2017年07月18日

【速報】反日主義者のたどる道51 〜蓮舫の公職選挙法違反が発覚する

反日ハンター・神功正毅です。
蓮舫・民進党代表が先ほど記者会見を行い、その結果、彼女が平成16年の参議院選挙で経歴を詐称していたことが明らかとなりました。
産経ニュース/戸籍謄本の一部を公開 「台湾籍有していないと分かる資料」と強調
http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180030-n1.html
<引用開始>
 民進党の蓮舫代表は18日夕、党本部で記者会見を行い、台湾籍と日本国籍との「二重国籍」問題をめぐり、日本国籍の選択宣言をしたことを証明するため戸籍謄本の一部など関係書類を公開した。「台湾籍を有していないことが分かる資料だ」と強調した。
 蓮舫氏は、日本国籍の選択宣言日が「平成28年10月7日」と明記された東京都目黒区役所発行の戸籍謄本▽台湾の行政府が発行した台湾籍の離脱証明書▽今回離脱手続きのため台湾側に提出した台湾のパスポート−など数点を公開した。書類はいずれも写しだった。
 このうち、公開した戸籍謄本は住所や家族の欄は白抜きとし、氏名と出生日、国籍選択の宣言日が分かるようになっている。謄本の取得日は今年6月28日となっている。
 公開した書類によると、蓮舫氏が台湾籍の離脱手続きを申請したのは昨年の9月6日だった。同月13日に台湾側から「国籍喪失許可証書」が発行され、同月26日に目黒区役所に「外国国籍喪失届」を提出した。しかし、日本政府が台湾を国家として認めていないことなどを理由に、申請は翌10月7日に却下され、同日中に戸籍法104条の2に基づき、日本国籍の選択宣言を同区役所に届け出た。
<引用終了>


この会見で平成16年の参議院選挙時に彼女が「1985年に台湾籍から帰化した」とする経歴がウソであることが判明したのです。

これは公職選挙法235条違反です。
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」/蓮舫終了! 経歴詐称の公職選挙法違反と二重国籍 民進党代表選どころか国会議員も辞めるべきだ。
https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34357742.html
<引用開始>
二重国籍には罰則はないが、国会議員の経歴詐称は公職選挙法違反である。公選法235条では、次のように罰則も定めている。
 
≪公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者の身分、職業若しくは経歴、その者の政党その他の団体への所属、その者に係る候補者届出政党の候補者の届出、その者に係る参議院名簿届出政党等の届出又はその者に対する人若しくは政党その他の団体の推薦若しくは支持に関し、虚偽の事項を公にした者は、二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。≫
<引用終了>

正しく

デデーン! 蓮舫、アウト!

ガキの使い 20071231 大晦日SP 笑ってはいけない病院24時
https://www.youtube.com/watch?v=cW8Y8pcu7Mo



です。


彼女は未だに「本来、戸籍は開示するべきではないと思っている。また、誰かに強要されて戸籍をお示しするということはあってはならない」、「ただ、これを他者に当てはめたり前例とすることは断じて認めることはできない。」などと多重国籍を持っていると思しき公職者への追及を防ごうと悪あがきをしていますが、そんな彼女に二重国籍が発覚したオーストラリアの上院議員・ラリッサ・ウォーターズ氏が「蓮舫よ、私を見習え!」とばかりに辞任しました。
これが二重国籍が発覚し、辞職したオーストラリアの上院議員2例目となります。
朝日新聞/二重国籍で議員辞職相次ぐ オーストラリアは憲法で禁止
http://www.asahi.com/articles/ASK7L56R4K7LUHBI01M.html
<引用開始>
 オーストラリアの野党、緑の党の上院議員2人が18日までに、二重国籍を持つことがわかったとして相次いで辞職した。移民の多い豪州では二重国籍を持つ人は珍しくないが、議員になることは憲法で禁じられている。いずれも幼少のころに豪州に移住し、元の国籍(市民権)を放棄したと思い込んでいたという。
 同党では、スコット・ラドラム氏(47)が14日、ニュージーランドの市民権を持ったままだったことがわかったとして辞職。18日には、ラリッサ・ウォーターズ氏(40)がラドラム氏の件を受けて調べたところ、カナダの市民権も持っていることが判明したとして辞職に追い込まれた。
 相次ぐ辞職に同党のディナタレ党首は「早急に候補者選びのプロセスを見直す」とツイートした。ウォーターズ氏は5月、乳児の娘に議場で母乳を与え、「国会議場で初めて授乳した」として話題になった。
<引用終了>



二重国籍の状態で議員を続けていたもののそれが発覚した時に潔く辞任したラドラム氏ならびにウォーターズ氏の生き様はケンシロウに敗れた後

我が生涯に一片の悔いなし!

我が生涯に一片の悔いなし!
















と拳を突き上げて死んだラオウに通じるものがあります。

それにひきかえ公選法違反が発覚して以降も「本来、戸籍は開示するべきではないと思っている。また、誰かに強要されて戸籍をお示しするということはあってはならない」、「ただ、これを他者に当てはめたり前例とすることは断じて認めることはできない。」などというくだらない理由で民進党代表、参議院議員の地位に恋々としてしがみつく蓮舫の態度は何だ!


蓮舫よ、おまえのその姿に


天呆!(天が呆れ)
天和















地呆!(地が呆れるわ!)

地和














蓮舫が民主党(現在の民進党)に入っていたからよかったものの、彼女が自民党や日ここに入っていたら


蓮舫ありなら(我が党、そして日本は)
終わっていた
人和ありなら終わっていた






ことでしょう。



だから蓮舫よ、オーストラリアのラドラム上院議員ならびにウォーターズ上院議員を見習って議員辞職せよ!

もう首相官邸に蓮舫(の椅子)はない!
人和は無い





もちろん国会議事堂にも蓮舫の椅子はあってはならない!

だから国民よ、パヨクがよく言う「これが世界の常識だ」という他国の例を見習って
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」/二重国籍は即刻辞任(インドネシア)。しかしカスゴミは蓮舫をかばう。
https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34359342.html
<引用開始>
インドネシア、エネルギー相を解任 二重国籍の疑いで
インドネシアのジョコ大統領がタハル・エネルギー鉱物資源相を解任したと発表した。タハル氏がインドネシアと米国との二重国籍を持っていると報じられていたことに対処する措置という。インドネシアでは成人の二重国籍保持は禁じられている。(2016.8.16 ロイター)
<引用終了>


アゴラ/フィリピン版蓮舫事件:外相が二重国籍と虚言で「辞任」
http://agora-web.jp/archives/2024872.html
<引用開始>
ヤサイ外相の任命を審議していたフィリピンの閣僚任命委員会は8日、不承認の決定を行った。アメリカの場合と違って、承認手続きに先行して職務を開始するシステムなのでこういうことになった。
閣僚任命委員会は上下院15人で構成されるが、全会一致でヤサイ外相の不承認を決めたという。
ヤサイ外相は昨年の外相就任前に米国に住んでいたことから、市民権(国籍)を持っているのでないかとの指摘があった。それに対して、当初は「市民権を持っていない」としたが、やがて、「1986年に市民権を得てパスポートも使っていたが、既に効力を失っている」と説明を変えたため任命委員会は不適格と判断した。
つまり、任命に不都合とみて虚偽の説明をしてきたが、逃げ切れなくなったらしい。
しかし、この人はこそこそ隠していただけで、積極的な嘘は言っていないのだから蓮舫さんに比べて悪質さは格段に低い。
にもかかわらず、フィリピンは毅然とした態度で外相就任を拒否したのであるから、野党が勝ったら首相になる立場の人の国籍について、いまだ、十分に解明すらされていない日本は、フィリピンに比べても法治国家の体を成していないわけで、誠に恥ずかしい限りである。
外相は非常に恥ずかしいこととして恭順を示している。
もしかすると、日本の蓮舫騒動もこの解任劇に影響を与えたのかもしれないが、ここで本家としての矜持を示したいところ。インドネシアでも二重国籍が分かったエネルギー鉱業相が辞任している(その後、アメリカ国籍離脱して身ぎれいになったことを確認のうえ復帰)。
<引用終了>


平成16年の参議院議員選挙公示時点で日本単独の国籍保持者=真の日本国民であることを証明しなかった蓮舫を辞任に追い込め!

posted by 神功正毅 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

民進党のセルフ「総括」?「我々の歴史的役割はもう果たされた。解党すべきだ」 by 民進党員

反日ハンター・神功正毅です。
かつて連合赤軍は榛名山の山岳ベースで「総括」と称して仲間をリンチ殺害していましたが、民進党が自らを「総括」したがっているようです。
民進党の「総括」会議上で「我々の歴史的役割はもう果たされた。解党すべきだ」との声が上がっているそうです。
朝日新聞/民進、修羅場の都議選総括「受け皿どころかはけ口にも」
http://www.asahi.com/articles/ASK7G4Q9WK7GUTFK00R.html
<引用開始>
 東京都議選の敗北を受けて民進党が進める総括会議は、執行部の退陣論にとどまらず、解党や分党を求める声までが飛び交う修羅場と化している。国政での野党第1党はなぜ敗れ、政権批判の受け皿にもなり得ていないのか――。議論をたどると、再生には険しい道のりがうかがえる。
 同党が地域ブロックごとに開いている総括会議は、14日でひとまず終了。参加できなかった議員からのヒアリングを18日に行い、25日にも衆参両院議員懇談会を開いて取りまとめる。
 14日までに開かれた会議は計5回。いずれも非公開だったが、蓮舫代表や野田佳彦幹事長に対し、「我々の歴史的役割はもう果たされた。解党すべきだ」「受け皿どころか、はけ口にもなっていない」などと辛辣(しんらつ)な言葉が続いたという。
 会議では「政権時代の失望の払拭(ふっしょく)」を求める声が上がった。旧維新の党の議員と合流し、民主党から名前を変えたものの、初代代表は副総理を務めた岡田克也氏。2代目の蓮舫氏も「仕分けの女王」と呼ばれた政権時の看板議員だ。
 野田氏にいたっては首相として消費増税を主導し、党内にはいまだに「政権転落のA級戦犯」との批判がある。若手や中堅議員からは「執行部を若手に譲り、ベテランは国会対策などの裏方として活躍してほしい」との声が上がる。
<引用終了>



確かに民進党(かつての民主党)は歴史的役割を果たしました。
共産主義者、社会主義者、帰化1世に政権を担当させることはもちろん当選すらさせてはならないことを国民に身をもって示したという点で。

党内から「我々の歴史的役割はもう果たされた。解党すべきだ」との声が上がるということはいくら名前をころころ変えても有権者を騙すことはできず、党勢の再浮上はおろか組織の立て直しすら不可能だと認めたも同然です。

私が、
国民の圧力に民進が屈した!蓮舫、「戸籍(謄本)を示して説明する」と宣言する

本来は来年の衆議院選挙まで蓮舫には民進党代表の地位に居続けてもらいたかったところですが、事ここに至っては誰が後任に就いても党勢を回復することは不可能でしょう。
と書けば民進党内から「我々の歴史的役割はもう果たされた。解党すべきだ」と組織の立て直しすら不可能だと認める声が上がる
私の言葉は重すぎる。
私の言葉は重すぎる







だからこそあえて書こう。
国民は国難に立ち向かう気迫を持て!
国民・国益を守る議員を当選させろ!
民進党、共産党、社民党、公明党、その他地域政党に紛れ込んでいるこれらの党の議員を国会を含むあらゆる議会から一掃するぞ!
不正な手段で日本に入国し、戦前からいたと詐称して特別永住者となった在日韓国・朝鮮人から特別永住資格を剥奪するぞ!
入管特例法を廃止に追い込むぞ!
反日国家・反日外国人には強硬な姿勢で臨み、譲歩しないぞ!
反日外国人・犯罪外国人を日本から追放するぞ!
反日教師を教育現場から追放するぞ!
反日マスコミから事業許可を剥奪するぞ!
社会主義=共産主義者を日本国内から一掃するぞ!
在日韓国・朝鮮人ならびに共産党、旧社会党支持者は戦後から今日にいたるまでに日本で行った犯罪を謝罪しろ!
共産党、社民党、民主党支持者は日本国籍ならびに保有する全財産を返上して心の祖国、シナ、北朝鮮に帰れ!
韓国民団と朝鮮総連は在日韓国・朝鮮人からなる「自由北朝鮮軍」を編成し、北朝鮮人民を金一族の圧政から解放するために北朝鮮に攻め込め!
韓国民団と朝鮮総連は「北朝鮮開拓団」を編成し、荒れ果てた北朝鮮の国土再建のために全ての在日韓国・朝鮮人を連れて行け!
我々は多くの祖先の血で築き上げた日本を守り抜くぞ!
日本の栄光ある歴史を語り継ぐぞ!
我々は売国の「二百三高地」、全国の朝鮮学校、朝鮮総連、韓国民団の敷地を奪還するぞ!
現行憲法破棄&自主憲法制定、自衛隊の国軍への改組、スパイ防止法制定等の政策を執行し戦後レジームを一掃するぞ!
国民に希望を持たせるぞ!
誇りを持たせるぞ!
人間と社会の本質、主権者としての心構えを知らせるぞ!
勇気を持って不正、不公正、外国からの侵略に立ち向かわせるぞ!
我々憂国派は人を人とも思わない、法を法とも思わない、国を国とも思わない、人としての良心をかけらも持ち合わせていない野獣のような鬼畜・外道の類、犯罪特亜人とテロリストどもを日本国外へ追放するぞ!


民進党の党員に言いたい。
あと数年できさまの団体は地上から消え失せる。終わりだ。
あと数秒できさまの肉体は地上から消え失せる












と。
己の信念を曲げてでも現在旭日昇天の勢いである保守会派・都民ファーストに入りたい者は民進党から

ベイビー 逃げるんだ〜

ベイビー 逃げるんだ〜

ベイビー 逃げるんだ げるんだ〜♪



ベイビー ! 逃げるんだ by RCサクセション
https://www.youtube.com/watch?v=vICwsmKAmDs




そして逃げ切れなかった者は解党の前に己らの先達が榛名山の山岳ベースで「総括」と称して仲間をリンチ殺害したように

SOUKATSU SOUKATSUせよ
 
SOUKATSU SOUKATSUせよ♪

デトロイト・メタル・シティ【SATSUGAI】
https://www.youtube.com/watch?v=d7l_wAfTZ9Q


と党の公認争奪戦をせよ!

ベイビー逃げるんだ。 [EPレコード 7inch]
posted by 神功正毅 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

蓮舫への見本 〜オーストラリア上院議員、二重国籍が発覚したため辞職す

反日ハンター・神功正毅です。
国民の圧力に民進が屈した!蓮舫、「戸籍(謄本)を示して説明する」と宣言する
で民進党の蓮舫代表が自身の二重国籍疑惑について「戸籍(謄本)を示して説明する」と宣言したことを伝えましたが、その後、蓮舫は「差別主義者の圧力に屈したと思われるのは嫌だ。」というくだらない理由で自身の言葉を覆し、戸籍謄本の開示を拒否しました。
ですが、二重国籍が発覚したオーストラリアの上院議員が「蓮舫よ、俺を見習え!」とばかりに辞任しました。
jiji.com/豪議員、二重国籍で辞職=帰化時に手続き済みと誤解
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071400871&g=int
<引用開始>
 【シドニー時事】オーストラリアの野党・緑の党に所属するスコット・ラドラム上院議員(47)は14日、二重国籍と知らずに過去9年間、議員活動をしていたとして、議員を辞職した。移民国家の豪州では二重国籍は珍しくないが、議員の二重国籍は憲法で禁じられている。
 ラドラム氏はニュージーランド生まれで、幼少時に家族と共に渡豪。グラフィックデザイナーを経て、政界入りした。ラドラム氏は14日、西部パースで記者会見し「10代で豪州に帰化した際、ニュージーランド市民権は消滅したと思い込んでいた」と説明した。最近になり問題を指摘されたという。
<引用終了>


「世の中には勝利よりももっと勝ちほこるに足る敗北があるものだ。」(モンテーニュ)という言葉があります。

自身が知らなかったとはいえ二重国籍の状態で議員を続けていたもののそれが発覚した時に潔く辞任したラドラム上院議員の生き様はケンシロウに敗れた後

我が生涯に一片の悔いなし!

我が生涯に一片の悔いなし!












と拳を突き上げて死んだラオウに通じるものがあります。
それにひきかえ「差別主義者の圧力に屈したと思われるのは嫌だ。」というくだらない理由で戸籍謄本の開示を拒否し、民進党代表、参議院議員の地位に恋々としてしがみつく蓮舫の態度は何だ!


蓮舫よ、おまえのその姿に


天呆!(天が呆れ)
天和















地呆!(地が呆れるわ!)

地和














蓮舫が民主党(現在の民進党)に入っていたからよかったものの、彼女が自民党や日ここに入っていたら


蓮舫ありなら(我が党、そして日本は)
終わっていた
人和ありなら終わっていた






ことでしょう。



だから蓮舫よ、己が初当選した平成16年の参議院議員選挙の公示日
wikipedia/第20回参議院議員通常選挙
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC20%E5%9B%9E%E5%8F%82%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E9%80%9A%E5%B8%B8%E9%81%B8%E6%8C%99
<引用開始>
公示日
2004年(平成16年)6月24日
<引用終了>



までに日本国籍の取得ならびに他国籍の離脱を証明できなければオーストラリアのラドラム上院議員を見習って議員辞職せよ!

もう首相官邸に蓮舫(の椅子)はない!
人和は無い





もちろん国会議事堂にも蓮舫の椅子はあってはならない!

だから国民よ、パヨクがよく言う「これが世界の常識だ」という他国の例を見習って
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」/二重国籍は即刻辞任(インドネシア)。しかしカスゴミは蓮舫をかばう。
https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34359342.html
<引用開始>
インドネシア、エネルギー相を解任 二重国籍の疑いで
インドネシアのジョコ大統領がタハル・エネルギー鉱物資源相を解任したと発表した。タハル氏がインドネシアと米国との二重国籍を持っていると報じられていたことに対処する措置という。インドネシアでは成人の二重国籍保持は禁じられている。(2016.8.16 ロイター)
<引用終了>


アゴラ/フィリピン版蓮舫事件:外相が二重国籍と虚言で「辞任」
http://agora-web.jp/archives/2024872.html
<引用開始>
ヤサイ外相の任命を審議していたフィリピンの閣僚任命委員会は8日、不承認の決定を行った。アメリカの場合と違って、承認手続きに先行して職務を開始するシステムなのでこういうことになった。
閣僚任命委員会は上下院15人で構成されるが、全会一致でヤサイ外相の不承認を決めたという。
ヤサイ外相は昨年の外相就任前に米国に住んでいたことから、市民権(国籍)を持っているのでないかとの指摘があった。それに対して、当初は「市民権を持っていない」としたが、やがて、「1986年に市民権を得てパスポートも使っていたが、既に効力を失っている」と説明を変えたため任命委員会は不適格と判断した。
つまり、任命に不都合とみて虚偽の説明をしてきたが、逃げ切れなくなったらしい。
しかし、この人はこそこそ隠していただけで、積極的な嘘は言っていないのだから蓮舫さんに比べて悪質さは格段に低い。
にもかかわらず、フィリピンは毅然とした態度で外相就任を拒否したのであるから、野党が勝ったら首相になる立場の人の国籍について、いまだ、十分に解明すらされていない日本は、フィリピンに比べても法治国家の体を成していないわけで、誠に恥ずかしい限りである。
外相は非常に恥ずかしいこととして恭順を示している。
もしかすると、日本の蓮舫騒動もこの解任劇に影響を与えたのかもしれないが、ここで本家としての矜持を示したいところ。インドネシアでも二重国籍が分かったエネルギー鉱業相が辞任している(その後、アメリカ国籍離脱して身ぎれいになったことを確認のうえ復帰)。
<引用終了>
posted by 神功正毅 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする