2016年01月30日

徴兵忌避罪の前科持ち韓国人、日本への入国を拒否される

反日ハンター・神功正毅です。
「良心的(彼ら主観。韓国の裁判所はこれを認めなかった)兵役拒否」で投獄された前科を持つ韓国人がセントレア(中部国際空港)の入国管理局に日本への入国を拒否されました。
chosun Online/「良心的兵役拒否」で服役の韓国人男性2人、日本に入国できず
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/29/2016012900588.html?ent_rank_news
<引用開始>
 宗教的な理由により兵役を拒否し、実刑判決を受けた20代の韓国人男性2人が、、日本で前科を理由に入国を断られ、これに抗議して異議申し立ての手続きを取ったことが、28日までに分かった。


 聯合ニュースによると、Kさん(25)とOさん(29)は今月27日、6泊7日間の日本旅行を目的に、中部国際空港に到着した。


 ところが、中部国際空港の入国審査担当者は2人の入国にストップを掛けた。2人が日本への入国申請書の裏面で「日本またはほかの国で刑事事件により有罪判決を受けたことがありますか」という質問に「はい」と答えたためだ。


 2人は宗教的な理由により兵役を拒否し、それぞれ刑務所で1年6カ月間服役して、2010年から11年にかけ出所していた。


 2人は「『良心的兵役拒否』は犯罪ではない」と主張し、日本の当局に異議を申し立て、韓国大使館に連絡するよう要請した。


 中部国際空港内の指定された宿泊施設で一夜を明かした2人は、日本への入国が認められるまで空港から退去しないとの意向を明らかにした。日本の当局は「異議申し立てを取り下げれば、直ちに韓国行きの飛行機に乗れる」と告げたが、2人は異議申し立ての取り下げを拒否した。


 異議申し立ての手続きに関する事件を担当したオ・ドゥジン弁護士は「米国は入国申請の際、重犯罪や薬物関連の前科がある者だけをチェックし、ビザの審査を行う際にも『良心的兵役拒否』について立証すれば入国を認めている」として、日本の入国審査の過程に問題があると指摘した。
<引用終了>


彼らは「祖国防衛の義務を果たさずに祖国を見捨てて逃亡した、または反乱を起こして逃亡したパンチョパリが大勢いる日本なら兵役を拒否して刑務所にブチこまれた自分たちでも受け入れてくれるだろう。」と思って日本にやって来たのでしょう。
また、韓国政府も「祖国防衛の義務を果たさない輩など我が国には不要だ。日本に行くというなら片道キップでもくれてやろう。」とばかりにパスポートを発行したのでしょう。


「ところがギッチョン!」(アリー・アル・サーシェス/機動戦士ガンダム00)
アリー・アル・サーシェス無双
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23858914?ref=search_key_video



彼らはあえなく日本の入国管理局に入国を拒否されてしまいました。


八木体制への挑戦状9 〜安倍政権、慰安婦にワビを入れる
【速報】大阪市議会でヘイトスピーチ抑止条例が可決される

で書いたとおり、日本の行政の韓国政府や在日韓国・朝鮮人への腰の引けっぷりはまだまだ目を覆うばかりですが、在特会発足から10年、「大嫌韓時代」発売から1年4ヶ月で末端の役人から毅然とした態度で韓国・朝鮮人に臨む者が現れました。

我々日本国民はこの入国管理局員を密造酒の取り締まりにファビョった在日韓国・朝鮮人に殺害された税務官僚・端山豊蔵と同じ末路をたどらせないためにも嫌韓世論をさらに盛り上げなくてはなりません。

「い、いぇだ、俺はまだ死にたくねえ 死たくねえ〜〜〜っ!!」
い いやだ 俺はまだ死にたくねえ







死に たわっ!







「い、いぇだ、死にたくない 牢獄もいやだ!!」
い いやだ 死にたくない 牢獄もいやだ
























とばかりに祖国の兵役を逃れてフランスに逃亡したイ・イェダ君も逮捕→有罪判決→収監となれば彼らと同様日本への入国を拒否され、サヨクが日本の安全保障体制強化への妨害に彼を利用することが難しくなることでしょう。


このように徴兵忌避罪の前科持ち韓国人の日本への入国拒否は日本の治安維持、安全保障体制強化に資するのみならず韓国にとっても徴兵忌避者への社会的な制裁となる日韓両国にとってWin-Winの決定です。

だから徴兵忌避を目論む在外韓国人よ、徴兵検査を受ける
覚悟完了













覚悟を完了せよ!


17年と10日前に韓国本国からの留学生が

在日韓国人も軍隊に行くべきだ















「(前略)しかし、世の中には韓国の国籍を持つ健康な男性でありながら、この義務を背負わなくていい特殊な部類が居る、在日韓国人といわれる部類である。
彼ら在日は歴史的な事情により、韓国の国籍を持ちながら日本の永住権(ママ)を持ち日本で生活しているコウモリ的な存在である。
国民の義務は負わないのに権利だけを持つ彼らには韓国の国民でありたいのであれば軍隊へ行き国民の義務を果たすか、それがいやなら日本に帰化してしまえといわざるを得ない。
おいしい所だけを持って被害者面で甘えている彼らは精神的再教育が必要なのである。
私は特に自ら考えることを怠けている在日諸君に軍隊をお勧めする。
(中略)浅い考え、ろくでもない価値観で世の中、知りきったつもりでいるはず。
(中略)いや、そこは何も考えてはいけない、完全に将棋の駒にならなければならない所である。
その軍隊といわれる世界が貴方を待っている。
(中略)少なくとも男らしき逞しい身体は手に入れることができる。
さあ、結論は軍隊だ。」


と書いたとおり、国民の義務は負わないのに権利だけを持つろくでもない価値観を持った在日韓国人よ、本国人にバカにされたくなければ軍隊に入って
精神的再教育を受けろ!


パク・クネの父と盧武鉉(ノムヒョン)元大統領から吐きかけられた侮辱を晴らせ!


「在日は分別なく故国を捨て、日本に密入国した」(朴正熙)


千年政治と日本復活の条件/私は在日韓国人など信用していない盧武鉉大統領
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/1075445/
(リンク切れ)
<引用開始>

韓国 盧武鉉(ノムヒョン)前大統領の言葉


「異国で国籍を死守することがいいとは思わない、同胞にはその社会で貢献して欲しい」


「韓国戦争から逃げた連中が、祖国統一を口にするのはおかしな話だ。日本には弾は飛んでこないだろう。僑胞にそんなことを言う資格などない。」


「私は僑胞の連中を信用などしていない。徴兵の義務を負わないくせに韓国人を名乗り、 日本の選挙権を求める。馬鹿げていないか。つまりは、いいとこどりではないか。
私たちが苦しい思いをしていた頃、僑胞の連中は私たちよりいい暮らしを日本でしていたのだ。 僑胞は僑胞だ。韓国人ではない。」 (03年6月の訪日時TBSのテレビ番組より)

<引用終了>





在外韓国人よ、祖国を見捨てて海外に逃亡した自分たちの祖先と違って祖国を守るために戦った


マッカーサーに「いつまでソウルをもちこたえられるか?」と聞かれた際、「閣下、自分は閣下と同じ軍人であります。中隊長が守れといったら死んでも守ります。」と言った韓国軍の将兵のように、


「我々が多富洞を失えばテグが持たず、テグを失えばプサンの失陥は目に見えている。そうなればもうわが民族の行くべきところはない。だから今、祖国の存亡が多富洞の成否にかかっているのだ。我々にはもう退がる所がないのだ。だから死んでもここを守らなければならないのだ。しかも、はるばる地球の裏側から我々を助けにきてくれた米軍が我々を信じて谷底で戦っているではないか。信頼してくれている友軍を裏切ることが韓国人にできようか。今から私が先頭に立って突撃し陣地を奪回する。貴官らは私の後ろに続け。もし私が退がるようなことがあれば誰でも私を撃て。さあ行こう!最終弾とともに突入するのだ。」
と言って将兵を奮い立たせた朝鮮戦争開戦時の韓国軍第一師団長、白善Yのように


彼らを見習って祖国へ帰り、


兵役の義務を果たせ!



徴兵忌避罪で肛拡亀頭隊(?)に身柄を拘束されて
肛拡亀頭隊






韓国兵務庁に引き渡される前に。




posted by 神功正毅 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433188446

この記事へのトラックバック