2018年05月24日

「真実と暴力の隠蔽」発売まであと4日


反日ハンター・神功正毅です。
『真実と暴力の隠蔽』が5月28日に発売されるそうです。
Amazon/真実と暴力の隠蔽 2018年 06 月号 [雑誌]: 月刊紙の爆弾 増刊
https://www.amazon.co.jp/真実と暴力の隠蔽-2018年-06-月号-雑誌/dp/B07CXC368T/ref=sr_1_5?ie=UTF8&qid=1526702799&sr=8-5&keywords=%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E3%81%A8
<引用開始>
真実と暴力の隠蔽 2018年 06 月号 [雑誌]: 月刊紙の爆弾 増刊 雑誌 – 2018/5/28


(中略)



商品の説明
内容紹介
あなたは集団リンチを容認するのか?
大阪で起きた「反差別」運動=「カウンター」内での
凄絶なリンチ事件の真相と闇を解明!
このリンチ事件を放置すれば、
反差別運動、人権擁護運動にとって将来に禍根を残すだろう。
隠蔽工作がなされ大手メディアが
意図的に無視する意味とは?
このリンチ事件を無視する者は〈人間〉ではない!
リンチの共犯だ!


1 リンチの悪夢に苦しめられた日々ーー被害者の中間総括
2 「カウンター」運動内で発生した「大学院生リンチ事件」のあらまし
3 歴史的誤判=3・19「カウンター大学院生リンチ事件」一審判決を強く弾劾します!
4 M君対リンチ加害者五人裁判一審判決解説
5 「カウンター大学院生リンチ事件」法定編!
6 「カウンター」界隈の差別・反人権暴言集
7 隠蔽に加担するマスメディア
8 鹿砦社はなぜ李信惠を訴えたのかーー訴訟経過報告
9 「カウンター」周辺のキーマンに松岡が直撃! 明かされる「しばき隊」の内情


<引用終了>








しかも発行元の鹿砦社によるとこの本には関係者であれば、だれもが腰を抜かすであろう〈爆弾〉が装填されているそうです。



その爆弾とは「これまでの4冊ではご紹介しなかった、悪質極まる人物の発信も取り上げた。読者諸氏は表紙をめくると、まず目をそむけたくなるような憎悪に吐き気を催すかもしれない。これまでたびたびご紹介した事件直後、M君の顔写真だけでも多くの人には衝撃だったに違いないが、今回あえて1頁に掲載した「何物」かは、むしろ実際の写真以上に驚かれる方が多いだろう。」「刑事事件にもなりかねない問題画像も満載です。仮にM君あるいは私たちが刑事告訴・告発をすれば、おそらく受理→立件されるでしょう。」と言われるほどの威力があるそうです。





この本は発売日から113年前の同日に日本海海戦で日本海軍がバルチック艦隊を降伏させたようにリンチ加害者側に対する降服勧告となるでしょうか?



鹿砦社よ



You can do it now



愛国のバクダン もっとたくさん 落っことしてくれ



寝返る 売国奴の ドタマん中に♪



'
愛のバクダン B'z Love Bomb by B'z アメリカ空軍太平洋音楽隊アジア パシフィックトレンズ
https://www.youtube.com/watch?v=UycQa0Dcrog







しばき隊リンチ事件の真相を知りたい者はいますぐ上記サイトへ



Let's Go!&Let's Buy!







発売日に最寄りの大型書店へ



Let's Go!&Let's Buy!








『真実と暴力の隠蔽』の発売まであと



100時間





posted by 神功正毅 at 06:00| Comment(0) | カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。