2018年09月30日

朝鮮学校無償化裁判 at 東京高裁の判決言い渡しまであと1ヶ月(30日)

反日ハンター・神功正毅です。
東京朝鮮中高級学校(東京都北区)の元生徒62人が国を相手に1人10万円の国家賠償を求めた訴訟の控訴審の判決言い渡しが10月30日15:00に行われるそうです。
日経新聞/朝鮮学校無償化訴訟が結審 10月30日判決、東京高裁
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32280120W8A620C1CR8000/
<引用開始>
 朝鮮学校を高校無償化の適用対象から外したのは違法だとして、東京朝鮮中高級学校の卒業生61人が国に計610万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審は26日、東京高裁(阿部潤裁判長)で結審した。判決は10月30日。
 意見陳述で学校側は、無償化の指定を求める申請をした後に文部科学相が省令を改正し、対象から外したのは不当だと改めて主張した。
 2017年9月の一審・東京地裁判決は、学校と在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との関係から「学校運営の適正さに十分な確証を得られない」と指摘。対象から外した文科相の判断は不合理ではないとして原告の請求を棄却した。学校側が控訴した。
 原告側は閉廷後に国会内で報告集会を開き、李春熙弁護士は「国の主張は破綻している。私たちの問題意識は間違いなく裁判所に伝わった」と話した。
<引用終了>



Twitter/インチキ情報屋
https://twitter.com/inchiki_jouhou/status/1013698897087066114
<引用開始>
東京高等裁判所第101号法廷
10月30日15:00 判決言渡
原告 東京都の朝鮮学校卒業生
被告 国
<引用終了>



現在のところ同様の朝鮮学校無償化裁判の第一審は国側の3勝(東京、名古屋、広島)1敗(大阪)で福岡地裁での審理は9月20日(木)14:00に最終弁論が終了し、判決言い渡しが平成31年3月14日に行われます。
毎日新聞/朝鮮学校無償化 来年3月に判決 地裁小倉結審 /福岡
https://mainichi.jp/articles/20180921/ddl/k40/100/371000c
<引用開始>
 国が朝鮮学校を高校無償化の適用対象から外したのは違法だとして、九州朝鮮中高級学校(八幡西区)の卒業生ら68人が国に損害賠償を求めた訴訟は20日、福岡地裁小倉支部(鈴木博裁判長)で結審した。判決は来年3月14日。
<引用終了>





更に大阪高裁では
近畿二府四県民の良識の勝利!大阪高裁、地裁判決を破棄し朝鮮学校の無償化除外を認める
で書いた通り地裁の判決を取り消し、朝鮮学校側の無償化適用の訴えを全面棄却しました。




朝鮮学校側弁護団よ、
(最高裁まで訴訟を)もういっぺんやってみろ!
Hokuto no Ken - Shin vs Barcom(1:10頃)
https://www.youtube.com/watch?v=xYNcRARHERQ




最高裁での敗訴もしくは上告棄却が確定次第朝鮮学校への無償化適用除外が確定し、他地区の訴訟が無駄となる。
無駄無駄無駄無駄ァ!












朝鮮学校に高校無償化を適用することを許さない者よ、東京高裁へLet's Go!
Bing Map/東京高裁
https://www.bing.com/maps?q=%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%ab%98%e8%a3%81&FORM=HDRSC4




未だに反日教育を続ける朝鮮学校への補助金支出を続ける自治体の住民よ、

怒りに体を震わせよ!



勝利する日=全自治体が朝鮮学校への補助金支出を停止するまで

闘い続けよ!



判決当日「東京高裁管区(*)民の良識の勝利!東京高裁、朝鮮学校側の無償化適用の訴えを退ける」という記事をアップしたいものです。
(首都圏+新潟、長野、静岡の一都十県)



朝鮮学校無償化裁判 at 東京高裁の判決言い渡しまであと

720時間




(大阪朝鮮高級学校側弁護団の上告が棄却されるか敗訴が確定次第本件のカウントダウンは終了します。)

posted by 神功正毅 at 15:00| Comment(0) | カウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「福島への放射能デマに打ち克つためのアクション つくば講演会」のお知らせ

福島への放射能デマに打ち克つためのアクション
つくば講演会
真実 × 科学 × 誇りある日本文明
講師:高田 純 先生(札幌医科大学教授)



未だに続く福島への放射能デマに打ち克つため、科学技術都市つくばにて講演会を行います。北海道胆振東部地震にてブラックアウトを体験した高田純先生に、福島の真実と北海道の現実をお話しいただく予定です。放射能デマを克服し、電気の安定供給を実現するためには日本文明の正しい理解と日本人としての誇りを持つ事が大切です。高田先生には独自の日本文明研究の成果も話していただきます。



【日時】
平成30年11月24日(土)
13時開場



【場所】
つくば国際会議場 201会議室
*入場無料です



【主催】
「誇りある日本」講演茨城実行委員会



【協力】
保守の会
在日特権を許さない市民の会
*協力団体を随時募集いたします



【注意事項】
・入場無料ですが、来場者には公安関係者の目の前で記帳していただきます。左翼やしばき隊を自認する人は来ないのが無難だと思います。記帳に不備があった場合も排除いたします。
・講演会に先立ち、国歌斉唱・海行かば斉唱・教育勅語奉読を行います。会の進行を妨げる人がいたら主催者の判断で排除いたします。
・動画や静止画の撮影並びに録音、取材は事前の申し込みを条件に許可いたします。撮影等を予定されている方は在特会ホームページの問い合わせに申し込み下さい。無許可の撮影者は警察に通報した上で排除します。

posted by 神功正毅 at 08:04| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。