2018年06月26日

君が代を歌わない教師の再雇用を約束したな?あれは嘘だ 〜最高裁、君が代不起立裁判の上告審を開廷す

反日ハンター・神功正毅です。
最高裁が君が代不起立裁判の上告審を開廷しました。
産経ニュース/君が代、都の敗訴見直しか 最高裁で弁論
http://www.sankei.com/affairs/news/180625/afr1806250017-n1.html
<引用開始>
 卒業式などで起立して君が代を歌わなかったため退職後に再雇用されなかったのは違法として、東京都立高の元教諭22人が都に損害賠償を求めた訴訟の上告審弁論が25日、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)で開かれた。最高裁は通常、2審の結論を変更する場合に弁論を開く。7月19日に指定された判決で、都の敗訴とした1、2審判決を見直す可能性がある。
<引用終了>


で書いた通り菅野完が性的「暴行」裁判の上告を断念したように憲法上の争点がない場合、最高裁での審理は行われないものですが(これについては当会にも苦い経験がある)、今回上告審が開廷されるということは都の敗訴とした1、2審判決を

異議あり!
異議あり!








逆転裁判蘇る逆転 part17 (END?)
https://www.youtube.com/watch?v=PRP9NAHPQA8




と反論した都側の逆転勝訴があり得るということです。


都側が逆転勝訴すればそれは判例となり、君が代不起立教師一掃の大義名分となります。




そう、「コマンドー」でシュワちゃん扮するメイトリックス大佐が「最後に殺すと約束したな、あれは嘘だ!」
あれは嘘だ
https://www.youtube.com/watch?v=d0irL7l-Q18



といって娘の誘拐犯の一味を崖下へ落としたように「一、二審で君が代を歌わない教師の再雇用を約束したな?あれは嘘だ」という最高裁の判例によって君が代不起立教師は奈落の底へ突き落されるのです。



一刻も早く「日本国民の良識の勝利!最高裁、君が代不起立教師の再雇用を認めず」という記事を書きたいものです。



私立ならいざ知らず国旗・国家を軽侮する都立高校教師の再雇用を許さない最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)の良識ある判決を期待します。
posted by 神功正毅 at 06:25| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。