸間戦争』において、ヘリック共和国の閃光師団が鉄竜騎兵団指令ヴォルフ・ムーロア大佐(後のネオゼネバス帝国皇帝)を取り逃した責を問われ、部隊ごと懲罰部隊とされた。
<引用終了>

逃げる奴の背中が標的だ












を編成し、犯罪のやり得を許さず兵役の公平性を保て!

posted by 神功正毅 at 09:14| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。