2017年08月21日

利比里亜(リベリア)覇極道炸裂!同国船籍のタンカー、アメリカ海軍のイージス艦と衝突す

反日ハンター・神功正毅です。
今日、21日午前6時24分ごろ、イージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」がマラッカ海峡に近い南シナ海でリベリア船籍の石油タンカー「アルニクMC」と衝突したそうです。
産経ニュース/米イージス艦がタンカーと衝突、10人不明 マラッカ海峡近く
http://www.sankei.com/photo/story/news/170821/sty1708210008-n1.html
<引用開始>
米海軍第7艦隊は20日、横須賀基地(神奈川県横須賀市)を母港とするイージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」がマラッカ海峡に近い南シナ海で日本時間21日午前6時24分ごろ、リベリア船籍の石油タンカー「アルニクMC」と衝突したと発表した。乗組員10人が行方不明となり、5人が負傷した。
 
 第7艦隊の声明によると、衝突事故があったのはシンガポールとマラッカ海峡の東方沖。マケインは船体の左舷後方を損傷した。事故当時、シンガポールに寄港するため通常の航路を航行していたとしている。艦は自力で航行し、港に向かっているという。
 現在、シンガポール海軍と警察沿岸警備隊の協力で行方不明者の捜索・救出作業が行われている。付近の海域にいた米強襲揚陸艦「アメリカ」もMV22オスプレイ輸送機とSH60哨戒ヘリを現場に派遣した。
 
 米海軍のイージス駆逐艦をめぐっては、今年6月に静岡県・伊豆半島沖で駆逐艦「フィッツジェラルド」とコンテナ船が衝突し、同艦の乗組員7人が死亡している。マケインはフィッツジェラルドと性能や大きさが同じ「アーレイ・バーク級」。
 ロイター通信によると、マケインは今月11日、南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島のミスチーフ(美済)礁にある中国が造成した人工島付近で「航行の自由」作戦を実施していた。
<引用終了>



現場のシンガポール沖は日本と1時間の差があるため、事故は夜が明けるか明けないかの時間帯に起きましたが、先の
比律賓(フィリピン)覇極道炸裂!同国船籍のコンテナ船、アメリカ海軍のイージス艦と衝突す
とは違ってイージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」の左舷に石油タンカー「アルニクMC」が衝突したため、海難審判では「アルニクMC」の側に不利な裁定が下るものと思われます。




皆さんにはリベリアと言われてもパフィーの「アジアの純真」の歌いだしに出てくるぐらいしか思い浮かばないでしょうが、
PUFFY - Asia No Junshin
https://www.youtube.com/watch?v=gDmiYPPcJp4






アメリカが黒人奴隷をアフリカに帰した最初の地です。

ちなみにこのイージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」の名の由来は長い間軍政畑にいて、大東亜戦争でアメリカの勝利が確定した頃から機動部隊の司令官を務めたジョン・シドニー・マケイン・シニアです。
Wikipedia/ジョン・S・マケイン・シニア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%A2

同艦の今回の事故は艦隊勤務中に2度台風の直撃を受け、終戦直後の9月6日に死亡した彼の不運を名前ごと受け継いだかのように思われます。


ジョン・シドニー・マケイン・シニアの不運と解放され、リベリアの地に降り立つまでアメリカ南部で綿花摘みの奴隷労働を強いられた黒人の怨念が引き起こしたかのようなこの衝突事故は正しく「アメリカ深南部の仇をシンガポール沖で討つ」であり、
利比里亜(リベリア)覇極道!
体かませ!















と言うべきでしょう。



もちろん今回の米艦と民間船舶の衝突事故が先の同種の事故から2ヶ月しか経たないこの時期に、しかも民間船舶の側が衝突回避義務を怠って起きたのですから反米国家による何等かの工作の可能性も否定できません。


先の
比律賓(フィリピン)覇極道炸裂!同国船籍のコンテナ船、アメリカ海軍のイージス艦と衝突す
では行方不明者は全員艦内で遺体となって発見されましたが、今回の事故で海に投げ出され、自艦が生み出した波に巻き込まれて海中に引きずり込まれたかもしれない「ジョン・S・マケイン」の乗組員の無事を祈願します。
Children of Bodom- Hate Crew Deathroll
https://www.youtube.com/watch?v=VSlTJ9YHdr0

posted by 神功正毅 at 19:57| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: