2018年08月08日

【速報】反日主義者のたどる道78の続報 〜翁長雄志・沖縄県知事、死す

反日ハンター・神功正毅です。
翁長雄志・沖縄県知事が亡くなられました。
朝日新聞/沖縄・翁長雄志知事が死去、67歳 がんが肝臓にも転移
https://www.asahi.com/articles/ASL886HNML88TIPE02Y.html
<引用開始>
 膵(すい)がんを公表し、治療を続けていた沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事が、沖縄県浦添市の病院で死去した。67歳だった。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に強く反対し、保革を超えて移設反対派の支持を得てきた。葬儀の日程などは未定。
 翁長氏の死去に伴い、11月18日投開票の県知事選は、前倒しされることが確実になる。
 翁長氏の体調については、謝花喜一郎副知事が8日午後5時から県庁で会見し、「意識が混濁状態になっている」と説明。8日以降は謝花氏と富川盛武副知事が知事の職務代理を務めると発表していた。謝花氏によると、翁長氏は7日から徐々に意思決定に支障が出てきていた。4日に謝花氏らと面会した際には、がんが肝臓に転移していると明かしたという。
 翁長氏は4月に人間ドックを受けた際に精密検査が必要と指摘された。膵臓(すいぞう)に腫瘍(しゅよう)が見つかり、摘出手術を受けた。再発を抑える抗がん剤治療を受けながら県議会6月定例会や、6月23日の沖縄全戦没者慰霊式典に出席していた。
 辺野古移設をめぐっては、7月27日に県庁で会見し、前知事による辺野古の埋め立て承認を撤回する手続きに入ると表明。土砂投入前の8月中旬に撤回に踏み切ることを目指し、9日に沖縄防衛局側の反論を聴く「聴聞」を予定するなど、作業を進めていた。謝花氏によると、撤回するかどうかの判断は、知事の職務代理者でも可能という。
 一方、翁長氏は知事選について、2期目を目指して立候補するかどうか態度を明らかにしてこなかった。だが「移設反対」を掲げて保守中道層の支持を集められる候補は翁長氏以外いないとして、共産や社民など県議会与党は、9月県議会での立候補表明を前提に準備を進めていた。公職選挙法は、首長が死亡した場合、死亡から5日以内に職務代理者が選挙管理委員会に通知し、そこから50日以内に選挙を実施すると定めている。
 翁長氏は那覇市議や県議を務めた後、2000年に那覇市長に初当選。4期目の途中の14年10月、辺野古移設反対を掲げて県知事選に立候補し、前職に約10万票の大差をつけて初当選した。知事就任後は一貫して辺野古移設反対を訴え、安倍政権と厳しく対立してきた。
<引用終了>






「辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回してやる!」という彼の威勢は病魔には勝てなかったようです。



彼と同じく沖縄の基地建設に反対していた添田が平均寿命より35歳も若くしてあの世へ旅立ったのと同様に翁長県知事も沖縄県の平均寿命を13歳も下回る
同/「長寿の県」ショック再び 沖縄平均寿命 女性7位、男性36位に後退
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/gallery/183880?ph=1
<引用は省略します>

67歳で県知事の職を全うすることなく亡くなられました。




これが
「あの国のあの法則」
ネットで話題の日本を滅ぼす「あの国のあの法則」とは?
https://matome.naver.jp/odai/2139499921481949701
<引用開始>
第一法則
国家間から企業、個人に至るまで、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と組むと負ける。
<引用終了>


に逆らって朝鮮勢力と朝鮮人の価値観に染まり切った添田をはじめとするしばき隊を引き入れ、反基地政策を取った者の辿る末路です。
沖縄から米軍は出て行け!






裏にハングル









私が前エントリー
【速報】反日主義者のたどる道78 〜翁長雄志・沖縄県知事、意識混濁に陥り県知事を辞職す

翁長雄志・沖縄県知事よ、その名前は覚えておこう。
だが、後のたわごとは地獄の鬼に言え!
Hokuto No Ken II episode 5
https://www.youtube.com/watch?v=mlNwkHI1G-s



最後だ。
せめて祈るがいい!
【真・北斗無双】#8 悲しき天才
https://www.youtube.com/watch?v=tV8aXy8xAKM



そしてあの世へ行ったなら73年前に沖縄を守るために散華した戦艦大和をはじめとする第二艦隊や第三十二軍の将兵に日本の安全保障を蔑ろにした罪を詫びよ!
と書けばその日のうちに翁長雄志・沖縄県知事が死去する。
私の言葉は重すぎる。
私の言葉は重すぎる









だからこそあえて書こう。
国民は国難に立ち向かう気迫を持て!
国民・国益を守る議員を当選させろ!
民進党、希望の党、立憲民主党、共産党、社民党、公明党、その他地域政党に紛れ込んでいるこれらの党の議員を国会を含むあらゆる議会から一掃するぞ!
不正な手段で日本に入国し、戦前からいたと詐称して特別永住者となった在日韓国・朝鮮人から特別永住資格を剥奪するぞ!
入管特例法を廃止に追い込むぞ!
反日国家・反日外国人には強硬な姿勢で臨み、譲歩しないぞ!
反日外国人・犯罪外国人を日本から追放するぞ!
反日教師を教育現場から追放するぞ!
反日マスコミから事業許可を剥奪するぞ!
社会主義=共産主義者を日本国内から一掃するぞ!
在日韓国・朝鮮人ならびに共産党、旧社会党支持者は戦後から今日にいたるまでに日本で行った犯罪を謝罪しろ!
共産党、社民党、民主党支持者は日本国籍ならびに保有する全財産を返上して心の祖国、シナ、北朝鮮に帰れ!
韓国民団と朝鮮総連は在日韓国・朝鮮人からなる「自由北朝鮮軍」を編成し、北朝鮮人民を金一族の圧政から解放するために北朝鮮に攻め込め!
韓国民団と朝鮮総連は「北朝鮮開拓団」を編成し、荒れ果てた北朝鮮の国土再建のために全ての在日韓国・朝鮮人を連れて行け!
我々は多くの祖先の血で築き上げた日本を守り抜くぞ!
日本の栄光ある歴史を語り継ぐぞ!
我々は売国の「二百三高地」、全国の朝鮮学校、朝鮮総連、韓国民団の敷地を奪還するぞ!
現行憲法破棄&自主憲法制定、自衛隊の国軍への改組、スパイ防止法制定等の政策を執行し戦後レジームを一掃するぞ!
国民に希望を持たせるぞ!
誇りを持たせるぞ!
人間と社会の本質、主権者としての心構えを知らせるぞ!
勇気を持って不正、不公正、外国からの侵略に立ち向かわせるぞ!
我々憂国派は人を人とも思わない、法を法とも思わない、国を国とも思わない、人としての良心をかけらも持ち合わせていない野獣のような鬼畜・外道の類、犯罪特亜人とテロリストどもを日本国外へ追放するぞ!



翁長雄志よ、前エントリーでも書いた通り、
「辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回してやる!」の後のたわごとは地獄の鬼に言え!
あの世で73年前に沖縄を守るために散華した戦艦大和をはじめとする第二艦隊や第三十二軍の将兵に日本の安全保障を蔑ろにした罪を詫びよ!


posted by 神功正毅 at 21:39| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】反日主義者のたどる道78 〜翁長雄志・沖縄県知事、意識混濁に陥り県知事を辞職す

反日ハンター・神功正毅です。
翁長雄志・沖縄県知事が意識混濁に陥ったため県知事を辞職するそうです。
沖縄タイムス/翁長知事、辞職へ 職務代理者に謝花副知事 知事選前倒しも
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000023-ryu-oki
<引用開始>
 4月に膵臓(すいぞう)がんの手術を受け、治療を続けてきた翁長雄志知事(67)が、病状が回復するめどがつかず、近く辞職することが8日、関係者の話で分かった。県は8日午後5時から記者会見を開き、謝花喜一郎副知事が職務代理者を務めることを発表する。
 会見を前に県政与党に近い県選出国会議員に謝花副知事から電話で連絡があり、知事の状態について「意識混濁(こんだく)」と説明されたという。
 公職選挙法では、県知事は県議会議長に退職を申し出る。議長は5日間以内に県選挙管理委員会に通知し、この通知から50日以内に選挙が行われる。翁長知事の任期満了に伴う知事選は11月1日告示、11月18日投開票が決まっていたが、前倒しで実施される公算が大きい。
 翁長知事は辺野古埋め立て承認の撤回を表明した7月27日の会見を最後に登庁せず、公の場に姿を見せていなかった。数日前から浦添市内の病院に緊急入院している。
 翁長知事は最大の公約としてきた名護市辺野古沿岸での新基地建設阻止に向け、仲井真弘多前知事による公有水面埋め立ての承認を「撤回」する手続きに入っているが、撤回の実施も不透明となる。
 現職県知事の辞職は、1978年11月に第2代知事、平良幸市氏が病気を理由に辞職して以来、40年ぶり2度目となる。歴代の県知事の中でも高い支持率を背景に、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を推し進める国と鋭く対峙してきた翁長知事の辞職により、辺野古新基地建設をはじめとする基地問題の行方や、最大の政治決戦となる11月の知事選を控えた県内政局は一気に流動化する。
 翁長知事は今年に入り、辺野古新基地建設阻止を訴える訪米行動や、天皇、皇后両陛下の沖縄訪問時の同行など重要な公務が続いていた中で、体重の減少など体調面の不調が見られていた。4月に受診した人間ドックで再検査が指示され、精密検査の結果、膵臓がんが見つかった。
 すい臓は食物の消化を助けるすい液や、血糖値を調節するホルモンのインスリンなどを生産する器官。5月15日の退院会見では、膵臓がんを取り除く手術を実施したと発表し、がんの移転や再発を抑える化学療法を続けながら本格的な公務復帰を目指すとしていた。
 体調が不安視されながら6月23日の県主催による沖縄全戦没者慰霊式典に出席し、平和宣言を読み上げた。7月27日には県庁で記者会見を開き、辺野古埋め立て承認を撤回する方針の表明した。ただ、7月下旬の全国知事会議、8月初旬の国庫要請には自ら赴くことで公務日程を入れていたが、医師と相談により、長距離移動による負担を避けることや治療を優先する方針から直前になり県外出張を取りやめていた。
 翁長氏は2014年11月の第12回県知事選知事選で、36万820票を獲得して初当選した。辺野古移設反対の世論を背景に保革を超えた「オール沖縄」の枠組みを構築し、当時現職の仲井真氏に9万9744票差をつけた。
<引用終了>





「辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回してやる!」という彼の威勢は病魔には勝てなかったようです。



彼と同じく沖縄の基地建設に反対していた添田が平均寿命より35歳も若くしてあの世へ旅立ったのと同様に翁長県知事も沖縄県の平均寿命を13歳も下回る
同/「長寿の県」ショック再び 沖縄平均寿命 女性7位、男性36位に後退
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/gallery/183880?ph=1
<引用は省略します>

67歳で県知事の職を全うすることなくすい臓がんに倒れました。



しかも彼の症状は2センチを超える腫瘍ができているためすい臓がんのステージ2と3の中間に当たります。
findMed/膵臓がんステージと5年相対生存率
https://www.findmed.jp/topics/pancreas/2039
<引用は省略します>



5年生きられる確率は18%程度しかなく、意識混濁状態にあることからいつ訃報が発せられてもおかしくありません。



これが
「あの国のあの法則」
ネットで話題の日本を滅ぼす「あの国のあの法則」とは?
https://matome.naver.jp/odai/2139499921481949701
<引用開始>
第一法則
国家間から企業、個人に至るまで、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と組むと負ける。
<引用終了>


に逆らって朝鮮勢力と朝鮮人の価値観に染まり切った添田をはじめとするしばき隊を引き入れ、反基地政策を取った者の辿る末路です。
沖縄から米軍は出て行け!






裏にハングル









翁長雄志・沖縄県知事よ、その名前は覚えておこう。
だが、後のたわごとは地獄の鬼に言え!
Hokuto No Ken II episode 5
https://www.youtube.com/watch?v=mlNwkHI1G-s



最後だ。
せめて祈るがいい!
【真・北斗無双】#8 悲しき天才
https://www.youtube.com/watch?v=tV8aXy8xAKM



そしてあの世へ行ったなら73年前に沖縄を守るために散華した戦艦大和をはじめとする第二艦隊や第三十二軍の将兵に日本の安全保障を蔑ろにした罪を詫びよ!
posted by 神功正毅 at 20:39| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。