2017年11月16日

反日主義者のたどる道64 〜「しばき隊リンチ事件」に関する民事訴訟(VS野間)の控訴審判決が下る

ぱんぱかぱーん!(愛宕/艦隊これくしょん)

愛宕













【MAD】パンパカパーンの系譜
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26440517






愛宕「ぱんぱかぱーん!ぱぱぱぱぱぱんぱかぱぱぱぱぱぱぱぱぱ(ry
https://www.youtube.com/watch?v=h1KuGtf5mF4



静粛に


槌求 〜叩きつけられて
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28553330


裁判長(大阪高裁)
「判決を言い渡す。被告・野間易道は一審の判決どおり原告に11万円を支払え。」
Twitter/主水‏ 
https://twitter.com/VENOMIST666/status/931014426899103745
<引用開始>
【速報】
双方控訴棄却となりました。(つまり原判決維持)
控訴費用については、双方自己負担となりました。
悔しい結果となりましたが、皆様のこれまでのご支援に改めまして御礼申し上げます。
<引用終了>





野間は主水に
「私を倒せると思うなよ。」
私を倒せると思うなよ!












と嘯くことができず、
「着弾!ゼロポイントイレブンミリオンイェーン!」

着弾 サンテンマルー













着弾






と大阪高裁から11万円の賠償命令を下されてしまいました。

凪氏との裁判で30万円を支払えずに原稿料を差し押さえられた野間にとって11万円の賠償は大打撃と思われますが、主水にとってもこの額は野間のしばき隊首領、またはライター生命を断つ一撃とは言えないものと思われます。
中村主水殺しのシーン
https://www.youtube.com/watch?v=wsnZQkwUVqc



さらに、主水の一連の民事訴訟を支援してきた「M君の裁判(主水裁判)を支援する会」が上告を匂わせる発言をするなど主水と野間の和解への道のりは前途遼々であると思われます。
同/M君の裁判(主水裁判)を支援する会
https://twitter.com/m_saiban/status/931015264304472064
<引用開始>
【速報】
本日大阪高裁でM君が対野間易通氏に対する名誉毀損・損害賠償請求裁判判決が言い渡され、双方の請求が棄却されました。今後の対応は弁護団が判決文を見たうえで検討いたします。
<引用終了>




私が
本日は「しばき隊リンチ事件」に関する民事訴訟(VS野間)の判決言い渡しの日です

野間と主水よ、明日以降も


(中略)



争え!もっと争え!


と書けば同会が今回の判決に満足せず賠償金の金額など上告を視野に検討する。
私の言葉は重すぎる。

私の言葉は重すぎる






だからこそあえて書こう。
国民は国難に立ち向かう気迫を持て!

国民・国益を守る議員を当選させろ!

民主党、共産党、社民党、公明党、その他地域政党に紛れ込んでいるこれらの党の議員を国会を含むあらゆる議会から一掃するぞ!

不正な手段で日本に入国し、戦前からいたと詐称して特別永住者となった在日韓国・朝鮮人から特別永住資格を剥奪するぞ!

入管特例法を廃止に追い込むぞ!

反日国家・反日外国人には強硬な姿勢で臨み、譲歩しないぞ!

反日外国人・犯罪外国人を日本から追放するぞ!

反日教師を教育現場から追放するぞ!

反日マスコミから事業許可を剥奪するぞ!

社会主義=共産主義者を日本国内から一掃するぞ!

在日韓国・朝鮮人ならびに共産党、旧社会党支持者は戦後から今日にいたるまでに日本で行った犯罪を謝罪しろ!

共産党、社民党、民主党支持者は日本国籍ならびに保有する全財産を返上して心の祖国、シナ、北朝鮮に帰れ!

韓国民団と朝鮮総連は在日韓国・朝鮮人からなる「自由北朝鮮軍」を編成し、北朝鮮人民を金一族の圧政から解放するために北朝鮮に攻め込め!

韓国民団と朝鮮総連は「北朝鮮開拓団」を編成し、荒れ果てた北朝鮮の国土再建のために全ての在日韓国・朝鮮人を連れて行け!

我々は多くの祖先の血で築き上げた日本を守り抜くぞ!

日本の栄光ある歴史を語り継ぐぞ!

我々は売国の「二百三高地」、全国の朝鮮学校、朝鮮総連、韓国民団の敷地を奪還するぞ!

現行憲法破棄&自主憲法制定、自衛隊の国軍への改組、スパイ防止法制定等の政策を執行し戦後レジームを一掃するぞ!

国民に希望を持たせるぞ!

誇りを持たせるぞ!

人間と社会の本質、主権者としての心構えを知らせるぞ!

勇気を持って不正、不公正、外国からの侵略に立ち向かわせるぞ!

我々憂国派は人を人とも思わない、法を法とも思わない、国を国とも思わない、人としての良心をかけらも持ち合わせていない野獣のような鬼畜・外道の類、犯罪特亜人とテロリストどもを日本国外へ追放するぞ!


野間と主水よ、永遠に


   | 
.\   /       ____     , -‐……‐--. . . 、           \  |  /
 \     /    /. : : : : : : : :ヽ-‐.: :_;. --- .._: : : : : : : :\       \      /
 _  も  _  /, -‐==ミ: : : : _,ィニ-‐……ー-: 、`ヽ、: : : : ヽ、      _  争   _
 _  っ  _     . .:´: : : : : : : ≠:7: : : : : : : : : : : : :ヽ、 ヽ| : i : : :,   _   え  _
 _  と   _   /.: : : : -‐: :7´: : /:,ハ : : : :ヽ : : : ゝ-- :\ | : :! : : : ,  _   :  _
 _ .争  _ /, -‐/.: : : : :i : : /ィ:爪: : :\ :\ : : :\: : :`ト : !: : : :′   _  :  _
    え    〃 /. : : : : : : |.:イ :ハ:| \: .、\: : xィ¬ト、: :| : : ! : : : : :,        
 /  :   \ /:.: :/.: : : : /l : |/Гト、      / |_,ノ0:::ヽ : : :i : : : :     /      \
  / |  \.| .:/.:/. : : :i: i : | |ノ0:::ト :::::::::::::   |: :∩::::::ト: : : !: : : : : : :,   /  |  \
        ∨i: |: : : : |: :ヽ| |::∩::| ::::::::::::::::  !.::∪::::::| |: : :i : : : : : :        ,ィ /〉
          |: |: : i : :', : |  |::∪::| ::::::::::::::::  !: : : : : :||: : i : : : : : : :     / レ厶イ
          ヽハ: : :、: :ヽ|  l : : : |:::::  ,  ::::└――┘ ! : : i : : : : : : :    /   ⊂ニ、
           い、: :\/   ̄ ̄                 ', : : i : : : : : : : : , -‐'   ⊂ニ,´
  r 、  _       ヽ: :〈        <  ̄ フ         |: : : ! :: : : :,.-‐T _,. -‐'´ ̄
   くヾ; U|       | : \                   /| : : :i : :: :_, ‐' |  /
  r―'   ヽ        | : : : \               イ: : :| : : :i_,.-‐   |/
   `つ _ ̄ ̄Τ`ー-- L: : : : : `: : . . .  __    .:〔: : :|: : :r┬'       |




争え!もっと争え!


己らの醜い姿を国民の前にさらけ出し、己らの支持する民進、希望、立民、共産、社民、自由の支持者をドン引きさせてこれらの党を議会から追放させよ!


野間易道と主水、日本にとってこの世に残る災いの血
互いに咬みあって果てるがよいわ!!










互いに咬みあって果てるがよいわ!!
poi

posted by 神功正毅 at 19:07| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

ミサの呪い?添田充啓沖縄防衛局職員暴行傷害事件の傍聴券抽選が行われず

反日ハンター・神功正毅です。
明日、11月15日に行われる予定の
山城、稲葉、添田3人の裁判日程












添田充啓沖縄防衛局職員暴行傷害事件(事件番号 平成28年(わ)第363号)の第三回公判の傍聴券抽選が行われないことが判明しました。(ちなみに本日、11月14日時点で11月20日に行われる同事件の第四回公判の傍聴券抽選情報も載っていません)
那覇地方裁判所/傍聴券交付情報
http://www.courts.go.jp/app/botyokoufu_jp/list?id=412
<引用は省略します>


なぜでしょうか?
公判の日程が延期になったのであればその日程を上記ページに掲載したうえで
添田充啓沖縄防衛局職員暴行傷害事件の第二回公判延期のお知らせ
で書かれたように
===================================== 上記期日は取り消されたため傍聴抽選は行われません。

という表記がされたはずです。
では先の11月8日の第二回公判で結審したのでしょうか?
大人しく添田が罪を認めて情状酌量の余地の有無を争えばそれもあり得ますが、容疑を否認している以上二回の公判で結審することはないでしょう。
ということは、那覇地裁が添田充啓沖縄防衛局職員暴行傷害事件(事件番号 平成28年(わ)第363号)の公判について傍聴券抽選の必要性を認めなかった可能性が高いものと思われます。
傍聴券抽選の必要性を認めないということは取りも直さず傍聴人の数が著しく減ったことを意味します。
ではなぜ傍聴人の数が減ったのか?
反日主義者のたどる道57 〜添田充啓、元仲間の女性に「痴漢された」と暴露される
で書いたとおり、添田充啓が「ミサ」なる元仲間の女性に痴漢を行ったこと、
ジャパニーズCHIKAN















そしてそれが海外の人権団体にまで知られ、
Peace Philosophy Centre/添田充啓(高橋直輝)氏に性被害を受けた女性の告発を受けて
http://peacephilosophy.blogspot.jp/2017/09/blog-post_13.html?m=1
<引用は省略します>

「運動のみなさん、この事件を知ってください。知らしめてください。うやむやにしないでください。そして添田さんに正しい行動を求めて、それがされるまでは裁判支援を一切打ち切るという厳しい姿勢を取ってください。それは被害者のためだけではなく、加害者のためにもなることですし、ひいては運動全体のためになることです。」との声明を出されたことで

添田への応援=セクハラの容認

と取られることを恐れた支持者たちの足が遠のいた可能性が高いでしょう。

ひょっとしたら今回の公判の傍聴券抽選取りやめ=一般人への門戸開放は添田充啓に痴漢された「ミサ」さんの恨み、悲しみが引き起こしたのかもしれません。
エコエコアザラク







これで添田充啓沖縄防衛局職員暴行傷害事件(事件番号 平成28年(わ)第363号)の傍聴は自由に行うことができるようになった。(但し、判決公判では傍聴券の抽選が行われるでしょう)

添田の実刑を逃れんとする悪あがきを見たい方は那覇地裁へLet's Go!
Bing Map/那覇地裁






添田を含む国内外の反日勢力どもよ、
ジャッジメントですの














TERMINATOR 2 - New Trailer - Official (2015)
https://www.youtube.com/watch?v=lwSysg9o7wE
 
posted by 神功正毅 at 22:30| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

葛飾区民の良識の勝利!鈴木信行氏、同区議選に当選す

ぱんぱかぱーん(愛宕/艦隊これくしょん)

愛宕












【MAD】パンパカパーンの系譜
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26440517



愛宕「ぱんぱかぱーん!ぱぱぱぱぱぱんぱかぱぱぱぱぱぱぱぱぱ(ry
https://www.youtube.com/watch?v=h1KuGtf5mF4




昨日、11月12日に投票が行われた葛飾区議会議員選挙において鈴木信行氏が2587票を獲得し、36位当選しました。
葛飾区HP/葛飾区議会議員選挙の開票状況
http://www.city.katsushika.lg.jp/information/1000080/1014529/1016239.html


開票速報(得票順)(PDF)
http://www.city.katsushika.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/016/239/tokuhyou.pdf




これが朝鮮人に逆らい、葛飾区民ひいては日本国民の幸福のために立ち上がった者のたどる
あの国のあの法則
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/politics/hosoku1.html
<引用開始>
第一法則
国家間から企業、個人に至るまで、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と組むと負ける。


第三法則
第一法則において、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)から嫌われると法則を回避できる。この時、嫌われる度合いと回避できる割合は正の相関関係にある。


第四法則
第一法則において、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と縁を切った場合、法則を無効化出来る。


第六法則
第三法則、第四法則において、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と手や縁を切った場合、運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、若しくは上昇傾向が期待出来る。
<引用終了>


ヴィクトリーロード(勝利への道)
です。


葛飾区議会議員選挙における鈴木信行氏の当選は外国人への偏った優遇措置にNoの声を上げた

葛飾区民の良識の勝利です!





私が度々
国民は国難に立ち向かう気迫を持て!
国民・国益を守る議員を当選させろ!
民進党、共産党、社民党、公明党、その他地域政党に紛れ込んでいるこれらの党の議員を国会を含むあらゆる議会から一掃するぞ!
社会主義=共産主義者を日本国内から一掃するぞ!
共産党、社民党、民主党支持者は日本国籍ならびに保有する全財産を返上して心の祖国、シナ、北朝鮮に帰れ!
現行憲法破棄&自主憲法制定、自衛隊の国軍への改組、スパイ防止法制定等の政策を執行し戦後レジームを一掃するぞ!
人間と社会の本質、主権者としての心構えを知らせるぞ!
勇気を持って不正、不公正、外国からの侵略に立ち向かわせるぞ!

と書けば参院選や都議選で負け続けた維新政党・新風前代表鈴木信行氏がようやく葛飾区議会議員選挙で当選する。
私の言葉は重すぎる。


私の言葉は重すぎる






だからこそあえて書こう。
国民は国難に立ち向かう気迫を持て!
国民・国益を守る議員を当選させろ!
民進党、希望の党、立憲民主党、共産党、社民党、公明党、その他地域政党に紛れ込んでいるこれらの党の議員を国会を含むあらゆる議会から一掃するぞ!
不正な手段で日本に入国し、戦前からいたと詐称して特別永住者となった在日韓国・朝鮮人から特別永住資格を剥奪するぞ!
入管特例法を廃止に追い込むぞ!
反日国家・反日外国人には強硬な姿勢で臨み、譲歩しないぞ!
反日外国人・犯罪外国人を日本から追放するぞ!
反日教師を教育現場から追放するぞ!
反日マスコミから事業許可を剥奪するぞ!
社会主義=共産主義者を日本国内から一掃するぞ!
在日韓国・朝鮮人ならびに共産党、旧社会党支持者は戦後から今日にいたるまでに日本で行った犯罪を謝罪しろ!
共産党、社民党、民主党支持者は日本国籍ならびに保有する全財産を返上して心の祖国、シナ、北朝鮮に帰れ!
韓国民団と朝鮮総連は在日韓国・朝鮮人からなる「自由北朝鮮軍」を編成し、北朝鮮人民を金一族の圧政から解放するために北朝鮮に攻め込め!
韓国民団と朝鮮総連は「北朝鮮開拓団」を編成し、荒れ果てた北朝鮮の国土再建のために全ての在日韓国・朝鮮人を連れて行け!
我々は多くの祖先の血で築き上げた日本を守り抜くぞ!
日本の栄光ある歴史を語り継ぐぞ!
我々は売国の「二百三高地」、全国の朝鮮学校、朝鮮総連、韓国民団の敷地を奪還するぞ!
現行憲法破棄&自主憲法制定、自衛隊の国軍への改組、スパイ防止法制定等の政策を執行し戦後レジームを一掃するぞ!
国民に希望を持たせるぞ!
誇りを持たせるぞ!
人間と社会の本質、主権者としての心構えを知らせるぞ!
勇気を持って不正、不公正、外国からの侵略に立ち向かわせるぞ!
我々憂国派は人を人とも思わない、法を法とも思わない、国を国とも思わない、人としての良心をかけらも持ち合わせていない野獣のような鬼畜・外道の類、犯罪特亜人とテロリストどもを日本国外へ追放するぞ!



アポロ11号のアームストロング船長は 月面初着陸について「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」と語りましたが、葛飾区議会のこの1議席は一人の人間にとっては小さな1議席ですが、日本の保守派にとっては大きな飛躍です。
この葛飾区議会議員選挙における鈴木信行氏の当選によって現行憲法破棄&自主憲法制定、自衛隊の国軍への改組、スパイ防止法制定、入管特例法廃止等の政策執行が俄然現実味を帯びてきました。

国民よ、武田信玄の

「勝負の事、10分を6分、7分の勝は10分の勝なり。子細は8分の勝はあやふし。9分、10分の勝は、味方大負の下地なり」
訳:勝負というものは、10のうち6分、7分の勝ちで十分である。8分の勝ちは危険であり、9分、10分の勝ちは、味方の大負けの下地となる。
『甲陽軍艦』より


この言葉通り、完全勝利を目指しながら6分、7分の勝ちを積み重ねて多少のスキャンダルでは揺るがない安定した政治体制を作り上げ、入管特例法の廃止、スパイ防止法制定、自衛隊の国軍への改組、現行憲法破棄&自主憲法制定等の政策を執行させて戦後レジームを一掃せよ!



維新政党・新風が東西に分裂するごたごたに見舞われながらも前代表鈴木信行氏を見捨てなかった彼の周囲の方々の努力には大変頭の下がる思いがします。

最後に鈴木信行氏に当選をもたらした葛飾区の多くの有権者の良識に敬意を表します。




posted by 神功正毅 at 18:39| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする